安全保障

新型コロナウイルスで対策に遅れが出ている国がある! お前が言うか?中国!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党の機関紙「環球時報」は、新型コロナウイルスについて、日本や韓国などを念頭に置いて「いくつかの国で感染防止の対策が遅れていることを心配している」と指摘した。

同紙は「新型コロナウイルスの感染力は極めて強く、簡単に公共の場所で感染する」と強調しながら、日本などを名指ししながら「これらの国の現在の感染防止の対策が不十分な可能性がある」と指摘した。

その上で、「各国が武漢と同じ過ちを繰り返さないことを望む。状況が厳しい国はより断固とした措置をとって、ウイルスが秘密裏に感染する状況を断ち切る必要がある」と強調した。

おいおい。

中国からの渡航者の制限をさせないように圧力をかけたのは、中国共産党ではなかったのか?

「人から人への感染は限定的」みたいなことを言っていたのも、中国共産党ではなかったのか?

自分たちの過去の発言を棚に上げて、何を言っているのか。

中国と同様の都市封鎖のような処置を取って、日本経済をガタガタにしろとでも言うのか?

なんでこんなことを偉そうに言う中国共産党のトップを、日本に国賓として招かないといけないのか。

改めて、習近平国家主席の国賓来日に断固反対する。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200224/k10012299101000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(朝香 豊)

    アメリカのサイバーセキュリティ企業「クラウドストライク」は、中…

  2. 安全保障

    ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海…

  3. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!例の…

  4. 安全保障

    中国外しでサプライチェーンを組み直す! アメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    万国郵便連合からのアメリカの脱退は寸前で回避! (朝香 豊)
  2. 経済

    政府は大規模減税を示唆! 新型コロナ対策で!(朝香 豊)
  3. 未分類

    横浜市長選挙で菅総理が推す小此木氏が大敗北! 菅おろしは不可避!(朝香 豊)
  4. 道理

    受信料契約者向けに日本語放送をしないNHKプラス! 独占企業NHKの驕りを許すな…
  5. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)
PAGE TOP