安全保障

新型コロナウイルスははやり人造か? 新たな疑惑が提起される!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスはやはり人造だったのではないかとの疑いを提出する研究が、オーストラリアで発表された。

この研究の着目点はユニークだ。

新型コロナウイルスは宿主の細胞の表面に発現しているACE2(アンジオテンシン変換酵素2)のレセプターに取り付く形で感染することが知られている。

人間の細胞の場合にはこのACE2のレセプターは肺だけでなく、消化管、腎臓、心臓、血管にも幅広く発現しており、新型コロナウイルスが肺炎以外の病気も引き起こすことはよく知られている。

新型コロナウイルスに感染した人が街中で突然倒れるショッキングな映像が一時期よく出回ったが、あれは心臓の細胞のACE2レセプターに取り付いた新型コロナウイルスが引き起こしたものだ。

オーストラリアのフリンダース大学のペトロフスキー教授は、新型コロナウイルスとACE2レセプターとの結びつきの強度を調べるというユニークな実験の結果として、このウイルスが人為的に改変された疑いが強いことを示した。

ACE2は人間だけでなく、動物にも広く存在している。

もともと新型コロナウイルスはコウモリを宿主としていたものが、何らかの中間宿主を通じて、人間にも感染するように変異したとされる。

そうであれば、もともとの自然宿主であるコウモリや中間宿主となる動物の持つACE2レセプターとの結合性は、人間のACE2レセプターとの結合性よりも高いはずだ。

ペトロフスキー教授は、コンピューターモデルを適用して、新型コロナウイルスと様々な動物のACE2レセプターとの結合しやすさをシミュレーションしてみた。

その結果として、自然宿主とされているコウモリよりも、また中間宿主の可能性が指摘された他のどんな動物よりも、人間の方が新型コロナウイルスに感染しやすいことを突き止めた。

これは自然宿主とされたコウモリのウイルスを人為的に改造して人間に感染しやすいものへと改変したものであるか、偶然中の偶然(remarkable coincidence)によらないと説明できないことになる。

なお、この論文は未だに査読中であり、科学の世界ではまだ確立された見解とはなっていないが、実に興味深い。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Weekの記事
https://www.theweek.in/news/sci-tech/2020/05/20/Novel-coronavirus-is-human-made-says-Australia-study.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 経済

    中国の賃金未払い問題が地方政府レベルでも広がる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)

    アメリカ大統領選で民主党最有力候補とされるジョー・バイデン氏。…

  4. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    北朝鮮がFacebookなどを通じて、日本などの選挙にも介入か? (朝香 豊)

    VOA(ボイス・オブ・アメリカ)の報道によると、英国オックスフ…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    サイバーセキュリティの国際組織がファーウェイの会員資格を一時停止へ! (朝香 豊…
  3. 安全保障

    中国共産党のネット検閲システムを破壊する計画 !? トランプ政権!(朝香 豊)
  4. 道理

    ウイグル自治区の「職業訓練校」が、世銀融資を使ってとんでもないものを購入していた…
  5. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)…
PAGE TOP