安全保障

突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカが突然ヒューストンの中国総領事館の72時間以内の撤収を要求した事件の背景が、だんだんわかってきた。

この領事館は、単なる数多くある在外公館の1つとかではなくて、アメリカにおける中国のインテリジェンス活動の中心地の位置づけが与えられていたようだ。

アメリカの東アジア担当の国務次官補であるスティルウェル氏は、この領事館はアメリカ政府を転覆させる活動に長年従事してきたのであり、中国を戦いで勝利させるためのあらゆる活動を行う司令塔なのだと語った。

中国共産党政府がアンティファなどの反米団体に資金援助などの後方支援を行い、アメリカに大きな混乱をもたらしたことも確認した。

また、人民解放軍所属といった身分を隠して留学生として忍び込ませ、技術窃盗をどんどん進めることもやってきた。

発覚した1つの事件だけで、10億ドルの技術窃盗に相当するものが見つかったともいう。

ここ半年ほどの間、こうした窃盗が加速化していることもスティルウェル国務次官補は述べた。

また、スパイ活動を行っていたと見られる中国人を無事にチャーター機に乗せて本国に送り返すために、領事館職員3人がヒューストン空港で偽の身分証明書を使わせていたことが発覚し、現行犯逮捕したようだ。

なお、領事館職員3人のうち1人は総領事だ。

ミシシッピ州のブライアント州知事(当時)に対して、台湾を訪問すれば、中国は同州での投資計画を全部取り消すことになると、同領事館が脅したことも発覚している。

また、エクソン・モービルは南シナ海でベトナムと油田開発を進めているが、この開発事業への妨害工作もこの領事館を拠点に行われていた。

なお、中国の領事館絡みでは、ニューヨークやサンフランシスコの領事館でも様々な悪事が発覚している。

アメリカが中国に本気で怒ったのは間違いない。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事
https://www.scmp.com/news/world/united-states-canada/article/3094315/beijings-consulate-houston-epicentre-research-theft
ネタ元のBreitbartの記事
https://www.breitbart.com/news/china-says-us-orders-it-to-close-its-consulate-in-houston/
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59991.html
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59960.html
Taiwan Newsからの引用画像(スティルウェル)
https://tnimage.s3.hicloud.net.tw/photos/2019/12/04/1575430411-5de7290b4a7fb.jpg
Yahoo!Newsからの引用画像(ANTIFA)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200601-00010004-huffpost-000-2-view.jpg
Wikimediaからの引用画像(SPYロゴ)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/03/Spy_Circle_Logo.jpg
Wikimediaからの引用画像(海底油田)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/81/PlatformHolly.jpg/
Transport Topicsからの引用画像(ヒューストン空港)
https://h7f7z2r7.stackpathcdn.com/sites/default/files/images/articles/houston-airport-ap.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  2. 安全保障

    米中の軍事的緊張は急激に高まっている! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  3. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?

    「辞めさせてもらえるなら、辞めて謝罪したい」、「行政長官は…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    韓国検察、大統領弾劾へ一歩踏み出したか?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカの要人が相次いで中国を非難! 民主党出身のペロシ下院議長も!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    新型コロナウイルス人工説! 台湾大学教授も!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国で教会の十戒が削除され、習近平の言葉に差し替えられている! (朝香 豊)
  5. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)
PAGE TOP