人権・民主主義

蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾総統選挙での蔡英文氏圧勝に関して、中国国営新華社通信は、蔡氏と民進党が「不正行為や抑圧、脅迫などの汚い小細工を用いて得票し、身勝手で強欲、邪悪な本性を完全に露呈した」とし、「これはどう見ても正常な選挙ではない」と酷評した。

ナンチャッテ選挙しかやっておらず、何かにつけ「不正行為や抑圧、脅迫などの汚い小細工」を常に弄している中国が、「これはどう見ても正常な選挙ではない」と酷評しているのは滑稽だ。

そもそも今回の蔡英文氏の圧勝の背景には、中国が経済面・軍事面・外交面で台湾に過激な圧力をかけて来たことに対する、台湾人の反発が強くあることを理解したほうがいいだろう。

「一国二制度」を受け入れた香港への対し方のあまりの酷さに、台湾人はとても中国との距離を縮めようとは思わなかったということも、素直に認めるべきではないだろうか。

中国共産党の機関紙の環球時報は、「中国本土が徐々に力を増す一方、台湾島が徐々に力を弱めているのは避けられない現実だ」としているが、本格的な経済破綻が始まった中国が今後急速に力を失い、それに伴って大きな社会的混乱を迎えるのが現実ではないだろうか。

その現実の中では、中国との関係を太く持っていることがそのままリスクなるのであり、むしろ中国経済とのつながりを弱めておくことが台湾の傷を深くしないための処置になると考える。

なお、これと同じことは日本にも言える。

対中政策の抜本的な転換を望みたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3263180?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 中国

    新型肺炎治療に抗HIV薬が有効か! 試用始まる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  5. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    イランではデモで死者100人超! 体制危機か?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 …
  3. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(…
  4. 経済

    ふざけた月例経済報告! 全く信用ならない!(朝香 豊)
  5. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)…
PAGE TOP