道理

東京地検がゴーン妻に逮捕状! 異例の公表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告の妻のキャロル容疑者について、東京地検特捜部は偽証の疑いで逮捕状を取ったことを明らかにした。

ゴーン被告が妻と自由に面会できないことを非人道的だと国際社会に訴えていることへの対抗処置のようだ。

きちんと弁明をすることは大切なことであり、日本国内からこういう動きが自発的に行われたことは高く評価したい。

ただ、昨年4月の証人尋問での偽証の疑いについて、逃亡を許した今頃になって逮捕状を請求しているのは、対応が遅いとのそしりを受けても致し方ないとも感じる。

キャロル容疑者の逮捕状がもともと出されていたのであれば、夫婦間で自由に面会できないことには言い訳が成立しなかっただろう。

被疑者に対して様々な「配慮」を行うと、かえって裏目に出ることがあることを、司法関係者は今回の事件を契機として学んでもらいたいと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200107/k10012238061000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006
画像はibtimesの記事から
https://www.ibtimes.sg/who-carole-ghosn-how-did-she-pull-off-sensational-escape-carols-ghosn-36924
https://data.ibtimes.sg/en/full/31414/carole-ghosn.jpg?w=736

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)

    韓国で政権側の新聞だとみなされていた「ハンギョレ」で事件が起こ…

  2. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 道理

    東京オリンピックでの旭日旗の使用は、個別事案ごとに判断するだって? 明らかに一歩後退だ!

    東京オリンピックでの旭日旗の使用禁止を韓国政府が要求しているこ…

  4. 道理

    パウエル弁護士、放逐! これについての自分の推測!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パウ…

  5. 安全保障

    モデルナもファイザーも安全性に問題なし! 新型コロナワクチン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 道理

    「正義」であれば、勝手に何をやっても許されるのか? 断固取り締まるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!"B…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Huawei のロゴ

    安全保障

    これは痛い! フランスは5Gからファーウェイを排除せず!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    感染者数の日韓の差は単に検査数の違いか?  そうではない!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    日本で改憲意識が急激に高まっている!
  4. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)
  5. 経済

    過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)
PAGE TOP