安全保障

中国はアメリカに報復する! ファーウェイが脅す!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾の半導体メーカーのTSMCがファーウェイに半導体チップを供給することができないようにするために、アメリカは新たな規制を導入した。

これに対して、ファーウェイの徐直軍副会長は激怒した。

徐副会長は、「中国政府はまな板の上でファーウェイが撲殺されるのをただただ傍観したりはしない」、「中国政府がサイバーセキュリティーを理由として、アメリカ企業が作っている5Gチップや5G用のベースステーションやスマホなどのデバイスの利用を禁止しないということがあろうか」と述べ、中国政府がアメリカに報復することになると警告した。

徐副会長は、「TSMCからのチップの供給が絶たれても、韓国のサムスンや台湾のMTKや中国のUnisocなどからチップセットを購入することもできる」と強がっているが、もし簡単に代替できるならば、ここまで激怒することはなかっただろう。

徐副会長が激しく脅迫したことで、アメリカ政府の採用した処置が、ファーウェイのアキレス腱を切るような手段であったことを、間接的に証明できたと言える。

アメリカ政府は当然ながら、サムスンにも釘を刺すことになるだろう。

アメリカのファーウェイ潰しは、いよいよ一線を超えてきたと言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-huawei-results/huawei-warns-china-will-strike-back-against-new-u-s-restrictions-idUSKBN21I0YS
画像はファーウェイのページから
https://www-file.huawei.com/-/media/corporate/images/magazine/communicate/81/on-enabling-telco-transformation-1.jpg?la=en

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    武漢市が新型コロナウイルス発生の模擬演習をしていた! これが偶然か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  3. 経済

    景気悪化を認めない財務省! 日本経済を殺す気か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  4. 安全保障

    一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 経済

    韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?

    今年上半期(1月〜6月)の韓国10大企業グループの営業利益…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    福島原発で処理水海洋放出決定! 政府の英断を高く評価!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国が独裁国家でなかったら、新型コロナの事態は違った! ノーベル賞作家が指摘!(…
  3. 安全保障

    第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「中国はウイグル自治区に国連監視団受け入れよ」と、イギリスが要求!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「不自由展」に関わる補助金取りやめで、大村知事が国を訴えるって! (朝香 豊)
PAGE TOP