安全保障

新型コロナウイルスははやり人造か? 新たな疑惑が提起される!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスはやはり人造だったのではないかとの疑いを提出する研究が、オーストラリアで発表された。

この研究の着目点はユニークだ。

新型コロナウイルスは宿主の細胞の表面に発現しているACE2(アンジオテンシン変換酵素2)のレセプターに取り付く形で感染することが知られている。

人間の細胞の場合にはこのACE2のレセプターは肺だけでなく、消化管、腎臓、心臓、血管にも幅広く発現しており、新型コロナウイルスが肺炎以外の病気も引き起こすことはよく知られている。

新型コロナウイルスに感染した人が街中で突然倒れるショッキングな映像が一時期よく出回ったが、あれは心臓の細胞のACE2レセプターに取り付いた新型コロナウイルスが引き起こしたものだ。

オーストラリアのフリンダース大学のペトロフスキー教授は、新型コロナウイルスとACE2レセプターとの結びつきの強度を調べるというユニークな実験の結果として、このウイルスが人為的に改変された疑いが強いことを示した。

ACE2は人間だけでなく、動物にも広く存在している。

もともと新型コロナウイルスはコウモリを宿主としていたものが、何らかの中間宿主を通じて、人間にも感染するように変異したとされる。

そうであれば、もともとの自然宿主であるコウモリや中間宿主となる動物の持つACE2レセプターとの結合性は、人間のACE2レセプターとの結合性よりも高いはずだ。

ペトロフスキー教授は、コンピューターモデルを適用して、新型コロナウイルスと様々な動物のACE2レセプターとの結合しやすさをシミュレーションしてみた。

その結果として、自然宿主とされているコウモリよりも、また中間宿主の可能性が指摘された他のどんな動物よりも、人間の方が新型コロナウイルスに感染しやすいことを突き止めた。

これは自然宿主とされたコウモリのウイルスを人為的に改造して人間に感染しやすいものへと改変したものであるか、偶然中の偶然(remarkable coincidence)によらないと説明できないことになる。

なお、この論文は未だに査読中であり、科学の世界ではまだ確立された見解とはなっていないが、実に興味深い。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Weekの記事
https://www.theweek.in/news/sci-tech/2020/05/20/Novel-coronavirus-is-human-made-says-Australia-study.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 安全保障

    中国からの国内回帰の補助金は競争率11倍! 選別せずに全部戻せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!サイ…

  3. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!レコ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    鳩山元首相「韓国で安倍政権は北朝鮮以上の独裁政権との噂」を聞いた! 頭大丈夫?(…
  2. 道理

    ジャパンライフから朝日新聞元幹部が多額の顧問料を受領していた!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国、春節休暇をさらに延長! 経済はさらにダメージ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    トランプ陣営への不当な盗聴! FBI機密文書公開でより明確に!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    トランプ大統領署名で、「香港人権・民主主義法」が成立! 香港、大盛り上がり!(朝…
PAGE TOP