人権・民主主義

韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

昨年末に「高位公職者犯罪捜査処(公捜処)設置法」が成立し、大統領周辺の捜査は極めて難しくなった。

公捜処の人員は大統領の意向が強く反映されることになっているからだ。

さらに、1月に入ってから、韓国法務部が韓国検察の大規模な人事異動を強引に行い、チョ・ググ疑惑の追及などをこれ以上進められないように妨害した。

こうした流れによって、韓国検察は文在寅政権のもとで完全に骨抜きにされたと思われた。

だが、韓国検察はそれでもまだ意地を見せている。

釜山市副市長だったユ・ジェス氏が金融関係者から賄賂を受け取っていた疑惑について、当時大統領府民情首席秘書官だったチョ・ググ氏らの指示で、内部監査が打ち切りになったのではないかと言われている。

ユ・ジェス氏は文在寅大統領の盟友で、チョ・ググ氏の仲間だ。

だから監査打ち切りになったのではないかとの疑いが濃厚だ。

この監査打ち切りが不法なものだったとして、ソウル東部地検がチョ・ググ氏を在宅起訴したのだ。

在宅起訴になったのは、以前にもチョ・ググ氏の逮捕状を検察は請求したのだが、証拠隠滅や逃亡の恐れがないため逮捕の必要は認められないとして、裁判所から請求を却下されたからだ。

要するに、裁判所も文在寅派になっているのである。

それでもこの在宅起訴は、まさに韓国検察の意地だ。

というのは、政権に近い立場のチョ・ググ氏を起訴などすれば、後で文在寅政権が公捜処を利用して報復を加える恐れが高いのだ。

「お前たちは証拠もしっかり固まっていないのに、チョ・ググ氏を起訴したのはけしからん。検察官は公捜処が捜査できる対象にあたるから、いい加減な起訴を行った罪で、お前らを取り締まる」なんてことができてしまう恐れが高い。

その点で、今回の在宅起訴は、韓国検察にとって非常にリスクの高いものであり、よくここまで抵抗したと言えるものだ。

韓国検察の努力が実ることを願っているが、現実の政治の動きでは敗北する可能性が高そうだ。

その中でも意地を見せたことは、高く評価したい。

と同時に、こういう勢力がおそらく報われないだろうというのが、実に悲しい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる朝鮮日報の社説
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/17/2020011780203.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  2. 人権・民主主義

    中国の清華大学の教授が、習近平体制を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!清華…

  3. 安全保障

    韓国が中国の核の傘の下に入ることを検討か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!韓国の…

  4. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Fa…

  5. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 豊)

    モスクワ市議会選挙では、反体制派の立候補が妨害されるという事態…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ステルス戦闘機F35A 国内組み立て継続へ! 当たり前だろ!(朝香 豊)
  2. 経済

    韓国の建設会社の28%が利払い不能状態に!(朝香 豊)
  3. 未分類

    邦人が帰国でトラブル! 原因は厚労省のガラパゴス対応!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港理工大学に警察隊が突入! 医療スタッフも負傷者も逮捕!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    究極の逆転劇(修正版)! トランプ勝利への道2!(朝香 豊)
PAGE TOP