安全保障

習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツの有名雑誌「シュピーゲル」は、中国共産党の習近平総書記がWHOのテドロス事務局長に、新型コロナウイルスに関するニュースを抑制するよう要請していたことがわかったと報道した。

ドイツの諜報機関のBND(ドイツ連邦情報局)が証拠を掴んだとしている。

1月21日の会談において、習近平総書記は「人から人への感染」がありうることを公表しないようにし、パンデミック宣言を遅らせるよう、テドロス事務局長に要請していた。

中国が情報公開を遅らせたことで、感染拡大阻止のために使えた4〜6週間を世界は無駄にすることになったと、BNDは結論づけた。

感染症研究で有名なコッホ研究所も、中国での感染拡大の初期に中国が関連情報すべてを公開しなかったことで、BNDに情報を求めたとしている。

こうしたドイツの報道に対して、中国の外交部は事実は正反対だとし、他の政府が無駄にしていた時間を、中国政府だからこそ時間を無駄にせずに済んだのだと反論した。

どうしてこういう話が日本では報道されないんだろう。

日本のマスコミのどうしようもない闇を感じる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の台湾英文新聞の記事
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3931126
画像も同記事から
https://tnimage.s3.hicloud.net.tw/photos/2020/05/09/1589025029-5eb699055bc23.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    新型コロナショック! 中国の海航集団が破綻、政府管理下に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    中国の8割以上の会社のN95マスクの販売を禁止! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!低品…

  4. 安全保障

    マルクス主義や批判的人種理論が米軍内で浸透! これを批判する将校が除隊に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  5. 中国

    中国、武漢をようやく封鎖! 春節前にギリギリ間に合った!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)
  2. 未分類

    コロナ給付金支払いの日韓差! ちょっと悔しい!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    科学情報の窃盗のほとんどに中国共産党が関与! フランスで報告書!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)
  5. 未分類

    山谷えり子氏が日本学術会議問題を取り上げる! 参議院内閣委員会!(朝香 豊)
PAGE TOP