外交

韓国与党の放射性物質マップ、やはりデータ改竄していたことが発覚!(朝香 豊)

韓国与党「共に民主党」が作成した日本の放射線量のマップのデータが、完全な捏造データによるものであることがわかった。

このマップは日本の団体の「みんなのデータサイト」のデータに基づいて作成されたことになっていたが、「みんなのデータサイト」は「事前の連絡なく、事実と異なる測定値の情報が公開され、団体の信頼性を損ねた」と、「共に民主党」側に抗議していた。

例えば「福島県営あづま球場」での測定値は、「みんなのデータサイト」では土壌1平方メートルあたり14万ベクレルとなっていたが、共に民主党の地図では205万ベクレルだということで、15倍近い水増しを行っていたことになる。

自らの正当性を主張するためには、データの捏造などしても平気だという文化性を持った国だということを、改めて浮き彫りになった。

さて、ここで発想の転換をしよう。

韓国から提起されている他の問題について反論する際にも、今回のこの実例を引き合いに何度も出しながら、韓国がいかに信頼できない国であるかを徹底的に印象付けることができる。

やられたら、徹底的にやり返すようにすることを、日本政府もそろそろ実践すべきところだ。

これに関連する産経新聞の記事https://www.sankei.com/politics/news/190930/plt1909300019-n1.html
トップ画像はこちらのから引用https://livedoor.blogimg.jp/specificasia/imgs/3/0/30a5a102-s.png

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 外交

    トランプ政権は中国企業の上場廃止と年金基金などの中国運用の制限を検討開始! (朝香 豊)

    トランプ政権は米投資家のポートフォリオ投資による中国への資金流…

  2. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  3. 外交

    習近平国家主席の国賓来日予定に変更なし! 菅官房長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅官…

  4. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!横浜…

  5. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  6. 外交

    機密情報持ち出しで、ロシアスパイの書類送検の方針を、ロシアはけん制!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    イタリアから大統領選に介入した? イタリア連邦裁判所で証言!(朝香 豊)
  2. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!…
  4. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ついにドミニオンの不正が明確に! 科学的調査で証拠を完全に掴む!(朝香 豊)
PAGE TOP