人権・民主主義

ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

ジョン・レノンの息子のショーン・レノンが、旭日旗を巡って韓国人とバトルしているが、彼の論理がなかなかよい。

「僕は君が(僕の)気分を害する権利を尊重するが、それに対する責任が僕にあるとは思わない」…その通りだ。

言論の自由を認めている以上、みんなが自由に思ったとおりに発言すれば、不愉快に感じる言論もあるのが現実だ。自分が不愉快に感じる言論があるのは仕方がないし、それは相互に尊重しあうべきだ。

過去の世代が行ったことについても、当然意見は変わるだろう。だが、前の世代が行ったことで不愉快に感じるという主張があったとしても、その行為と関わらない新しい世代が責任を感じるべきものでもないだろう。

私たちがともに未来志向を持つならば、今後お互いを傷つけ合わないことに焦点を向けるべきである。その際に、過去の世代が行ったことについて責任を感じろというのは、その邪魔にしかならない。彼が言いたいのはこういうことだろう。

彼はまた、ドイツでハーケンクロイツが法律で禁じられているのは、アメリカのように表現の自由が保障されていないためだとし、こういう法律はないほうがいいと暗にほのめかしている。

これまた全くそのとおりで、過去の歴史から我々が学ぼうとするなら、封印するものなどあってはならないだろう。

ナチスやヒトラーに対する評価も、ステレオタイプで定められたもの以外は認めないのであれば、それは学問の停滞を意味する。

ショーン・レノンと戦っている韓国民は、1)自分たちの先祖が日本に不当にいじめられたという解釈を持っており、2)その解釈は絶対的なもので変更などありえず、3)新世代であっても日本人なら責任を感じるべきものだという立場に立っている。だが、それは日本と韓国がともに未来志向で助け合うのを妨げる役割しか果たさない。

こういう視点で日韓関係を捉えたいものだ。

これに関連するレコードチャイナの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    イランではデモで死者100人超! 体制危機か?(朝香 豊)

    国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは、イランでのガ…

  2. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    韓国でチョ・グク支持派のデモが150万人規模で開かれた!? (朝香 豊)

    韓国で、チョ・グク法相を支持する大規模デモが開かれた。…

  4. 人権・民主主義

    ポンペオ国務長官 香港について、市民の懸念に明確な措置必要! (朝香 豊)

    ポンペオ米国務長官は、反政府抗議デモが続く香港について、アメリ…

  5. 人権・民主主義

    情報公開のあり方を、抜本的に変えよう! 武漢肺炎で台湾に学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    出生率が0.92まで低下! 大丈夫か、韓国!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国軍と関わる企業リストの作成を、超党派の米議員が要請! アメリカは強い! (朝…
  4. 安全保障

    コロナの発症は武漢の研究所! 亡命研究者たちが証言しているとバノン氏!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?
PAGE TOP