安全保障

突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカが突然ヒューストンの中国総領事館の72時間以内の撤収を要求した事件の背景が、だんだんわかってきた。

この領事館は、単なる数多くある在外公館の1つとかではなくて、アメリカにおける中国のインテリジェンス活動の中心地の位置づけが与えられていたようだ。

アメリカの東アジア担当の国務次官補であるスティルウェル氏は、この領事館はアメリカ政府を転覆させる活動に長年従事してきたのであり、中国を戦いで勝利させるためのあらゆる活動を行う司令塔なのだと語った。

中国共産党政府がアンティファなどの反米団体に資金援助などの後方支援を行い、アメリカに大きな混乱をもたらしたことも確認した。

また、人民解放軍所属といった身分を隠して留学生として忍び込ませ、技術窃盗をどんどん進めることもやってきた。

発覚した1つの事件だけで、10億ドルの技術窃盗に相当するものが見つかったともいう。

ここ半年ほどの間、こうした窃盗が加速化していることもスティルウェル国務次官補は述べた。

また、スパイ活動を行っていたと見られる中国人を無事にチャーター機に乗せて本国に送り返すために、領事館職員3人がヒューストン空港で偽の身分証明書を使わせていたことが発覚し、現行犯逮捕したようだ。

なお、領事館職員3人のうち1人は総領事だ。

ミシシッピ州のブライアント州知事(当時)に対して、台湾を訪問すれば、中国は同州での投資計画を全部取り消すことになると、同領事館が脅したことも発覚している。

また、エクソン・モービルは南シナ海でベトナムと油田開発を進めているが、この開発事業への妨害工作もこの領事館を拠点に行われていた。

なお、中国の領事館絡みでは、ニューヨークやサンフランシスコの領事館でも様々な悪事が発覚している。

アメリカが中国に本気で怒ったのは間違いない。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事
https://www.scmp.com/news/world/united-states-canada/article/3094315/beijings-consulate-houston-epicentre-research-theft
ネタ元のBreitbartの記事
https://www.breitbart.com/news/china-says-us-orders-it-to-close-its-consulate-in-houston/
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59991.html
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59960.html
Taiwan Newsからの引用画像(スティルウェル)
https://tnimage.s3.hicloud.net.tw/photos/2019/12/04/1575430411-5de7290b4a7fb.jpg
Yahoo!Newsからの引用画像(ANTIFA)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200601-00010004-huffpost-000-2-view.jpg
Wikimediaからの引用画像(SPYロゴ)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/03/Spy_Circle_Logo.jpg
Wikimediaからの引用画像(海底油田)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/81/PlatformHolly.jpg/
Transport Topicsからの引用画像(ヒューストン空港)
https://h7f7z2r7.stackpathcdn.com/sites/default/files/images/articles/houston-airport-ap.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    韓国が福島の食材にまたイチャモンをつける! 

    東京パラリンピックに参加予定の各国・地域の国内パラリンピック委…

  2. 道理

    北朝鮮に風船ビラを飛ばした団体の法人許可取り消し! 文在寅政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 道理

    外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!管政…

  4. 道理

    NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り! (朝香 豊)

    実際ビジネスとして成立しているのかさえ怪しい、家族や友人などの…

  5. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 豊)

    中国の地方政府の中には、住宅の販売価格を値下げしないように要求…

  6. 人権・民主主義

    中国で教会の十戒が削除され、習近平の言葉に差し替えられている! (朝香 豊)

    中国において教会は、中国共産党の指導によって、キリスト教の教え…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米大統領、サウジ攻撃への報復示唆! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 …
  3. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    重大事態! 南シナ海で原潜爆発か! (朝香 豊)
PAGE TOP