安全保障

中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人元社員1人を、経済スパイ活動と共謀罪、商業機密の窃盗など8つの罪で訴追した。

この中国人元社員は、モンサント社の技術機密のコピーを持ち逃げして中国に帰国しようとしたが、空港で捕まった。

モンサントは他社と共同で、農業生産力を向上させるための、栄養素向上装置と呼ばれる独自の予測アルゴリズムを開発した。

中国共産党はいわゆる「千人計画」において、アメリカの企業で働いていた社員をリクルートして、その企業の知的財産権の高い技術を奪い取っているとされる。

この中国人元社員もこの「千人計画」の一人に選ばれた高度人材の一人である。

中国科学院から「海外傑出技術を持つ英才」として認定されている。

我が国でもこうしたスパイ人材を見過ごすことのない体制を、早く構築しなければならない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/49299.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. 安全保障

    フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)

    フィリピンの議員向けの内部報告書に、同国の電力供給網は中国政府…

  3. 安全保障

    やはり毒は盛られていた! ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 経済

    中国で大物経営者が次々退任・失脚! 民営企業受難の時代に! (朝香 豊)

    アリババ創業者の馬雲氏がアリババ会長を退任したのに続いて、テン…

  5. 安全保障

    米中の狭間で股裂きの韓国外交! 西側への裏切りは明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  6. 安全保障

    セクハラでバイデン氏告発の女性! うそ発見器にかかってもいい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾への武器売却をさらに追加! 米トランプ政権!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)
  3. 道理

    光化門広場と道路を無許可で占拠し、親北の元老の葬儀を強行!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ウイグルでのジェノサイドの実態! オーストラリア戦略政策研究所が公表!(朝香 豊…
  5. 人権・民主主義

    選挙後に起こった、許せない岸田内閣の親中姿勢への露骨な転換! 地方議会から岸田内…
PAGE TOP