安全保障

米国務省の高官4人が続々韓国入り! 文政権に厳しい要求を突きつける!(朝香 豊)

米国務省のクラック次官、スティルウェル次官補、ナッパー副次官補、ディハート防衛費分担交渉主席代表の4人が、ほぼ同時に韓国入りした。こんなことは異例中の異例のことだ。

当然ながら、アメリカと韓国の間にある山積みとなった懸案を解決するためである。

アメリカは、1)韓国が負担する防衛費分担金の増額、2)日韓GSOMIA破棄の取りやめ、3)ファーウェイ不使用など中国けん制への参加などを要求するものと見られている。

防衛費分担金の増額問題を担当するディハート氏は3泊4日の滞在予定だ。韓国側の主席代表を務める鄭恩甫とも当然会うことになるが、国会関係者、メディア関係者、在韓米軍関係者などにも精力的に会い、文政権を包囲する工作を行うとも言われている。

スティルウェル氏は、日韓GSOMIAを維持するよう韓国を説得するために2泊3日を費やす。

クラック次官とナッパー副次官補は、韓国政府が打ち出している新南方政策と米国のインド・太平洋戦略を連携させ、中国に対する牽制でアメリカ側に加わるように説得するものと見られている。

国内からも激しい反発が起こっている文在寅政権が、この強力なアメリカの圧力にどのように出ることになるのか、見ものだ。

これの元ネタとなる朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/06/2019110680064.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    健全なオーストラリア国民の対中意識! 日本政府はここから学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  2. 安全保障

    習近平が本気でブロックチェーンとデジタル人民元に取り組む方針を表明! (朝香 豊)

    習近平は中国共産党中央委員会のある会議で、「ブロックチェーンを…

  3. 安全保障

    近づく台湾有事! 日本の防衛力強化は待ったなし!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    バイデン政権が打ち出した総額2兆ドル(220兆円)の大型投資! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    TikTokなどの中国アプリの利用制限! 自民党が提言へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!動画…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    WHOを追い詰める、アメリカ・台湾連合! メールの全文公開!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国政府相手にコンサルタント! ハンター・バイデン設立のソーントン・グループ!(…
  4. 人権・民主主義

    台湾で香港を支持する5万人集会! 香港に自由を! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    バチカンと中国政府との合意により、中国にいるカトリックへの迫害が強化されている!…
PAGE TOP