安全保障

米国務省の高官4人が続々韓国入り! 文政権に厳しい要求を突きつける!(朝香 豊)

米国務省のクラック次官、スティルウェル次官補、ナッパー副次官補、ディハート防衛費分担交渉主席代表の4人が、ほぼ同時に韓国入りした。こんなことは異例中の異例のことだ。

当然ながら、アメリカと韓国の間にある山積みとなった懸案を解決するためである。

アメリカは、1)韓国が負担する防衛費分担金の増額、2)日韓GSOMIA破棄の取りやめ、3)ファーウェイ不使用など中国けん制への参加などを要求するものと見られている。

防衛費分担金の増額問題を担当するディハート氏は3泊4日の滞在予定だ。韓国側の主席代表を務める鄭恩甫とも当然会うことになるが、国会関係者、メディア関係者、在韓米軍関係者などにも精力的に会い、文政権を包囲する工作を行うとも言われている。

スティルウェル氏は、日韓GSOMIAを維持するよう韓国を説得するために2泊3日を費やす。

クラック次官とナッパー副次官補は、韓国政府が打ち出している新南方政策と米国のインド・太平洋戦略を連携させ、中国に対する牽制でアメリカ側に加わるように説得するものと見られている。

国内からも激しい反発が起こっている文在寅政権が、この強力なアメリカの圧力にどのように出ることになるのか、見ものだ。

これの元ネタとなる朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/06/2019110680064.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    ソフトバンクに打撃! AI技術の米国から中国への持ち出しはダメ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

  3. 安全保障

    日本旅行のタイ人が新型肺炎に感染! 日本の後手後手対応の帰結!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  4. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

    中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」とい…

  5. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    バチカンと中国政府との合意により、中国にいるカトリックへの迫害が強化されている!…
  2. 道理

    北朝鮮との試合で平壌に向かった韓国選手がかわいそう! 何も言えない文在寅政権は危…
  3. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)
  4. 外交

    19世紀のドイツ製地図に竹島の日本領記載確認!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)
PAGE TOP