人権・民主主義

ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

ジョン・レノンの息子のショーン・レノンが、旭日旗を巡って韓国人とバトルしているが、彼の論理がなかなかよい。

「僕は君が(僕の)気分を害する権利を尊重するが、それに対する責任が僕にあるとは思わない」…その通りだ。

言論の自由を認めている以上、みんなが自由に思ったとおりに発言すれば、不愉快に感じる言論もあるのが現実だ。自分が不愉快に感じる言論があるのは仕方がないし、それは相互に尊重しあうべきだ。

過去の世代が行ったことについても、当然意見は変わるだろう。だが、前の世代が行ったことで不愉快に感じるという主張があったとしても、その行為と関わらない新しい世代が責任を感じるべきものでもないだろう。

私たちがともに未来志向を持つならば、今後お互いを傷つけ合わないことに焦点を向けるべきである。その際に、過去の世代が行ったことについて責任を感じろというのは、その邪魔にしかならない。彼が言いたいのはこういうことだろう。

彼はまた、ドイツでハーケンクロイツが法律で禁じられているのは、アメリカのように表現の自由が保障されていないためだとし、こういう法律はないほうがいいと暗にほのめかしている。

これまた全くそのとおりで、過去の歴史から我々が学ぼうとするなら、封印するものなどあってはならないだろう。

ナチスやヒトラーに対する評価も、ステレオタイプで定められたもの以外は認めないのであれば、それは学問の停滞を意味する。

ショーン・レノンと戦っている韓国民は、1)自分たちの先祖が日本に不当にいじめられたという解釈を持っており、2)その解釈は絶対的なもので変更などありえず、3)新世代であっても日本人なら責任を感じるべきものだという立場に立っている。だが、それは日本と韓国がともに未来志向で助け合うのを妨げる役割しか果たさない。

こういう視点で日韓関係を捉えたいものだ。

これに関連するレコードチャイナの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ロシアも武漢からの国民の退避を中国政府と相談! 日本はまだ?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!在中…

  2. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)

    香港の銅鑼湾書店は、中国共産党政権を批判する「禁書」を扱ってい…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国で起こった、医療の闇事件
  2. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ギリシャの難民キャンプで騒乱事件! コロナ不安が引き起こす!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    言論封殺された医師の取材記事を中共当局は圧殺! ネット民は必死の対抗処置!(朝香…
  5. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)
PAGE TOP