人権・民主主義

蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾総統選挙での蔡英文氏圧勝に関して、中国国営新華社通信は、蔡氏と民進党が「不正行為や抑圧、脅迫などの汚い小細工を用いて得票し、身勝手で強欲、邪悪な本性を完全に露呈した」とし、「これはどう見ても正常な選挙ではない」と酷評した。

ナンチャッテ選挙しかやっておらず、何かにつけ「不正行為や抑圧、脅迫などの汚い小細工」を常に弄している中国が、「これはどう見ても正常な選挙ではない」と酷評しているのは滑稽だ。

そもそも今回の蔡英文氏の圧勝の背景には、中国が経済面・軍事面・外交面で台湾に過激な圧力をかけて来たことに対する、台湾人の反発が強くあることを理解したほうがいいだろう。

「一国二制度」を受け入れた香港への対し方のあまりの酷さに、台湾人はとても中国との距離を縮めようとは思わなかったということも、素直に認めるべきではないだろうか。

中国共産党の機関紙の環球時報は、「中国本土が徐々に力を増す一方、台湾島が徐々に力を弱めているのは避けられない現実だ」としているが、本格的な経済破綻が始まった中国が今後急速に力を失い、それに伴って大きな社会的混乱を迎えるのが現実ではないだろうか。

その現実の中では、中国との関係を太く持っていることがそのままリスクなるのであり、むしろ中国経済とのつながりを弱めておくことが台湾の傷を深くしないための処置になると考える。

なお、これと同じことは日本にも言える。

対中政策の抜本的な転換を望みたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3263180?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  3. 安全保障

    中国がフランスを貶めるコラムを掲載! フランスが大反発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!在仏…

  4. 人権・民主主義

    次々に報告される不正選挙の実態! ミシガン州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  5. 人権・民主主義

    「慰安婦ビジネス」が明らかになった尹美香氏! 反日活動に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元慰…

  6. 人権・民主主義

    マレーシアのマハティール首相、香港行政長官に辞任を促す!(朝香 豊)

    マレーシアのマハティール首相は、香港のキャリー・ラム行政長官に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    さらに崩れている中国経済! 真実をきちんと見よう!(朝香 豊)
  2. 未分類

    メドベージェフ解任で、ロシア新首相に無名のミシュスチン氏! プーチンの思惑は?(…
  3. 安全保障

    ファーウェイがフランスに工場建設か! どうせならエリクソンを誘致したら?(朝香 …
  4. 安全保障

    韓国財界が北朝鮮に激怒! 現代グループの裏金で核開発を進めながら、用済みになると…
  5. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)…
PAGE TOP