安全保障

南部は豪雨、北部は異常な気温低下! バッタの大量発生にも苦しむ中国! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国南部が50年に一度とも言われる豪雨に見舞われているのはよく知られているが、中国北部にも異常気象が様々生じているのは知っているだろうか。

実は中国北部は例年にない気温低下が生じていて、例えば、北京、天津、河北省、甘粛省などでは、6月下旬に雹の被害が発生した。

新疆ウイグル自治区でも6月末に季節外れの大雪が降り、場所によっては30センチの積雪を記録している。

こうした状況からすると、今年の中国の農業生産には、想像を超えた打撃がありそうだ。

中国の中央政府は地方政府に対して、いざという時に備えた食糧の備蓄を指示していたが、地方政府はこうした本来確保してあるはずの食糧を実は横流ししていて、食糧倉庫は本当は空っぽだということが多いと言われている。

7月1日に、貴州省都匀市の食糧倉庫で「火事」が発生したが、これは食糧倉庫の中に何もないことがばれないようにするためのアリバイ工作ではないかとの疑いを持たれているのである。

つまり、緊急時に放出すべき食糧がほとんどない可能性は高いのだ。

さて、大量のバッタが中国の広西チワン族自治区、湖南省、吉林省、黒龍江省などで発生し、今後の広がりが懸念されている。

特に中国南部では豪雨によって湿った環境が作られており、今後のバッタの数が想像を絶する規模で膨れ上がるのは確実視されている。

これもまた中国には頭の痛いところだろう。

さらに中国に追い打ちをかける事態が生じている。

実は今年のバッタの発生は異常で、サバクトビバッタが広がっている東アフリカ・中東・南アジアに加えて、なんと南米でも大量発生しているのだ。

パラグアイで発生したバッタの群れは、すでにアルゼンチン北部にも大きな被害を及ぼし、隣接するウルグアイやブラジルにも今後被害が及ぶことが予想されている。

そもそも新型コロナウイルスの蔓延によって、世界の中では春の作付けが順調に進まなかった地域も多く、食糧不足の懸念から食料輸出を停止・制限している国も多い。

この中で世界的に蝗害が広がることで、食糧不足はさらに深刻化する気配であり、食料品価格は上昇傾向にある。

この環境で、中国が不足した食糧を海外から買い集めることは果たしてできるのだろうか。

世界を敵に回す中国の外交姿勢が、食糧の買付に影響を及ぼす可能性もある。

我が国が買えないという事態にはならないとは思うが、それでも笑ってばかりというわけにはいかないだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のTelegraphの記事
https://www.telegraph.co.uk/news/2020/06/29/argentina-faces-battle-plague-locusts/
ネタ元の看中國の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=6465
画像はWikimedeiaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e4/Locust_from_the_plague_in_Palestine%2C_1915.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    中国側に行くんじゃねえぞ! 米政府が韓国を厳しく牽制!(朝香 豊)

    米国務省のクラーク次官は「関係の力は自由と法治主義の価値などを…

  3. 安全保障

    クルーズ船乗客を収容の病院で医療行為が不可! 緊急事態条項が必要!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!愛知…

  4. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!運命…

  5. 安全保障

    民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)

    アメリカ大統領選で民主党最有力候補とされるジョー・バイデン氏。…

  6. 安全保障

    台湾への武器売却をさらに追加! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    ロシアも武漢からの国民の退避を中国政府と相談! 日本はまだ?(朝香 豊)
  3. 中国

    中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日本大ピンチ! ボルトン解任によってトランプ大統領は北朝鮮政策を大転換へ!
  5. 人権・民主主義

    中国が良心の囚人から臓器を強制摘出しているとの調査結果を、英国の独立民衆法廷は国…
PAGE TOP