安全保障

外国からのパクリで強大化した中国! したたかなその戦略を甘く見るな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党の金融専門家である臧其超氏が短い文章で語ったことは、中国がこの40年にわたって行ってきたことを的確に要約したものだ。

中国は改革・開放を推進して外国人を中国に招き入れた。彼らは技術、資金、経験、知恵をもたらした。中国政府は庶民の起業を奨励し、外国人と共同経営させ、外国人から学ばせた。40年が過ぎ、すべて学び終えて我々はすべて自分たちでできるようになった。最後に振り返ると、工場からも設備からも技術からも特許からも製品からも市場からもブランドからも、外国人がすべて姿を消した。

つまり、外国人から技術、資金、経験、知恵を全部もらって吸収し、最後には外国人を追い出して全部自分たちの成果にしたというわけだ。

臧其超氏は「我々は荒々しく剽窃し、荒々しく複製した。知的財産権や特許技術がなんだというのか。」とも述べている。自分たちがやってきたことがパクリにすぎなかったことを開き直っているわけだ。

中国人民大学国際関係学院の副院長である金燦栄氏は習近平のブレーンの一人だが、彼もすごいことを話している。ざっと要約すると、以下のようになる。

鄧小平路線によって中国は大いに発展したので、習近平がこれから扱うべきは中国の尊厳の問題だ。現段階はアメリカと対等の立場に立つことが課題であり、次世代はアメリカをコントロールして管理することが課題となる。自分たちよりも上の立場にいるアメリカを引きずり下ろすためには、まず第一に、アメリカが過ちを犯すようにいろんな条件を作ることである。第二にアメリカが扱わなけばならない問題を過剰にして、手が回らない状況を作り出すことだ。第三にはアメリカの中に入り込み、誰がどういう存在かがわからないように混乱させることだ。第四には、アメリカとの直接対決をなるべく避けながら、自分たちの路線を推し進めることだ。第五には、アメリカのすべての下院議員の選挙区に中国からの投資が入って、それぞれの選挙区で中国が数千から数万の票を動かせる力を持ち、立候補者がこの票を無視できない状態にすることだ。キャスティングボードを握れる票を動員できる力を持てば、アメリカの政治全体に影響力を行使できるというわけだ。金燦栄氏はこのことを「アメリカの議会を第二の人民代表大会常務委員会に変えることができる」と述べている。第六にはアメリカの敵を分散させることだ。外敵が多いと、どれが主敵かで内部抗争が起きる。外敵が4つあれば、アメリカはどれと戦うべきかがわからなくなる。

中国は民主国家アメリカの弱点をよく研究し、それによってアメリカがその持っている力を使えないようにして、最終的に自分たちが勝利を収めることを戦略としていることがわかる。そしてこれは何もアメリカだけでなく、西側諸国のどこにおいても中国が展開している戦略だろう。

我々が相手にしなければならないのはこのような国家であることを、忘れてはならない。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.ntdtv.jpの記事
https://www.ntdtv.jp/2021/04/49217/
李真実氏のYouTube番組
https://youtu.be/8J2JuQMAthQ
中国の脅威の引用画像
https://www.thetrumpet.com/files/W1siZiIsIjIwMTkvMDQvMTEvM3RkMm9zY2lncl8xOTA0MTFfQ2hpbmFfR2V0dHlJbWFnZXNfODAwNzI5MzQuanBnIl0sWyJwIiwidGh1bWIiLCIyMDQ4eDIwNDg%2BIl0sWyJwIiwiZW5jb2RlIiwianBnIiwiLXF1YWxpdHkgODAiXV0/6ae9f2f2ee03d049/190411-China-GettyImages-80072934.jpg.jpgiStock-1173931990.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾で中国からの干渉を防ぐ「反浸透法」成立! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 人権・民主主義

    蔡英文総統、「台湾はすでに独立国家」の強気発言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    「ズーム(Zoom)」は危険! 中華アプリには警戒を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 中国

    バイデンだけでなくハリスも問題! 民主党正副大統領候補と中国との関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  5. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米財…

  6. 安全保障

    独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    WHOが新型コロナウイルスの感染力を過小評価! スウェーデンの研究者グループ!(…
  3. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 道理

    感染急拡大でパリ全域でマスクを義務化! だが死者はかつての1/100!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)
PAGE TOP