人権・民主主義

大統領選挙の疑惑は深まった! アリゾナ州マリコパ郡の監査結果!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アリゾナ州のマリコパ郡の選挙監査結果が出た。この選挙監査結果については、日本ではアメリカの主要メディアが報道している内容をそのままに報じているだけで、大いに誤解を与えるものとなっている。

報道によれば、監査を行ったのはサイバー・ニンジャスというトランプ支持者が運営する企業であるのに、同郡に提出された監査結果では、バイデン氏とトランプ氏の票差は公式結果よりも360票拡大した形となっただけに終わったとされている。従って大規模な不正がなかったことがトランプ支持者の手で明らかにされたものだと報じられているのである。だがこれは、不正票も存在するのを黙認した上で、機械集計と手作業集計で数えただけのものにすぎず、問題の本質に切り込んでいない。

今回の監査では少なくとも57734票の投票に深刻な問題があることが指摘されている。「少なくとも」というのは監査にはいろいろな制約が課されているため、十全な監査ができたわけではないからだ。なお、トランプとバイデンの票差は10457票とされていたので、実にその5倍にのぼる不正票が存在したわけである。

これらの中には、同一の人間が2つのIDを持っていて2度投票しているとか、引っ越し後の住所だけでなく引越し前の住所からも投票して2度投票しているとか、死んだ方の名前で投票用紙が送られてきているのでそれで投票を行なっているとか、住民台帳に住所がない人からの投票があるとか、署名欄が空白でありながら有効票として郵便投票が認められていたとか、実際には投票していない人が郵便投票によって投票を受け付けられているとか、投票期限を過ぎた後から投票された票があるとか、いろんなケースがある。

さらに投票集計に使った機械から監査が開始される直前にファイルが消されていることもわかっている。消されたフォルダの数は9571個であり、ファイルの数は100万個以上に及ぶ。投票集計機はインターネットに接続されていないはずなのに、なぜかサウスカロライナ州とワシントン州から投票集計機にアクセスがあったこともわかっている。

アメリカには日本のような住民登録制度がない。さらに今回郵便投票を大きく拡充したことで本人確認が甘くなり、今まで以上に不正がやりやすくなった。それなのに、今アメリカではさらに不正投票がやりやすくできるような法律が制定されようとしている。どんどんおかしな方向に動いているわけだ。

こうした監査結果を受けて、アリゾナ州のファン上院議長はさらに調査をするために有権者の個別訪問を行う必要があるとし、ブルノビッチ州司法長官も犯罪捜査を行う旨の発言を行なった。

イギリスの有力紙のタイムズも今回のマリコパ郡の監査結果を受けて、「トランプは正しかった。選挙は不正だった」というロブ・リドル氏の記事を掲載した。

「アメリカ人は自分たちを率いているのが、無能で悪質で痴呆症にかかったおバカさんなのだという事実に、徐々に気づいてきている」「やがて人々はもっと不愉快で悪辣なことに目覚めるだろう。すなわちあの大統領選挙が大企業、労働組合、そしてそれ以上にメディア、IT企業によって仕組まれた不正であったということだ」「あの選挙が他の国で行われていたら自由でないとされる。もっともっと証拠が上がる中で、同じことがイギリスでも起こりうるんじゃないかと思うとゾッとする」と、リドル氏は書いている。

リドル氏は選挙以外にも話を広げているのだが、それは割愛する。

とにかく、日米の主要メディアの主張とは違って、この件では却って多くの疑惑が明らかになったというのが実際である。

最後に、日本と行政単位が違うので、日本の「郡」のイメージでマリコパ郡を捉えると間違うことを指摘しておく。マリコパ郡には同州最大の都市フェニックスも含まれ、人口は450万人ほどに達する。アリゾナ州全体の人口が730万人ほどなので、同州全体の2/3くらいの人口がここに集中している。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

発覚し始めた不正の数々! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/5260

民主党候補には35000票の嵩上げ! 大統領選挙だけではない!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/5349

ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/5578

アリゾナ州議会の主張が認められる! マリコパ郡の選挙不正疑惑!(朝香豊)


https://nippon-saikou.com/5816

州議会の指示なく動かされた投票用紙! 怪しいマリコパ郡の動き!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/5848

ニューハンプシャー州で投票の機械集計の問題が表面化! 意外なカラクリが関係していた!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6221

www.thetimes.co.ukの記事
https://www.thetimes.co.uk/article/so-trump-was-right-the-election-was-rigged-and-our-next-one-will-be-too-n0x3lv7fv
conservativebrief.comの記事
https://conservativebrief.com/major-british-51976/
news.yahoo.co.jpの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/8acfdb91dc05d75dc05b831abf86b3e42fc8dfd0
投票監査の画像
https://www.kawc.org/sites/kawc/files/styles/x_large/public/202011/ballot_counting.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    狂気の中国! 習近平氏への「忠誠心」テストで落第点だと、記者証剥奪する! (朝香 豊)

    中国は中国メディアの記者や編集者に対して、習近平国家主席の政治…

  2. 人権・民主主義

    香港 デモ参加者のマスク禁止へ!(朝香 豊)

    香港では、「緊急事態または公共の安全に危害が及ぶ事態」と判断し…

  3. 人権・民主主義

    参議院の委員会で中国の人権問題が取り上げられる! 臓器狩りも!(朝香 豊)

    山田宏・参議院議員は、外交防衛委員会で政府に中国の人権問題を取…

  4. 道理

    “Let’s go Brandon”がトレンド入り! 背景にある…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)
  2. 未分類

    高市早苗氏の当選の流れが見えてきた! 自民党総裁選挙!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    陸自のヘリがレーザー照射される! 絶対許すな! (朝香 豊)
  4. 経済

    韓国で「言論懲罰法」が成立目前! 文在寅の危険な野望!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    バイデン政権が打ち出した総額2兆ドル(220兆円)の大型投資! 日本も見習え!(…
PAGE TOP