安全保障

中国がフランスを貶めるコラムを掲載! フランスが大反発!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

在仏中国大使館は「歪曲された事実を正す―中国大使館外交官による新型コロナウイルス肺炎流行に関する考察」と題したコラム記事をネット上に掲載した。

このコラムで中国は、「フランスの老人ホームで感染症が発生し、スタッフが一斉に逃げ出し、多くの高齢者を放置して死亡させた」「政府幹部が公金で購入した医療用品を企業に転売し、利益を得ている」「集団免疫を得るために一般市民を犠牲にしている」と述べ、フランスを貶めた。

さらに、「中国政府の対応を高く評価した」世界保健機関(WHO)が、欧米からの批判の矢面に立たされとして、WHO擁護の動きを露骨に示した。

コラムはまた、テドロス事務局長への個人攻撃が始まったとし、台湾はテドロス氏を『ニグロ』と差別的に呼んだのだというデマも流した。

そのうえで、台湾のWHO加盟問題に関し、約80人の仏国会議員が支持の文書に署名していることを取り上げ、「この80人の国会議員は、どう思っているのだろうか」との、挑発的な攻撃を行った。

この件については、台湾政府はテドロス氏の批判は事実に基づいたものではないと反論し、ここから始まった台湾とWHOとの応酬の中で、昨年末に「人から人への感染」があることを示すメールを台湾がWHOに送っていたことを公開するという流れになったわけだ。

さて、フランスは不足する医療物資を中国に頼っている状態だ。

このため、中国に対して言いたいことがあっても、フランス政府は控えめな反応に留めていた。

だが、中国がフランスのプライドを平気で傷つける対応に出ていることには、さすがにフランス人の反発は強まらざるをえない。

フランスのドリアン外務大臣は中国大使を呼び出して、フランスの防疫に数多くの問題があるとするコラムに異議を申し立て、両国の友好関係を維持するように求めたが、この発言が弱すぎるとの批判が国内からは浴びせられている。

ここで冷静に考えたいのだが、この中国の動きはいくらなんでもアホすぎないだろうかということだ。

いくら中国が自分たちのメンツの国で、他国のことをあまり考えないとしても、こんなことをやってフランス人から総スカンを食らうことも計算できないとは思えない。

このフランス批判を行っているのは、中国のネチズンではなく、中国大使館なのだ。

私は、反習近平派が習近平路線に従っているように見せかけながら、反習近平の声が世界で高まるように仕向ける工作なのではないかと、疑っている。

26日から開かれる全人代常務委員会での、習近平解任動議の布石ではないだろうか。

ことの真偽はともあれ、世界各国で反中国共産党意識が高まるのは、望ましいことだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/04/55079.html
画像はウィキメディアから引用
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ac/France_China_Locator.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    武漢市が新型コロナウイルス発生の模擬演習をしていた! これが偶然か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  2. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  4. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    おっとビックリ! 尖閣列島に米軍基地構想!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)
  5. Featured Video Play Icon

    道理

    N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
PAGE TOP