道理

東京地検がゴーン妻に逮捕状! 異例の公表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告の妻のキャロル容疑者について、東京地検特捜部は偽証の疑いで逮捕状を取ったことを明らかにした。

ゴーン被告が妻と自由に面会できないことを非人道的だと国際社会に訴えていることへの対抗処置のようだ。

きちんと弁明をすることは大切なことであり、日本国内からこういう動きが自発的に行われたことは高く評価したい。

ただ、昨年4月の証人尋問での偽証の疑いについて、逃亡を許した今頃になって逮捕状を請求しているのは、対応が遅いとのそしりを受けても致し方ないとも感じる。

キャロル容疑者の逮捕状がもともと出されていたのであれば、夫婦間で自由に面会できないことには言い訳が成立しなかっただろう。

被疑者に対して様々な「配慮」を行うと、かえって裏目に出ることがあることを、司法関係者は今回の事件を契機として学んでもらいたいと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200107/k10012238061000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006
画像はibtimesの記事から
https://www.ibtimes.sg/who-carole-ghosn-how-did-she-pull-off-sensational-escape-carols-ghosn-36924
https://data.ibtimes.sg/en/full/31414/carole-ghosn.jpg?w=736

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ニューヨーク州も非常事態宣言! これでもパンデミックではないの? WHO!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!

    いいぞ、メルケル!ドイツのメルケル首相は中国の李克…

  3. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)

    韓国の延世大学の柳錫春教授は、「売春は古い産業であり、多くの国…

  4. 安全保障

    ツイッターの闇を暴くきっかけに! ビットコイン詐欺事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自ら…

  6. 道理

    韓国検察、大統領弾劾へ一歩踏み出したか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!韓国の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日本学術会議6人除外に警察出身の杉田官房副長官が関与? 公安上の問題か?(朝香 …
  2. 安全保障

    韓国が中国の核の傘の下に入ることを検討か?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    アメリカの FOX NEWS が中国の臓器刈りについて、8分に及ぶ特集を放送!(…
  4. 人権・民主主義

    香港民主派議員が襲撃され、耳を半分食いちぎられる!(朝香 豊)
  5. 道理

    数万ドルの献金で麻薬犯でも赦免! 北朝鮮!(朝香 豊)
PAGE TOP