韓国・北朝鮮

これまでの支持層でも離反続出! 文在寅政権!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国では、インターネット上の育児・教育系の情報共有コミュニティーのことを「マムカフェ」と呼んでいる。

このマムカフェの中でも292万人の会員数を誇る「マムズホリック」は、文在寅政権を熱烈に支持する書き込みが多いことで知られていた。

ところが、行方不明になった韓国の公務員が北朝鮮に銃撃され、遺体を燃やされて海の底に沈められた事件に関しては、この北朝鮮の蛮行をできる限り小さな問題として扱おうとする韓国政府を批判するコメントが溢れているようだ。

文在寅政権を支える与党「共に民主党」が、こんな事件があった直後であるにも関わらず、北朝鮮への個人観光を推進する決議案を外交統一委員会の全体会議に上程し、政府や共に民主党への不信感が急激に高まったのである。

韓国民の人権など一顧だにしない北朝鮮の残忍性がはっきり示された直後に、韓国民をその北朝鮮に行かせようということが受け入れられないのは当然の話だ。

「わが国の特殊性を考慮したとしても、正常な民主主義国家ではありえない」、「国が狂っていきますね、一度も経験したことのない国(涙)」、「文政権に本当に幻滅している。わが国民が優先ではなく、北朝鮮が優先という誰が見ても異常な状況だ」、「ニュースを見てあまりにやるせなく腹が立って泣いた。遺体遺棄を火葬というのも本当に理解できない」と言った書き込みが数多くなされた。

別のマムカフェである「ブンタ」には、「ドラマはドラマにすぎない」との書き込みがあった。

これは韓国人女性が誤って北朝鮮に不時着して北朝鮮男性と恋に落ちる「愛の不時着」という人気ドラマを揶揄したものだ。

「不時着したら愛なんてあり得ない、銃で撃たれて焼かれ、国には気にもかけてもらえない」というのは、全くその通りだ。

さて、マムカフェの中には今回の事件を受けての文在寅政権批判でコミュニティーが「荒れる」のを防ぐために、「北朝鮮」とか「射殺」といった感じの言葉を禁止ワードにし、記事をブロックするようなところも出ている。

そのような処置が取られ、「北朝鮮」に関する話題が書き込めなくなったり読めなくなったりしていることへの不信感も高めている。

文在寅支持派が多いとされていたところにおいても、北朝鮮へのあまりに非合理な迎合への嫌悪が広がっている。

韓国内において静かな地殻変動が生じている。
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/30/2020093080062.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型肺炎患者はいないはずの北朝鮮で、なぜか休校命令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  2. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  3. 外交

    19世紀のドイツ製地図に竹島の日本領記載確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!19…

  4. 安全保障

    米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  5. 人権・民主主義

    韓国外交官のセクハラ! 対応の悪さでニュージーランドが激怒!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    IMFがさらなる財政出動を要請! 新型コロナ対策!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国側に行くんじゃねえぞ! 米政府が韓国を厳しく牽制!(朝香 豊)
  3. 経済

    日本の今年の出生数86万4千人に! 大胆な少子化対策は待ったなし!(朝香 豊)
  4. 外交

    金正恩が文在寅の招待を拒否! 釜山で行われるASEANの会合 (朝香 豊)
  5. 未分類

    EUなどと不必要な摩擦! 自滅に向かう中国!(朝香豊)
PAGE TOP