安全保障

中国のスパイが豪州に亡命希望! 香港と台湾の工作情報を豪政府に提出!(朝香 豊)

中国のスパイ活動に従事してきた男性が、オーストラリアへの亡命を希望した。

オーストラリアには彼の妻が留学中で、生まれたばかりの男の子もいる。

男は、香港・台湾・オーストラリアでの工作活動に関する情報をオーストラリア政府に提出した。

偽名による中国と韓国の偽装旅券も提出した模様だ。

男は2014年にある中国系企業の社員として香港に赴任した。

この会社は人民解放軍の総参謀部の傘下企業だった。

男は中国大陸からの留学生を香港の大学の学生団体に潜入させ、学内の民主化運動の情報を調査した他、ネット上での言論を妨害した。

中国共産党の批判書籍を扱っていた香港の「銅鑼湾書店」関係者5人が失踪した事件にも関与していたと証言した。

台湾では韓国のパスポートで別人になりすまして潜入し、昨年の統一地方選で与党の民進党の候補の妨害工作と来年1月の総統選挙への干渉工作を行った。

中国の情報機関が「サイバー部隊」を設立するのに協力し、ネット上の議論を誘導した。

メディアへの影響力行使や国民党への「草の根」の資金提供を支援したとも証言した。

現在総統選挙に出馬している国民党の韓国瑜氏の名前も出ているようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


 
ネタ元の産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191123/wor1911230016-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    転覆したはずの北朝鮮漁船はどこに?(朝香 豊)

    日本の排他的経済水域(EEZ)内の「大和堆」周辺で、北朝鮮の漁…

  2. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)

    サウジアラビアの石油施設の空爆において、アメリカ政府は攻撃前に…

  3. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  4. 安全保障

    国内のアウトブレイク対策に移行せよ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ダイ…

  5. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    4野党が謝罪と撤回を求める! 「共産党」に関する安倍総理の答弁!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国政府による脱北者送還! 国連調査に韓国政府協力せず!(朝香 豊)
  3. 経済

    ソフトバンク出資のWirecardが破綻! エンロン以来の大会計スキャンダル!(…
  4. 安全保障

    湖北省観光客のビザを延長! 彼らの健康は日本政府が責任を持つことか?(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    アメリカの要人が相次いで中国を非難! 民主党出身のペロシ下院議長も!(朝香 豊)…
PAGE TOP