人権・民主主義

チョ・グク氏逮捕濃厚に! 文政権に打撃!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国検察は、職権乱用容疑でチョ・グク前法相の逮捕状を請求した。

チョ・グク氏は、2017年に大統領府の民情首席秘書官の立場から、仲間内の元釜山副市長に対する収賄などの調査を不当に打ち切るよう指示した疑いが固まったと見られる。

この事件ではチョ・グク氏の部下だった人物が「自殺」している。

裁判所は26日に本人から説明を聞くなどし、逮捕が必要か判断することになる。

チョ・グク氏の疑惑はこの1点だけにあるわけではなく、極めて幅広い。

名の中には息子の兵役逃れ、娘の大学進学、不正蓄財といった個人的なものも数多くあるが、仲間の収賄のもみ消しに加えて、選挙への不正介入などの公的な容疑も疑われている。

実際に逮捕された後の取り調べによって、さらなる容疑が次々と固まっていくのは避けようがないだろう。

そして文在寅大統領は、単に任命責任から逃れられないというレベルにはない。

文在寅大統領との共謀も、当然検察の捜査の視野に入っているものと思われる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191223/k10012225151000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします習近平…

  2. 人権・民主主義

    ドイツは中国軍への支援中止を! 香港民主派の黄之鋒氏!(朝香 豊)

    香港の民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は、ドイツの大…

  3. 人権・民主主義

    ペンシルバニアでもバイデンが逆転! 60万票差が消える不思議!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 人権・民主主義

    政治・社会風刺を売り物にする米人気アニメ番組を中国は完全排除へ!(朝香 豊)

    米人気アニメ番組「サウスパーク」は、辛辣な政治風刺・社会風刺が…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    進む日印豪の経済連携構想! 脱中国のサプライチェーン構築へ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾有事の緊張高まる! 中国軍・米軍・台湾軍が臨戦態勢へ!(朝香 豊)
  3. 経済

    サプライチェーン組み換え予算はショボい! 緊急経済対策!(朝香 豊)
  4. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 安全保障

    台湾、中国のスパイを拘束! 豪に亡命した中共スパイの暴露から!(朝香 豊)
PAGE TOP