安全保障

中国はアメリカに報復する! ファーウェイが脅す!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾の半導体メーカーのTSMCがファーウェイに半導体チップを供給することができないようにするために、アメリカは新たな規制を導入した。

これに対して、ファーウェイの徐直軍副会長は激怒した。

徐副会長は、「中国政府はまな板の上でファーウェイが撲殺されるのをただただ傍観したりはしない」、「中国政府がサイバーセキュリティーを理由として、アメリカ企業が作っている5Gチップや5G用のベースステーションやスマホなどのデバイスの利用を禁止しないということがあろうか」と述べ、中国政府がアメリカに報復することになると警告した。

徐副会長は、「TSMCからのチップの供給が絶たれても、韓国のサムスンや台湾のMTKや中国のUnisocなどからチップセットを購入することもできる」と強がっているが、もし簡単に代替できるならば、ここまで激怒することはなかっただろう。

徐副会長が激しく脅迫したことで、アメリカ政府の採用した処置が、ファーウェイのアキレス腱を切るような手段であったことを、間接的に証明できたと言える。

アメリカ政府は当然ながら、サムスンにも釘を刺すことになるだろう。

アメリカのファーウェイ潰しは、いよいよ一線を超えてきたと言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-huawei-results/huawei-warns-china-will-strike-back-against-new-u-s-restrictions-idUSKBN21I0YS
画像はファーウェイのページから
https://www-file.huawei.com/-/media/corporate/images/magazine/communicate/81/on-enabling-telco-transformation-1.jpg?la=en

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港デモ、80万人! 日本政府は意見表明を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします香港で…

  2. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CD…

  3. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!5G…

  4. 安全保障

    恐らく、北朝鮮でも新型コロナウイルスが拡散!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ラジ…

  5. 安全保障

    習近平総書記は韓国訪問へ! 世界の流れに逆行する韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自由…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    円は1ドル=95円に向かう! ゴールドマン・サックス! 日本は財政出動を!(朝香…
  2. 人権・民主主義

    中国が台湾総統選挙に介入! ネットに偽情報を米が問題視!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    北朝鮮、日韓GSOMIA維持は「反民族的犯罪」! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港 デモ参加者のマスク禁止へ!(朝香 豊)
PAGE TOP