安全保障

新型コロナウイルスで対策に遅れが出ている国がある! お前が言うか?中国!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党の機関紙「環球時報」は、新型コロナウイルスについて、日本や韓国などを念頭に置いて「いくつかの国で感染防止の対策が遅れていることを心配している」と指摘した。

同紙は「新型コロナウイルスの感染力は極めて強く、簡単に公共の場所で感染する」と強調しながら、日本などを名指ししながら「これらの国の現在の感染防止の対策が不十分な可能性がある」と指摘した。

その上で、「各国が武漢と同じ過ちを繰り返さないことを望む。状況が厳しい国はより断固とした措置をとって、ウイルスが秘密裏に感染する状況を断ち切る必要がある」と強調した。

おいおい。

中国からの渡航者の制限をさせないように圧力をかけたのは、中国共産党ではなかったのか?

「人から人への感染は限定的」みたいなことを言っていたのも、中国共産党ではなかったのか?

自分たちの過去の発言を棚に上げて、何を言っているのか。

中国と同様の都市封鎖のような処置を取って、日本経済をガタガタにしろとでも言うのか?

なんでこんなことを偉そうに言う中国共産党のトップを、日本に国賓として招かないといけないのか。

改めて、習近平国家主席の国賓来日に断固反対する。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200224/k10012299101000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CD…

  3. 安全保障

    韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    エスパー国防長官が防衛費2%要求! 日本はこの外圧を利用せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    ファーウェイと中国共産党と中国人民解放軍との関係を暴いた映画「赤い龍の爪」が今月公開へ

    ファーウェイと中国共産党と中国人民解放軍との関係を暴き、中…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    米政府、ファーウェイへの締め付け強化へ! 日本の政府・財界は、この動きを見逃すな…
  3. 人権・民主主義

    本当は圧勝だったトランプ! シドニー・パウウェル弁護士が明かす!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    カザフスタンで激しい反政府運動! ナザルバエフ独裁体制への反発!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    労働者の安全のために、食肉生産をとめるべきか? トランプ大統領は生産を命令!(朝…
PAGE TOP