人権・民主主義

中国に言論の自由を求める大きな動き発生! 習近平体制は終わるか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

李文亮医師の死去は、中国に絶大の影響をもたらしている。

このことをニューズウィーク誌上で、石平氏が詳しく解説している。

武漢市内の大学に在籍する馮天瑜(武漢大学)、唐翼明(華中師範大学)、於可訓(武漢大学)などの10名の教授が実名で公開書簡を発表した。

この書簡の中で、8人の新型肺炎情報の告発者に対する処分が過ちであることを政府が認めること、今後においては、憲法によって保証されるはずの言論の自由に対するいかなる制限も行わないことを求めた。

北京外国語大学の展江教授は、今後においては真実を明らかにする人々を守るためには、「吹哨人保護法」(告発者保護法)を制定することを提案した。

これに対して、アリババの最高幹部でもある高暁松氏も賛意を示している。

北京大学の張千帆教授、清華大学の許章潤教授などの国内の著名な学者・識者も連名で、全国人民代表大会とその常務委員会への公開書簡を発表した。

その中で、「言論の自由はなければ国民の安全はない」とし、言論の自由を確実にできるようにすることや、李医師が死去した2月6日という日を「国家言論自由の日」(李文亮日)として制定することを要求した。

共産党機関紙・人民日報社の上海支社長である弘氷氏でさえ、グループチャットの中とはいえ、李文亮医師を念頭に置きながら、「どれほどの代価が払われてから、貴方と貴方たちの笛の音は天下に届くのだろうか」と、政府の言論統制に対する不満を表明した。

言論の自由を求める動きは、他にも様々出ている。

これまで言論の自由なんてなくても、生活はちゃんとできると思っていた人たちが、そうではないという事実に気付いてしまった。

言論の自由がなく、情報統制が行われる中で、命が奪われ、商売も成り立たなく事態が生まれてしまったからだ。

3月の全国人民代表大会を、習近平主席が無事に迎えられるとは、とても思えない。

この段階での、習近平主席の失脚の可能性は、かなり高いのではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/sekihei/2020/02/post-7_1.php

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランプ弾劾で民主党から造反! 共和党に移籍へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカ…

  2. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  4. 安全保障

    日本旅行のタイ人が新型肺炎に感染! 日本の後手後手対応の帰結!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  5. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキング香港やウイグルでの人権弾圧がアメリカで…

  6. 人権・民主主義

    中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)

    中国共産党機関紙の「環球時報」の編集長は、中国当局によるネット…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    カナダ裁判所がファーウェイCFOの主張を却下! 中国がカナダに「報復」示唆!(朝…
  3. 人権・民主主義

    武漢の病院の様子を撮影! 遺体がどんどん運び出される!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)
PAGE TOP