安全保障

中国はアメリカに報復する! ファーウェイが脅す!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾の半導体メーカーのTSMCがファーウェイに半導体チップを供給することができないようにするために、アメリカは新たな規制を導入した。

これに対して、ファーウェイの徐直軍副会長は激怒した。

徐副会長は、「中国政府はまな板の上でファーウェイが撲殺されるのをただただ傍観したりはしない」、「中国政府がサイバーセキュリティーを理由として、アメリカ企業が作っている5Gチップや5G用のベースステーションやスマホなどのデバイスの利用を禁止しないということがあろうか」と述べ、中国政府がアメリカに報復することになると警告した。

徐副会長は、「TSMCからのチップの供給が絶たれても、韓国のサムスンや台湾のMTKや中国のUnisocなどからチップセットを購入することもできる」と強がっているが、もし簡単に代替できるならば、ここまで激怒することはなかっただろう。

徐副会長が激しく脅迫したことで、アメリカ政府の採用した処置が、ファーウェイのアキレス腱を切るような手段であったことを、間接的に証明できたと言える。

アメリカ政府は当然ながら、サムスンにも釘を刺すことになるだろう。

アメリカのファーウェイ潰しは、いよいよ一線を超えてきたと言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-huawei-results/huawei-warns-china-will-strike-back-against-new-u-s-restrictions-idUSKBN21I0YS
画像はファーウェイのページから
https://www-file.huawei.com/-/media/corporate/images/magazine/communicate/81/on-enabling-telco-transformation-1.jpg?la=en

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…

関連記事

  1. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!長年に…

  2. 人権・民主主義

    武漢で医療スタッフが約500人感染! 証拠写真!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)

    北朝鮮の一部の弾道ミサイルについて、終末段階で誘導機動が行える…

  4. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    トランプ報道の92%が否定的! メディア監視団体が調査報告書!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    WHOを追い詰める、アメリカ・台湾連合! メールの全文公開!(朝香 豊)
  5. 経済

    脱炭素化について真剣に考えよう!(松尾 利昭)
PAGE TOP