安全保障

外国からのパクリで強大化した中国! したたかなその戦略を甘く見るな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党の金融専門家である臧其超氏が短い文章で語ったことは、中国がこの40年にわたって行ってきたことを的確に要約したものだ。

中国は改革・開放を推進して外国人を中国に招き入れた。彼らは技術、資金、経験、知恵をもたらした。中国政府は庶民の起業を奨励し、外国人と共同経営させ、外国人から学ばせた。40年が過ぎ、すべて学び終えて我々はすべて自分たちでできるようになった。最後に振り返ると、工場からも設備からも技術からも特許からも製品からも市場からもブランドからも、外国人がすべて姿を消した。

つまり、外国人から技術、資金、経験、知恵を全部もらって吸収し、最後には外国人を追い出して全部自分たちの成果にしたというわけだ。

臧其超氏は「我々は荒々しく剽窃し、荒々しく複製した。知的財産権や特許技術がなんだというのか。」とも述べている。自分たちがやってきたことがパクリにすぎなかったことを開き直っているわけだ。

中国人民大学国際関係学院の副院長である金燦栄氏は習近平のブレーンの一人だが、彼もすごいことを話している。ざっと要約すると、以下のようになる。

鄧小平路線によって中国は大いに発展したので、習近平がこれから扱うべきは中国の尊厳の問題だ。現段階はアメリカと対等の立場に立つことが課題であり、次世代はアメリカをコントロールして管理することが課題となる。自分たちよりも上の立場にいるアメリカを引きずり下ろすためには、まず第一に、アメリカが過ちを犯すようにいろんな条件を作ることである。第二にアメリカが扱わなけばならない問題を過剰にして、手が回らない状況を作り出すことだ。第三にはアメリカの中に入り込み、誰がどういう存在かがわからないように混乱させることだ。第四には、アメリカとの直接対決をなるべく避けながら、自分たちの路線を推し進めることだ。第五には、アメリカのすべての下院議員の選挙区に中国からの投資が入って、それぞれの選挙区で中国が数千から数万の票を動かせる力を持ち、立候補者がこの票を無視できない状態にすることだ。キャスティングボードを握れる票を動員できる力を持てば、アメリカの政治全体に影響力を行使できるというわけだ。金燦栄氏はこのことを「アメリカの議会を第二の人民代表大会常務委員会に変えることができる」と述べている。第六にはアメリカの敵を分散させることだ。外敵が多いと、どれが主敵かで内部抗争が起きる。外敵が4つあれば、アメリカはどれと戦うべきかがわからなくなる。

中国は民主国家アメリカの弱点をよく研究し、それによってアメリカがその持っている力を使えないようにして、最終的に自分たちが勝利を収めることを戦略としていることがわかる。そしてこれは何もアメリカだけでなく、西側諸国のどこにおいても中国が展開している戦略だろう。

我々が相手にしなければならないのはこのような国家であることを、忘れてはならない。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.ntdtv.jpの記事
https://www.ntdtv.jp/2021/04/49217/
李真実氏のYouTube番組
https://youtu.be/8J2JuQMAthQ
中国の脅威の引用画像
https://www.thetrumpet.com/files/W1siZiIsIjIwMTkvMDQvMTEvM3RkMm9zY2lncl8xOTA0MTFfQ2hpbmFfR2V0dHlJbWFnZXNfODAwNzI5MzQuanBnIl0sWyJwIiwidGh1bWIiLCIyMDQ4eDIwNDg%2BIl0sWyJwIiwiZW5jb2RlIiwianBnIiwiLXF1YWxpdHkgODAiXV0/6ae9f2f2ee03d049/190411-China-GettyImages-80072934.jpg.jpgiStock-1173931990.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 人権・民主主義

    EU議会が中国の政治犯学者にサハロフ賞を授与! 娘が代理出席!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

  3. 安全保障

    南部は豪雨、北部は異常な気温低下! バッタの大量発生にも苦しむ中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    ミャンマーで反軍勢力19人に死刑判決! 日本は国連軍派遣を求めよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リン…

  6. 安全保障

    対中経済安保の強化策を連発! 菅政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅政…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    北朝鮮の密漁に対する日露の落差に愕然! ロシアは一度に161人を拘束・連行!(朝…
  2. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝…
  3. 安全保障

    アルプス処理水はトリチウム以外も安全! 科学に基づく判断を!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!…
  5. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)
PAGE TOP