道理

豪政府が中国の初動でWHO抜きの独立調査を要求! 米独仏に共同国際調査を要請!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オーストラリアのペイン外相は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に関連して、中国政府の初動対応について、WHOを抜きにした「独立した調査」を行うべきだと述べた。

これに対して同国のモリソン首相も、ペイン外相を支持するとの考えを示し、トランプ米大統領、メルケル独首相、マクロン仏大統領と電話会談を行い、共同で国際調査を行うように求めた。

モリソン首相はまた、「このウイルスは中国の武漢市で発生したことは周知の通りだ」「独立調査は非難目的ではない。国際公衆衛生に関わる問題で、透明性のある方法で重要な情報を得るためだ」と話した。

こうしたペイン外相とモリソン首相の提案に対して、野党労働党のウォン上院議員も「同盟国や世界各国に対して、独立調査を行う必要性を訴えていくべきだ」と語り、この提案が与野党の垣根を越えて、オーストラリア国内で支持されていることを示した。

これに対して中国政府は、「米国で政府高官を含む一部の人々が最近、反中国の『情報ウイルス』を拡散していることはよく知られている」、「最近は一部のオーストラリアの政治家がこうした米国人をまねて、同様の主張をし、中国に政治的な攻撃を仕掛けている」として反発している。

対中包囲網は着実に勢力を拡大している。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/04/55390.html
https://www.epochtimes.jp/p/2020/04/55366.html
画像も同記事から
https://img.epochtimes.jp/i/2020/04/22/t_x4w8b9fspnmump4sxllk.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    外国からのパクリで強大化した中国! したたかなその戦略を甘く見るな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)

    香港民主化運動のリーダーの岑子傑氏がハンマーで頭部を殴られ、血…

  3. 人権・民主主義

    トランスジェンダーの出場は不公平! 女子高生選手が提訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!心と…

  4. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  5. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米司…

  6. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)
  3. 未分類

    ドミニオンの嘘が完全崩壊! ジョージア州公聴会!(朝香 豊)
  4. 経済

    ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 人権・民主主義

    「台湾と国交を!」ドイツでの請願活動に2万人超が既に署名! (朝香 豊)
PAGE TOP