安全保障

習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツの有名雑誌「シュピーゲル」は、中国共産党の習近平総書記がWHOのテドロス事務局長に、新型コロナウイルスに関するニュースを抑制するよう要請していたことがわかったと報道した。

ドイツの諜報機関のBND(ドイツ連邦情報局)が証拠を掴んだとしている。

1月21日の会談において、習近平総書記は「人から人への感染」がありうることを公表しないようにし、パンデミック宣言を遅らせるよう、テドロス事務局長に要請していた。

中国が情報公開を遅らせたことで、感染拡大阻止のために使えた4〜6週間を世界は無駄にすることになったと、BNDは結論づけた。

感染症研究で有名なコッホ研究所も、中国での感染拡大の初期に中国が関連情報すべてを公開しなかったことで、BNDに情報を求めたとしている。

こうしたドイツの報道に対して、中国の外交部は事実は正反対だとし、他の政府が無駄にしていた時間を、中国政府だからこそ時間を無駄にせずに済んだのだと反論した。

どうしてこういう話が日本では報道されないんだろう。

日本のマスコミのどうしようもない闇を感じる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の台湾英文新聞の記事
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3931126
画像も同記事から
https://tnimage.s3.hicloud.net.tw/photos/2020/05/09/1589025029-5eb699055bc23.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    日本のイカ釣り船の廃業相次ぐ! 北朝鮮などによる違法操業が影響!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  2. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 豊)

    中国の地方政府の中には、住宅の販売価格を値下げしないように要求…

  3. 中国

    バイデンだけでなくハリスも問題! 民主党正副大統領候補と中国との関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  4. 外交

    スリランカが脱中国化! 国際空港整備、日本の大成建設が受注! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!スリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ディズニーやアップルを名指し批判! 対中姿勢でバー司法長官!(朝香 豊)
  2. 経済

    脱炭素化について真剣に考えよう!(松尾 利昭)
  3. 外交

    NATOは「脳死状態」だと、仏マクロン大統領!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 経済

    追い込まれたソフトバンクG! 約1兆円の赤字発表!(朝香 豊)
PAGE TOP