人権・民主主義

ミネソタ州のBLM運動の創設者が脱退! BLMは黒人の生活向上に実は無関心だと非難!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

BLM運動のミネソタ州の支部の創設者であるラシャド・ターナー氏は、BLM運動から2020年の初めに離脱したことを明らかにした。「BLMについての明かされた真実」(“the truth revealed about BLM”)と題する YouTube で、彼は辞めた経緯について語った。

ターナー氏はBLM運動のことを文字通り黒人の命を大切にする組織だと信じていた。だが、組織に入って1年後に、BLMが黒人の家庭を再建することにはほとんど関心がなく、子供たちの教育状況を改善することなどさらに関心がないことがわかったのである。

ターナー氏は、それどころかBLM運動は黒人の子供たちがよりよい教育を受ける障害を作り出しているとまで述べている。

ターナー氏は2歳のときに父親が殺され、母親が自分の面倒を見ることができなかったために、祖父母の手によって育てられた。そうした中でも彼は大学院を卒業して修士号を手にした。その経験から、人生でどんなスタートを切ったとしても、ちゃんとした教育を受けられることが人生の成功につながるといい、自分はその点での生きた証拠だと彼は述べている。

不幸な家庭環境のためにまともな教育を受けられない子供たちの状況を変えて人生で成功できるようにし、黒人社会を向上させるようにするための役割を、BLMは果たしていないというのである。

ターナー氏のこの指摘は極めて重要である。BLM運動は現体制を根底からひっくり返すことが目標であり、そのために人々に現体制に対する怒りを高めさせることが運動の目的となっている。そのため本質的に黒人たちの置かれた状況を改善することには目が向いていない。

現体制の中で状況が改善してしまうと現状に対する不満が緩和され、むしろ現体制をひっくり返すことができなくなってしまう。彼らの考えではそれでは「本質的」な改善にはならないということになるわけだが、その結果として現在すぐにでも改善できることに対して、却ってネガティブに動いてしまうのである。ラディカルな反体制的運動が持つ非人間性を、我々は見落としてはならない。

またターナー氏は、アメリカに人種差別主義者がいるのは確かだが、アメリカを制度的な人種差別と白人優越の国家だというのは断じて受け入れられないという。そうではなくて、黒人などの少数派のコミュニティーを励まして教育を施し、自分自身、家族、コミュニティーの暮らしに責任を負うようにさせるべきだと主張する。

この点でのターナー氏の指摘も極めて重要である。BLM運動は「差別的な政府」の被害者・犠牲者として黒人を捉え、政府側による黒人側への扱いが悪いのが問題なのだと常に主張する。だが、最も大切なのは黒人側の自立意識であるべきだし、それを前提とした自立へのサポート体制ではないのか。それを超えた役割を政府に対して求めるべきではない。BLM運動は決して黒人を自立させようとはしていないのである。

「被害者」であることを強調することで、より大きな福祉が与えられるようになれば、黒人の自立は遠のいてしまう。黒人が犯罪を犯しても甘く対処することばかりが広がれば、犯罪に依拠して生活しようとする黒人を減らすことにはならない。むしろそのことによって黒人に対する不快感を持つ人は増え、社会の分断がなおさら進んでいくことになる。

こうした真っ当な議論が、アメリカにおいて、世界において、展開される世の中が来ることを、願ってやまない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

nypost.comの記事
https://nypost.com/2021/06/01/minneapolis-blm-leader-says-he-quit-after-learning-ugly-truth/
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/3935
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/4998
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5644
ラシュド・ターナー氏の画像
https://www.twincities.com/wp-content/uploads/2016/07/turner-rashad-2.jpg
BLM運動の画像
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2020/06/15/RTS3D8ZX-w640.JPG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私は…

  2. 人権・民主主義

    韓国の高校生の、教師の行き過ぎた偏向の訴えを、ソウル市教育庁が却下!(朝香 豊)

    ソウルの仁憲高校では、学生たちに「日本の経済侵略、反対する、反…

  3. 人権・民主主義

    パウエル弁護士のウェブサイトへのリンクをブロック! ツイッター!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米大…

  4. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!

    日本政府はこういう馬鹿げた話にもきちんと反論しようね。…

  5. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  6. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 豊)

    イラン政府が高まる反政府デモを抑えるためにインターネット通信を…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    北京オリンピックのボイコットを米国務省が提起! 日本は逃げずに賛同せよ!(朝香 …
  2. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    大阪で新たに149人感染! だが重傷者はゼロ! 進む弱毒化?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
  5. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)…
PAGE TOP