安全保障

WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHOのテドロス事務局長はツイッターで、海外で中国への渡航歴のない人の感染が確認されるという「懸念を生む事例」があると指摘し、「私たちは氷山の一角を目にしているだけかもしれない」との見方を示した。

おいおい。

テドロスさん、あなたが中国に対して渡航制限をするなと言ったんだよ。

それでいて、中国への渡航歴のない人の感染が確認されているという話が出てきたら、それは「氷山の一角」だというのは、無責任すぎないか?

ともあれ、WHOのトップが、中国への渡航歴のない人の感染で、発覚しているものが、氷山の一角かもといっているのだから、日本政府はそれに応じた対応をしなければならない。

中国からの入国を禁止するとともに、国内感染が広がり出していることを前提に、中国への渡航歴とか無関係に、通常の風邪や肺炎とは症状が違う人については、新型コロナウイルスに感染している疑いが強いとみて、隔離治療に入るべきだ。

検査キットによって判定できないケースもあるのだから、疑われる事例は全て隔離治療の対象とすべきだ。

日本政府は、国内感染の広がりに早急に対処する方針に切り替えなければならない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の AFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3267694?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    「黒人の命は大切」運動の創設者は共産主義者! 自ら明かす!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウィ…

  2. 安全保障

    民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)

    アメリカ大統領選で民主党最有力候補とされるジョー・バイデン氏。…

  3. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    中国各地で封鎖処置が強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国では携帯の購入時に顔認証が義務化へ! 中国政府はそこまで追い込まれている?(…
  3. 経済

    EUからのイギリスの離脱交渉が急激に動き始めた! 合意到達間近か!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国刑務所からのSOSのクリスマスカード! 書いた本人名乗り出る!(朝香 豊)
PAGE TOP