安全保障

突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカが突然ヒューストンの中国総領事館の72時間以内の撤収を要求した事件の背景が、だんだんわかってきた。

この領事館は、単なる数多くある在外公館の1つとかではなくて、アメリカにおける中国のインテリジェンス活動の中心地の位置づけが与えられていたようだ。

アメリカの東アジア担当の国務次官補であるスティルウェル氏は、この領事館はアメリカ政府を転覆させる活動に長年従事してきたのであり、中国を戦いで勝利させるためのあらゆる活動を行う司令塔なのだと語った。

中国共産党政府がアンティファなどの反米団体に資金援助などの後方支援を行い、アメリカに大きな混乱をもたらしたことも確認した。

また、人民解放軍所属といった身分を隠して留学生として忍び込ませ、技術窃盗をどんどん進めることもやってきた。

発覚した1つの事件だけで、10億ドルの技術窃盗に相当するものが見つかったともいう。

ここ半年ほどの間、こうした窃盗が加速化していることもスティルウェル国務次官補は述べた。

また、スパイ活動を行っていたと見られる中国人を無事にチャーター機に乗せて本国に送り返すために、領事館職員3人がヒューストン空港で偽の身分証明書を使わせていたことが発覚し、現行犯逮捕したようだ。

なお、領事館職員3人のうち1人は総領事だ。

ミシシッピ州のブライアント州知事(当時)に対して、台湾を訪問すれば、中国は同州での投資計画を全部取り消すことになると、同領事館が脅したことも発覚している。

また、エクソン・モービルは南シナ海でベトナムと油田開発を進めているが、この開発事業への妨害工作もこの領事館を拠点に行われていた。

なお、中国の領事館絡みでは、ニューヨークやサンフランシスコの領事館でも様々な悪事が発覚している。

アメリカが中国に本気で怒ったのは間違いない。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事
https://www.scmp.com/news/world/united-states-canada/article/3094315/beijings-consulate-houston-epicentre-research-theft
ネタ元のBreitbartの記事
https://www.breitbart.com/news/china-says-us-orders-it-to-close-its-consulate-in-houston/
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59991.html
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59960.html
Taiwan Newsからの引用画像(スティルウェル)
https://tnimage.s3.hicloud.net.tw/photos/2019/12/04/1575430411-5de7290b4a7fb.jpg
Yahoo!Newsからの引用画像(ANTIFA)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200601-00010004-huffpost-000-2-view.jpg
Wikimediaからの引用画像(SPYロゴ)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/03/Spy_Circle_Logo.jpg
Wikimediaからの引用画像(海底油田)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/81/PlatformHolly.jpg/
Transport Topicsからの引用画像(ヒューストン空港)
https://h7f7z2r7.stackpathcdn.com/sites/default/files/images/articles/houston-airport-ap.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 安全保障

    WHOがようやく緊急事態宣言! 日本政府は即座に中国からの渡航禁止を行え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  3. 安全保障

    存在感が増す台湾! 新型コロナウイルス対策で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    中国共産党のネット検閲システムを破壊する計画 !? トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ホワ…

  5. 安全保障

    台湾で新型肺炎で特別法制定! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?
  5. 人権・民主主義

    情報公開のあり方を、抜本的に変えよう! 武漢肺炎で台湾に学べ!(朝香 豊)
PAGE TOP