未分類

中国が新型コロナウイルスの調査団から、アメリカを排除! バレたくないものは?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスが蔓延する中国の状況を調査するWHO調査団の中に、アメリカのCDC(全米疾病予防管理センター)の専門家たちを組み入れることを、中国政府が拒んだことが明らかになった。

中国がアメリカの専門家を拒絶しているのは、恐らく3つある。

1つは、中国の公開データが実態と大きく乖離している疑いを、アメリカが持っていることだ。

米トランプ政権の国家経済委員会のクドロー委員長は、中国から発信された感染情報について「透明性を欠いている」とし、「失望している」と述べている。

この点を詮索されたくないのであろう。

別の1つは、この新型コロナウイルスを抑えるために、いかに非人道的なことが行われているのかを、アメリカに具体的に知られることを恐れていることだ。

武漢市には体育館を改装したような臨時病院が数多く作られた。ところがこうした病院には医者はおらず、薬もないようだ。洗面所もなく、トイレは建物の外に、工事現場に設置されるような簡易なものが用意されているにすぎない。

広いところにベッドが並べられているだけで、仕切りも何もないから、家族が見舞いに行くことさえままならないだろう。

中国側の説明としては、軽症時はこの施設に滞在し、重症になったら本当の病院に移されることになるとされているが、すでに重症になっても動かされる様子がないことを訴える動画が、SNSなどを通じてアップされている。

こうした非人道的な扱いについて、より具体的な姿をアメリカに掴まれて、中国を非難するのに利用されることは、中国としては何としても避けたいことなのだろう。

もう1つは、アメリカがこのウイルスが野生動物由来だとされていることに、疑いを持っていることだ。

トランプ政権は全米アカデミーズ(National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine 日本で言う「日本学術会議」のような組織)にこのウイルスがどのように発生したものかのしっかりとした調査を行うことを求めているのだ。

ここを探る活動を中国国内で行うことを、中国としては避けたいのであろう。

アメリカは中国の顔色を忖度することなく、科学的な調査を進めて、このウイルスの実際が中国が公式に発表するものとは全く違ったものであることを、明らかにするつもりなのではないかと、中国政府は戦々恐々としているのではないかと推測される。

アメリカのこうした動きについて、日本政府は理解しているのだろうか。

WHOの報告を正しいとみなすような愚かな真似からは、早く脱却してもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51769.html
ネタ元のABC NEWSの記事
https://abcnews.go.com/Politics/white-house-asks-scientists-investigate-origins-coronavirus/story?id=68807304

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 未分類

    中国軍の中には感染者はゼロと主張! ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 未分類

    投票結果が17万票の不適合! ペンシルバニア州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ペン…

  3. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!月刊…

  4. 未分類

    ドミニオンの嘘が完全崩壊! ジョージア州公聴会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  5. 未分類

    NHKを映らないテレビでもNHKに受信料を支払え! 時代錯誤の最高裁判決!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!NH…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    韓国の格安航空会社が経営危機に!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    言論封殺のGoogle・Facebook・Twitter! 皮肉デザイン秀逸!(…
  4. 人権・民主主義

    香港市民が活用するアプリがApp Storeから削除へ! 中国の圧力か!(朝香 …
  5. 人権・民主主義

    香港の地下鉄を破壊しているのは、香港警察か? 動画あり!(朝香 豊)
PAGE TOP