安全保障

習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツの有名雑誌「シュピーゲル」は、中国共産党の習近平総書記がWHOのテドロス事務局長に、新型コロナウイルスに関するニュースを抑制するよう要請していたことがわかったと報道した。

ドイツの諜報機関のBND(ドイツ連邦情報局)が証拠を掴んだとしている。

1月21日の会談において、習近平総書記は「人から人への感染」がありうることを公表しないようにし、パンデミック宣言を遅らせるよう、テドロス事務局長に要請していた。

中国が情報公開を遅らせたことで、感染拡大阻止のために使えた4〜6週間を世界は無駄にすることになったと、BNDは結論づけた。

感染症研究で有名なコッホ研究所も、中国での感染拡大の初期に中国が関連情報すべてを公開しなかったことで、BNDに情報を求めたとしている。

こうしたドイツの報道に対して、中国の外交部は事実は正反対だとし、他の政府が無駄にしていた時間を、中国政府だからこそ時間を無駄にせずに済んだのだと反論した。

どうしてこういう話が日本では報道されないんだろう。

日本のマスコミのどうしようもない闇を感じる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の台湾英文新聞の記事
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3931126
画像も同記事から
https://tnimage.s3.hicloud.net.tw/photos/2020/05/09/1589025029-5eb699055bc23.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイ製5G機器使うなら、同盟国でも制裁を検討! (朝香 豊)

    アメリカは同盟国がファーウェイ製の5G機器を使う場合には、情報…

  2. 人権・民主主義

    ギニア政府が国内の中国人全員を拘束! ギニア人を守れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  4. 安全保障

    湖北省観光客のビザを延長! 彼らの健康は日本政府が責任を持つことか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  5. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ギリシャの難民キャンプで騒乱事件! コロナ不安が引き起こす!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国検察がチョ・グク法相の自宅を家宅捜索! (朝香 豊)
  3. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 経済

    日本の今年の出生数86万4千人に! 大胆な少子化対策は待ったなし!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
PAGE TOP