道理

東京地検がゴーン妻に逮捕状! 異例の公表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告の妻のキャロル容疑者について、東京地検特捜部は偽証の疑いで逮捕状を取ったことを明らかにした。

ゴーン被告が妻と自由に面会できないことを非人道的だと国際社会に訴えていることへの対抗処置のようだ。

きちんと弁明をすることは大切なことであり、日本国内からこういう動きが自発的に行われたことは高く評価したい。

ただ、昨年4月の証人尋問での偽証の疑いについて、逃亡を許した今頃になって逮捕状を請求しているのは、対応が遅いとのそしりを受けても致し方ないとも感じる。

キャロル容疑者の逮捕状がもともと出されていたのであれば、夫婦間で自由に面会できないことには言い訳が成立しなかっただろう。

被疑者に対して様々な「配慮」を行うと、かえって裏目に出ることがあることを、司法関係者は今回の事件を契機として学んでもらいたいと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200107/k10012238061000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006
画像はibtimesの記事から
https://www.ibtimes.sg/who-carole-ghosn-how-did-she-pull-off-sensational-escape-carols-ghosn-36924
https://data.ibtimes.sg/en/full/31414/carole-ghosn.jpg?w=736

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    経産省、韓国の「遺憾の意」を完全否定!(朝香 豊)

    日韓の貿易管理に関する政策対話の再開について、韓国大統領府の鄭…

  2. 道理

    ジェイコブ・ブレークは最低男だった! 明らかになる実態!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ウイグルでの工場を閉鎖し、ウイグル人の人権を守れ! フォルクスワーゲンに人権団体…
  2. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香…
  3. 道理

    22歳幼稚園教諭が同居の祖母を殺害! 介護疲れの悲劇!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    北京五輪ボイコットの動き! 急激に悪化したウイグル、香港!(朝香豊)
  5. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)…
PAGE TOP