安全保障

中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人元社員1人を、経済スパイ活動と共謀罪、商業機密の窃盗など8つの罪で訴追した。

この中国人元社員は、モンサント社の技術機密のコピーを持ち逃げして中国に帰国しようとしたが、空港で捕まった。

モンサントは他社と共同で、農業生産力を向上させるための、栄養素向上装置と呼ばれる独自の予測アルゴリズムを開発した。

中国共産党はいわゆる「千人計画」において、アメリカの企業で働いていた社員をリクルートして、その企業の知的財産権の高い技術を奪い取っているとされる。

この中国人元社員もこの「千人計画」の一人に選ばれた高度人材の一人である。

中国科学院から「海外傑出技術を持つ英才」として認定されている。

我が国でもこうしたスパイ人材を見過ごすことのない体制を、早く構築しなければならない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/49299.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

  4. 安全保障

    尖閣で武力行使容認! 中国「海警法」制定へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している

    8月のドイツ製造業の景気指数は43.5で、8ヶ月連続で50…

  6. 安全保障

    台湾のマスク管理を学べ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国は香港を支持したNBAのモリー氏の解雇を要求! NBAはこれを拒否! 全米中…
  2. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ニュージーランドには謝罪しない! 韓国外交官が犯したセクハラ事件で康京和氏!(朝…
  4. 経済

    財政政策をさらに拡大せよ! IMFトップが明言!(朝香 豊)
  5. 外交

    米中合意は幻か? 中国再協議を求める!(朝香 豊)
PAGE TOP