中国

中国共産党が過去の裏切者の話を掲載! 中国高官の米亡命は共産党体制と習近平を揺るがすか! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党中央規律検査委員会は中国共産党に対する裏切り者として知られる顧順章に関する話を掲載し、党員に向けて全ての裏切り者と戦うように呼びかけた。

ソ連でスパイの訓練を受けた顧順章は、表向きは手品師の顔を持ちながら、中国共産党の「特別行動科」で重職に就いていた。国民党軍に捕まった顧順章は共産党を裏切り、共産党の機密情報を国民党側に大量に提供した。その結果、上海などでの共産党の地下活動拠点がほぼ全滅となり、多くの共産党幹部が処刑された。周恩来も逮捕寸前まで行ったと言われている。これに対して周恩来は復讐に出て、顧順章の家族と親友30人あまりを暗殺したのである。

中国共産党がこの時期に顧順章の話題をわざわざ持ち出したのは、国家安全部副部長の董経緯の亡命が真実であることを物語っているように私には感じられる。

董経緯は中国の生物兵器計画などの軍事情報に加えて、アメリカにいる中国共産党のスパイの名簿、中共政府からの資金援助をうけたアメリカのビジネスマンや公務員の財務記録などの情報を数多くもたらしたとされる。アメリカにいる中国人留学生の1/3が人民解放軍の背景を持つという情報もあり、もたらした情報量は数テラバイトに及ぶとされる。(詳細は私が書いたWiLLオンラインの記事「新型コロナ「人工説」拡大の裏に中国高官の亡命?」を参考にしてもらいたい)

高官の亡命は破壊的影響力を持ちうる。例えば林彪の亡命未遂が中国共産党に与えた影響も甚大であった。

毛沢東の「最も親密な戦友」とされ、毛沢東の後継者として認定されていたはずの林彪だったが、林彪は本音では文化大革命を早く終わらせたいと思っていたようだ。面従腹背の林彪の追い落としを毛沢東は画策し、林彪はソ連への亡命を試みて謎の墜落死を迎えた。林彪のソ連への亡命は阻止されたものの、毛沢東が後継者として認定した林彪がなぜ亡命しようとするのかという動揺が中国国内に広がり、文化大革命を沈静化するターニングポイントになったとされる。

董経緯は習近平に引き立てられて国家安全部副部長にまで上り詰めた。ただでさえ中国共産党上層部の亡命が習近平に与える打撃は尋常ではないが、亡命者が董経緯だということになれば、その衝撃は計り知れない。董経緯の情報が次々と表に出ていく中で、中国共産党も習近平も追い詰められていくことになるのではないか。

歴史が動いていることを実感させられる。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.ccdi.gov.cnの記事
https://www.ccdi.gov.cn/toutiao/202106/t20210618_244137.html
www.visiontimesjp.comの記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=20620
顧順章の画像
https://i2.wp.com/www.visiontimesjp.com/wp-content/uploads/2021/06/20210624_signal-2021-06-24-221805_002.jpeg?resize=464%2C290&ssl=1
董経緯の画像
https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2021/06/webw210623_chinadefector-thumb-720xauto-257644.jpeg
毛沢東と林彪の画像
https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhcD1LjPo8yt_iUb5dR3d8r5m8rSD2r1Nf-NxZJIuHs6k4B7XQj3evcUV9X8F4-Y7PD991tReSFyQ0yx54R_Y2iKKaZ4xB7JywArc6bJh-DCmNAGyRlAhNMvupbdwZhpQwJmcwQ7U-p9vKh9Ua5WS3Y=

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 安全保障

    中国人民解放軍が第三次世界大戦の準備! コロナウイルスを含む生物兵器で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  2. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    TikTokなどの中国アプリの利用制限! 自民党が提言へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!動画…

  5. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    中国の知的財産窃盗対策に遅れがあることを焦るアメリカ! もっとゆるい日本!(朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガですでに流していた記事を、ブログに再掲載いたしま…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国で拘束された商社マンに、懲役3年の実刑判決!(朝香 豊)
  3. 未分類

    中国軍の中には感染者はゼロと主張! ありえない!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)
  5. 外交

    NATOは「脳死状態」だと、仏マクロン大統領!(朝香 豊)
PAGE TOP