安全保障

突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカが突然ヒューストンの中国総領事館の72時間以内の撤収を要求した事件の背景が、だんだんわかってきた。

この領事館は、単なる数多くある在外公館の1つとかではなくて、アメリカにおける中国のインテリジェンス活動の中心地の位置づけが与えられていたようだ。

アメリカの東アジア担当の国務次官補であるスティルウェル氏は、この領事館はアメリカ政府を転覆させる活動に長年従事してきたのであり、中国を戦いで勝利させるためのあらゆる活動を行う司令塔なのだと語った。

中国共産党政府がアンティファなどの反米団体に資金援助などの後方支援を行い、アメリカに大きな混乱をもたらしたことも確認した。

また、人民解放軍所属といった身分を隠して留学生として忍び込ませ、技術窃盗をどんどん進めることもやってきた。

発覚した1つの事件だけで、10億ドルの技術窃盗に相当するものが見つかったともいう。

ここ半年ほどの間、こうした窃盗が加速化していることもスティルウェル国務次官補は述べた。

また、スパイ活動を行っていたと見られる中国人を無事にチャーター機に乗せて本国に送り返すために、領事館職員3人がヒューストン空港で偽の身分証明書を使わせていたことが発覚し、現行犯逮捕したようだ。

なお、領事館職員3人のうち1人は総領事だ。

ミシシッピ州のブライアント州知事(当時)に対して、台湾を訪問すれば、中国は同州での投資計画を全部取り消すことになると、同領事館が脅したことも発覚している。

また、エクソン・モービルは南シナ海でベトナムと油田開発を進めているが、この開発事業への妨害工作もこの領事館を拠点に行われていた。

なお、中国の領事館絡みでは、ニューヨークやサンフランシスコの領事館でも様々な悪事が発覚している。

アメリカが中国に本気で怒ったのは間違いない。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事
https://www.scmp.com/news/world/united-states-canada/article/3094315/beijings-consulate-houston-epicentre-research-theft
ネタ元のBreitbartの記事
https://www.breitbart.com/news/china-says-us-orders-it-to-close-its-consulate-in-houston/
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59991.html
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59960.html
Taiwan Newsからの引用画像(スティルウェル)
https://tnimage.s3.hicloud.net.tw/photos/2019/12/04/1575430411-5de7290b4a7fb.jpg
Yahoo!Newsからの引用画像(ANTIFA)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200601-00010004-huffpost-000-2-view.jpg
Wikimediaからの引用画像(SPYロゴ)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/03/Spy_Circle_Logo.jpg
Wikimediaからの引用画像(海底油田)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/81/PlatformHolly.jpg/
Transport Topicsからの引用画像(ヒューストン空港)
https://h7f7z2r7.stackpathcdn.com/sites/default/files/images/articles/houston-airport-ap.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  2. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  4. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    「北ミサイルは韓国への挑発ではない」 韓国国防相が発言! (朝香 豊)

    韓国と北朝鮮は1年前に両国の緊張緩和を進めるために「9・19軍…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)
  3. 未分類

    新型コロナウイルスで大打撃を受ける韓国産業!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国政府が安価な賃貸住宅を供給する意向を示す! バブル潰しにさらに一歩進める!(…
  5. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)
PAGE TOP