人権・民主主義

韓国LA領事館でもセクハラ! 懲戒手続きは進まず!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの駐ロスアンゼルス韓国総領事館で、韓国国家情報院所属の高位公務員が6月に、領事館内で契約職の職員に対して強制的にキスをするなど、セクハラ行為をしていたことが明らかになった。

被害にあった女子職員はこの公務員を告訴し、警察は捜査を通じて証拠を確保し、この公務員に対して強制セクハラ行為の容疑を適用し、起訴意見を検察に送致した。

しかしながら韓国政府は、この事実を遅くとも7月の段階で把握しながら、この公務員に対する捜査には消極的な姿勢を貫き、未だに懲戒手続きも踏んでいない。

韓国といえば、ニュージーランドにおいても外交官がセクハラ事件を起こしながら消極対応を行ったことで、ニュージーランド政府から激しい批判を浴びている。

先の大戦での慰安婦問題に関する姿勢とこうしたセクハラ事件に対する姿勢の大きな落差は、韓国政府が女性の人権というものに本質的には関心を払っておらず、単なる反日姿勢から日本を攻撃しているだけだということを如実に示している。

なお、チリやエチオピアや日本でも韓国の外交官によるセクハラ行為が発覚している。

さらに、韓国では労働者の10人のうち8人がセクハラ被害の経験があるとの報道もある。

セクハラや女性の人権については、韓国は後進国だというそしりを受けてもやむをえないだろう。

なお、以下は記事とは直接関係しないバイデン氏のセクハラ画像を集めたものである。

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のWow! Koreaの記事
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/1007/10272779.html
ネタ元のハンギョレの記事
http://english.hani.co.kr/arti/english_edition/e_national/738499.html
ネタ元のZakzakの記事
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191226/for1912260003-n2.html
Outside The Beltwayの記事からの引用画像(バイデン氏のセクハラ)
https://otb.cachefly.net/wp-content/uploads/2020/05/joe-biden-handsy-1024×576.jpg
ハンギョレの記事からの引用画像(韓国セクハラ)
https://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2016/0407/145992743989_20160407.JPG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港、元日に大規模デモ行進を予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 人権・民主主義

    殺害した警官は逮捕されたのか? 議事堂襲撃の謎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!実は…

  3. 経済

    韓国の輸出12ヶ月連続の減少! 11月は14.3%減!(朝香 豊)

    韓国の輸出は12カ月連続のマイナスだ。今年6月からは前…

  4. 人権・民主主義

    歴史歪曲反日銅像設置中断せよ! こんな運動が韓国で始まる!(朝香 豊)

    韓国の大田市議会のキム・ソヨン議員、落星台経済研究所のイ・ウヨ…

  5. 人権・民主主義

    中国が台湾総統選挙に介入! ネットに偽情報を米が問題視!(朝香 豊)

    アメリカ在台協会(大使館のようなもの)のクリステンセン代表は、…

  6. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の外貨準備は危機的状況に 資金流出への規制をさらに強化
  2. 安全保障

    中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    香港人権民主主義法案の米上院可決に、中国猛反発! 報復を示唆! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)
  5. 経済

    IMFが世界成長率予測の更なる引き下げを示唆! 日本は政策転換せよ!(朝香 豊)…
PAGE TOP