安全保障

2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハーバード大学のキスラー氏らの研究チームは、一度限りの都市封鎖では新型コロナウイルスの感染を止めることができず、病院がこれに対処できるようにしながらやっていくには、断続的な都市封鎖を2022年までやっていくことが必要になるのではないかという研究結果を公表した。

都市封鎖は感染拡大の阻止に非常に強力な手段ではあるが、都市封鎖中は集団免疫がほとんどできないため、断続的に何度も実施する必要があるということを指摘している。

断続的であるにせよ、私たちはそれほど長期間に渡って、都市封鎖などの処置を受け入れていくことはできるのだろうか。

ここはきちんと問うべき問題である。

そして私たちにとってさらに衝撃的な指摘が出てきた。

新型コロナウイルスの場合には、一度感染した人の免疫の強度と持続期間が現時点ではほとんど分かっていないが、近縁種である他のコロナウイルスから推測すれば、持続期間は最長で1年前後である可能性が高いのではないかというのである。

これは研究結果として判明したというわけではなく、あくまでもこれまでのコロナウイルスの免疫の持続時間からの類推でしかない。

それでも、その可能性が大いにあるということを頭に置いた上で、我々は対策を考えなくてはならないだろう。

こうなると、頼みの綱はワクチンで、ワクチンを毎年1回か2回接種する必要性が高いということになる。

とすれば、日本政府は1ヶ月で1億人分のワクチンが生産できるようなプラントの建設に、現段階で着手すべきではないだろうか。

生産すべきワクチンが確定したら、即座に生産が開始できるようにするためだ。

日本人が必要としない分については、当然ながら海外への輸出にあてることになる。

もちろん、生涯免疫が獲得されるのであれば、これは過剰設備になる。

だから、民間が投資するにはリスクが大きすぎるから、国が主導すべきだろう。

であるなら、活力を失っている地方において、地元経済を活性化させる起爆剤として活用することもできる。

こうした対策も考えていくべきではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3278652?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    カナダ裁判所がファーウェイCFOの主張を却下! 中国がカナダに「報復」示唆!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  2. 経済

    外国資本が韓国を見限って続々撤退へ!(朝香 豊)

    外国資本の韓国脱出が相次いでいる。この2年間にゴールド…

  3. 安全保障

    金与正氏が韓国に悪罵! 文政権はまたも従北対応!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!3月…

  4. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

  5. 安全保障

    北のミサイル実験は問題ないと言い、北への宥和的姿勢を隠さなくなった韓国政府

    韓国の北朝鮮への宥和姿勢が再び明らかになった。韓国のイ…

  6. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    さらに5カ国がイスラエルとの国交正常化へ! 明らかに変わる中東の力学!(朝香 豊…
  2. 外交

    韓国がWTOに日本提訴! 日本は迎え撃て! (朝香 豊)
  3. 未分類

    中国は人口統計もごまかしていた! すでに人口減少か?(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)
  5. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)
PAGE TOP