安全保障

米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

実に残念な話だが、テキサス州が原告となり、ウィスコンシン州、ミシガン州、ジョージア州、ペンシルバニア州の4州を被告とする訴訟について、アメリカ連邦裁判所は却下する決定を下した。

21の州と126人の連邦下院議員がこの訴訟には賛同し、アメリカ中を巻き込む様相を呈していたのだが、取り上げるには至らなかったのは実に残念だ。

アリート判事とトーマス判事はこの決定への部分的不同意を表明したが、トランプ大統領が指名したゴーサッチ判事、カバナー判事、バレット判事はいずれも特段の意見を述べていない。

裁判所での審理が認められさえすれば確実に勝訴できたと思われた案件だけに実に残念だが、州独自の制度的なあり方には関わらないようにするというアメリカ連邦最高裁の伝統に従ったものなのだろう。

今回の裁判が取り上げられなかったことによって、今後連邦最高裁に提起されるいかなる訴訟も却下される見通しが強くなったことははっきりと認めなければならない。

各州がどんなに道理に反した処置を行っていたとしても、州内で決せられた問題について連邦最高裁は口出しせず、それは州内で片付けるべきものだとする立場を示したものだと言えるからだ。

こうなると、トランプ政権に残されているのは非常手段しかないということになる。

すなわち、戒厳令を敷いた中ですべて軍が管理する中で再度大統領選挙を実施するとか、国家非常事態宣言により大統領任期を3ヶ月なり半年なりの期限を明確に定めて延長し、今回の選挙についての調査を徹底的に実施し、その後に勝者を確定させ、そこから政権移行を進めるというものである。

もはや通常の手続き民主主義のレベルでは問題の解決はつかない状態となったことから目を背けてはならない。

トランプ大統領のさらに進んだ決断を求めたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のheadlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/11/supreme-court-rejects-texas-lawsuit-against-4-swing-states-over-election-rules/
アメリカ連邦裁判所の引用画像
https://www.fox16.com/wp-content/uploads/sites/84/2020/11/AP20331201300065.jpg?w=1280

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 道理

    外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!管政…

  2. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)

    中国政府に9月から拘束されていた岩谷將・北海道大学法学研究科教…

  3. 安全保障

    台湾のマスク管理を学べ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 道理

    パウエル弁護士のトランプ弁護団からの離脱! 事実は事実として受け止めよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ト…

  5. 道理

    “Let’s go Brandon”がトレンド入り! 背景にある…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  6. 安全保障

    自衛隊の派遣を前向きに進めよ! アフガニスタン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. 馬雲 ジャック・マー

アーカイブ

  1. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国主導で香港の抗議活動を違法化する法律を、中国政府が作り、香港に適応する方針!…
  3. 安全保障

    ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝…
  4. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」が台湾の美術館で開催予定! なんとか止めたい!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国公務員が北朝鮮軍に銃撃・焼却される! 謎の沈黙を続けた文在寅!(朝香 豊)
PAGE TOP