安全保障

労働者の安全のために、食肉生産をとめるべきか? トランプ大統領は生産を命令!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの感染拡大によって、アメリカの食肉処理施設の従業員の間でも新型コロナウイルスに感染するケースが増えている。

食肉・食品加工業において、すでに6500人以上の感染者が見つかっており、亡くなった人も20人にのぼっている。

こうした感染拡大の中で、食肉処理施設の中には操業停止を決めたところも多い。

こうした施設の労働組合からすれば、従業員の安全性の確保のためには操業停止もやむをえないということになるのだろうが、こういう施設が相次いで操業停止すれば、全米で食肉を食べることができない事態になる。

これは、今回の新型コロナウイルス問題の縮図のようなものではないだろうか。

一部の人たちの安全を優先すれば、全国民を犠牲にすることにつながりかねないということを、象徴的に表しているからだ。

「肉など食べなくても、人間は生きていける」という見地から、このような非常時には「肉を食べたい」という欲求などぜいたくな考えだと思う人もいるだろう。

だが、食肉加工を止めるということは、食肉生産を止めるということにもつながっている。

こうなると、食肉加工施設も食肉生産施設も遊休化し、「平常時」に戻ったとしても、食肉生産がなかなか回復しにくいという事態に陥ることは容易に予想される。

さらに言えば食肉生産業者に飼料を供給している穀物生産業者にも大きなダメージを与えることになり、アメリカの食料のサプライチェーンが崩れることにも繋がりかねない。

アメリカでは現在、感染拡大前の60%程度の食肉生産しかできていないようなので、アメリカ産の豚肉・牛肉が日本に入ってこなくなる可能性も出てきた。

こうした食肉生産の落ち込みに対して、トランプ大統領は国防生産法に基づき、食肉処理施設に操業継続を命じた。

高齢だったり基礎疾患があったりする労働者には自宅待機させるように促すとしながらも、食肉生産は止めさせない姿勢を鮮明にしたわけだ。

労組側はトランプ政権に対して、最高レベルの防護装備の提供や感染検査の連日実施を求めている。

だが医療機関で防御装備が不足している中で、食肉加工業者に十分な防御装備を回す余裕はもとからあるわけがない。

感染検査の連日実施ができるような環境にも当然ない。

ここで問いたいのは、そうした処置がとれる条件がなければ、食肉生産を止めることはやむをえないことなのか、ということだ。

十全たる感染防御を労働者に提供できなくとも、生産は継続させるしかないというのが、私には妥当な判断だと感じられる。

なお、畜産農家はすでに肥育している豚の出荷が見込めないことから、豚の堕胎や安楽死を行っており、大統領の判断は遅きに失したとの声も上がっている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・タイムズの記事
https://www.nytimes.com/reuters/2020/04/28/us/28reuters-health-coronavirus-trump-liability.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 経済

    政府は大規模減税を示唆! 新型コロナ対策で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  2. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガで2月9日に流していた記事を、ブログに再掲載いた…

  4. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)

    マサチューセッツ工科大学は商務省のエンティティリスト(ブラック…

  5. 安全保障

    マイクロ波兵器の攻撃による脳の損傷か! 米外交官ら深刻被害!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!キュ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港の民主の女神の周庭さん、ミュージックビデオに出演!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 安全保障

    世界で繰り広げられるマスク争奪戦! 国産の抜本増強のためには大胆な方針転換を!(…
  5. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)
PAGE TOP