安全保障

習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツの有名雑誌「シュピーゲル」は、中国共産党の習近平総書記がWHOのテドロス事務局長に、新型コロナウイルスに関するニュースを抑制するよう要請していたことがわかったと報道した。

ドイツの諜報機関のBND(ドイツ連邦情報局)が証拠を掴んだとしている。

1月21日の会談において、習近平総書記は「人から人への感染」がありうることを公表しないようにし、パンデミック宣言を遅らせるよう、テドロス事務局長に要請していた。

中国が情報公開を遅らせたことで、感染拡大阻止のために使えた4〜6週間を世界は無駄にすることになったと、BNDは結論づけた。

感染症研究で有名なコッホ研究所も、中国での感染拡大の初期に中国が関連情報すべてを公開しなかったことで、BNDに情報を求めたとしている。

こうしたドイツの報道に対して、中国の外交部は事実は正反対だとし、他の政府が無駄にしていた時間を、中国政府だからこそ時間を無駄にせずに済んだのだと反論した。

どうしてこういう話が日本では報道されないんだろう。

日本のマスコミのどうしようもない闇を感じる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の台湾英文新聞の記事
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3931126
画像も同記事から
https://tnimage.s3.hicloud.net.tw/photos/2020/05/09/1589025029-5eb699055bc23.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)

    Googleは今なお、中国のAI開発に積極的に協力している。…

  2. 道理

    ブラジル大統領の息子(下院議員)が中国を非難! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  3. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  4. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

  5. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    暗号機製造メーカーを米独情報機関が秘密裏に運営 ! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ウイグルのジェノサイドをAP通信が詳細報道! これをツイッターは不適切判定!(朝…
  5. 安全保障

    米政府、ファーウェイへの締め付け強化へ! 日本の政府・財界は、この動きを見逃すな…
PAGE TOP