安全保障

中国のスパイが豪州に亡命希望! 香港と台湾の工作情報を豪政府に提出!(朝香 豊)

中国のスパイ活動に従事してきた男性が、オーストラリアへの亡命を希望した。

オーストラリアには彼の妻が留学中で、生まれたばかりの男の子もいる。

男は、香港・台湾・オーストラリアでの工作活動に関する情報をオーストラリア政府に提出した。

偽名による中国と韓国の偽装旅券も提出した模様だ。

男は2014年にある中国系企業の社員として香港に赴任した。

この会社は人民解放軍の総参謀部の傘下企業だった。

男は中国大陸からの留学生を香港の大学の学生団体に潜入させ、学内の民主化運動の情報を調査した他、ネット上での言論を妨害した。

中国共産党の批判書籍を扱っていた香港の「銅鑼湾書店」関係者5人が失踪した事件にも関与していたと証言した。

台湾では韓国のパスポートで別人になりすまして潜入し、昨年の統一地方選で与党の民進党の候補の妨害工作と来年1月の総統選挙への干渉工作を行った。

中国の情報機関が「サイバー部隊」を設立するのに協力し、ネット上の議論を誘導した。

メディアへの影響力行使や国民党への「草の根」の資金提供を支援したとも証言した。

現在総統選挙に出馬している国民党の韓国瑜氏の名前も出ているようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


 
ネタ元の産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191123/wor1911230016-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカがウイグル制裁を発動! 中共幹部に金融制裁、ビザ発給停止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    ファーウェイがフランスに工場建設か! どうせならエリクソンを誘致したら?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  4. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝…
  2. 人権・民主主義

    BBCが香港に関する番組を数多く制作! この番組もぜひ見てもらいたい! (朝香 …
  3. 安全保障

    新型コロナウイルスで、台湾とチェコが協力協定へ!(朝香 豊)
  4. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国の影響力工作に警告! エストニア!(朝香 豊)
PAGE TOP