安全保障

中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人元社員1人を、経済スパイ活動と共謀罪、商業機密の窃盗など8つの罪で訴追した。

この中国人元社員は、モンサント社の技術機密のコピーを持ち逃げして中国に帰国しようとしたが、空港で捕まった。

モンサントは他社と共同で、農業生産力を向上させるための、栄養素向上装置と呼ばれる独自の予測アルゴリズムを開発した。

中国共産党はいわゆる「千人計画」において、アメリカの企業で働いていた社員をリクルートして、その企業の知的財産権の高い技術を奪い取っているとされる。

この中国人元社員もこの「千人計画」の一人に選ばれた高度人材の一人である。

中国科学院から「海外傑出技術を持つ英才」として認定されている。

我が国でもこうしたスパイ人材を見過ごすことのない体制を、早く構築しなければならない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/49299.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮がICBM用の地下鉄道を設置! 地上からの監視が困難に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!外部…

  2. 安全保障

    世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 経済

    ファーウェイに対する中国政府からの補助金は8兆円超かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  4. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国が中国の核の傘の下に入ることを検討か?(朝香 豊)
  2. 中国

    新型コロナウイルスは報道よりずっと危険! !(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国では携帯の購入時に顔認証が義務化へ! 中国政府はそこまで追い込まれている?(…
  4. 安全保障

    百度、アリババ、テンセントは「中国共産党の武器」だと、米国務省が名指しで批判! …
  5. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)
PAGE TOP