安全保障

5類への変更が決断できない岸田首相! 経口薬の特例承認もしているのに、何をためらっているのか!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

岸田総理は新型コロナウイルスの2類相当以上から5類への変更について、感染が急拡大している状況の中で分類の変更の話をするのは現実的ではないとの見解を示した。

2類相当以上から5類への変更をすべきだということについてはオミクロン株の毒性が随分弱まっており、インフルエンザ並みになってきていることも理由ではあるが、それだけではない。

感染が急拡大しているからこそ、保健所や医療機関の負担が2類相当以上では対処できなくなるのであり、そのため即座に5類への思い切った変更を行うべきなのではないだろうか。

世界ではこれまでの波で1日の新規陽性者数が100万人を超えることはなかった。だが、オミクロン株が広がってきてからはすでに1日300万人を突破している。イギリスのデータでは1.5日で2倍に増えるとのことなので、これに基づいて計算すると半月で1000倍に増える計算となる。従来株とは爆発力が違い、感染者数が極めて少数であることを前提としている2類相当以上の扱いでは医療側の対応が不可能になるのである。

すでに昨年末には経口薬の「モルヌピラビル」(商品名「ラゲブリオ」)が特例承認されている。妊婦など一部の方には使いにくいことは指摘されているが、これにより重症化のリスクもかなり抑えられることもわかっている中では、5類への変更をためらう理由はない。

ファイザーが開発した「パクスロビド」の方が効果は高いとされていて、こちらは特例承認前ではあるが、すでに政府は200万回分の供給を受けることになっている。岸田総理としては「パクスロビド」の特例承認を待つつもりかもしれないが、それ以前に急激な感染拡大によって保健所などの対応が不可能になるだろう。

岸田総理は変異によって毒性が強まる可能性も示唆したが、経口薬ができている現状では過大にリスクをとらえすぎである。

全ての生活を極力正常化する方向で出口を考えるべき時である。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

生まれたばかりの赤ちゃんが死亡! 妊婦がコロナで受け入れ拒否!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6673

コロナ禍で子供の諸能力が大幅低下との研究発表! ロードアイランド州での調査結果!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6657

www.fnn.jpの記事
https://www.fnn.jp/articles/-/298236
岸田総理の画像
https://www.kantei.go.jp/jp/content/20211004kaiken00.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    台湾で中国からの干渉を防ぐ「反浸透法」成立! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 安全保障

    フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)

    フィリピンの議員向けの内部報告書に、同国の電力供給網は中国政府…

  3. 安全保障

    まじか? 中国共産党が政策白書で中国の崩壊に言及! (朝香 豊)

    中国政府は政策白書を公表した。この中には、共産党の統一…

  4. 安全保障

    新型肺炎のデータ破棄を指示! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!遼寧…

  5. 安全保障

    台湾のマスク管理を学べ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日豪防衛協力が進化! 准同盟化へ前進!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    日米首脳会談は一応評価! ただ、対中政策面では不満!(朝香 豊)
  3. 外交

    「日韓合意」も完全無視! 日本政府を相手取った「慰安婦」裁判がソウル中央地裁で開…
  4. 人権・民主主義

    中国でスウェーデン国籍の桂民海氏に懲役10年の判決! 言論弾圧!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国政府が安価な賃貸住宅を供給する意向を示す! バブル潰しにさらに一歩進める!(…
PAGE TOP