安全保障

第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

政府は2月24日、第3回新型コロナウイルス感染症対策専門家会議を開催した。

ここで話し合われた3つの論点は、(1)感染拡大を抑えるために、クラスターをいかに捉え、どう対応すべきか、(2)そのために必要な情報をいかに国民に伝え、行動してもらうか、(3)新型コロナウイルスと新型インフルエンザとの違い だったそうだ。

このうち(1)で語られている「クラスター」は、一般的な意味では「集まり」みたいな意味だ。この議論では、どうやら、1箇所に多くの人が集まる場合に、どのくらいの間隔が空いているべきか、空間の大きさや滞在時間や人数がどこまで許容されるのかといったことについて、話し合われたようだ。

これをどうすれば国民にわかりやすく伝えることができ、どう対応すべきかに、時間が割かれたらしい。

(2)については、不安感から帰国者・接触者外来を受診したいと思っても、そこに行くことのほうが感染リスクを高めるから、家にいるほうが安全なケースが一般的だということを、どう伝えればわかってもらえるかという話だったようだ。

(3)については、新型インフルエンザは上気道感染が多く、肺での広がりは少ないのに対して、新型コロナウイルスではその点が逆になることを前提に、肺炎になった際には新型コロナウイルスの方が治療に困るケースが多い。そのため、重症化する前に医療提供できる体制が必要だという話だったようだ。

非公開の会議ゆえに、外部に漏れ伝わっている部分は表面的なことでしかないのかもしれないが、もっと突っ込んだ部分について示してもらいたいと思った。

なお、個人的に今一番期待しているのは、アビガンの有効性が確認されることだ。

アビガンが有効であるならば、風邪かインフルか新型コロナウイルスかを確定する必要もなく、アビガンを処方してしまえばいいからだ。

しかも日本は抗インフルエンザ薬として、アビガンを200万人分備蓄しているはずだ。

今年はインフルエンザの流行が抑え込まれているから、アビガンの備蓄はあまり減っていないだろう。

偶然に助けられて、日本はなんとかなるかもしれないという希望が出てきた。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のm3.com(医療系専門サイト)の記事
https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/731254/?category=report

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    台湾で中国からの干渉を防ぐ「反浸透法」成立! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  5. 安全保障

    中国の投資会社の株式を未だに保有! ハンター・バイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

  6. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)…
  2. 経済

    痛みを伴う社会制度改革などいらない 経済同友会の経済観は間違っている!
  3. 経済

    コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    王岐山がなぜか北海道訪問へ! 意図は何だ?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)
PAGE TOP