人権・民主主義

黒人を膝で抑え込んだ警官に殺人罪の評決! 見過ごせないアメリカの全体主義!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのミネアポリスで、白人警察官のデレック・ショービンが黒人のジョージ・フロイドを膝で首を押さえつけ、窒息死に至らしめたとされる裁判において、陪審員はショービンに有罪の評決を下した。ショービンは第2級殺人罪、第3級殺人罪、第2級過失致死罪の3つの罪に問われ、いずれも有罪とされた。量刑は8週間以内に言い渡されることになり、最長では禁錮75年が科される可能性もある。

陪審員の評決なのだから、ショービンの有罪は間違いなかろうと考えがちだが、実はこれはそれほど単純ではない。

まず、ショービンがフロイドの首に膝を乗せていたのは間違いのない事実だと思われているが、実はそうではないということが裁判で示されている。マスコミを通じて私達が目にした映像では、ショービンの膝はフロイドの首を押さえているように見えるものだったが、別の角度から撮られた映像によると、ショービンの膝は首というより、肩から肩甲骨のあたりにあるように見えるのである。ショービンが膝で首を押さえていなかったとすれば、不当な方法によってフロイドを窒息死に至らしめたのだとするストーリーが完全に瓦解する。当然ながら、人種差別など全く関係なかったということになる。

裁判では、フロイドが死亡した時の血中酸素濃度が98%あったことも明らかにされた。これはフロイドが息が吸えない状態に置かれていたというのが思い込みに過ぎないことを表しているだろう。もしショービンがフロイドを窒息させるために膝を載せていたのだとしたら、これほど高い血中酸素濃度にはなりえない。

証言に立った、元メリーランド州の主任検視官を務めたフォーラー氏によると、フロイドの死因はアテローム性動脈硬化と高血圧が絡んだ心臓病による突然の心不全の可能性が高く、ショービンの膝乗せの行動とは何の関係もないことになる。フォーラー氏はその心不全が、合成薬物のフェンタニルとメタンフェタミンをフロイドが摂取していたことによって引き起こされたものではないかとの見方も示した。つまり、薬物中毒が直接の原因だというのである。フロイドの体内から見つかったフェンタニルの量は、潜在的には致死レベルであったことは、以前のブログでも書いたとおりだ。

そんな証拠が示されているのであれば、陪審員が有罪の評決を行うわけがないではないかと思うかもしれないが、ここもまた単純ではないのである。というのは、マスコミが陪審員の年齢・性別・ざっくりとした居住地・職業・人種・パーソナリティなどを公開しているからだ。細かい住所や具体的な氏名には触れてはいないが、近所に住む人たちからすれば「あの人かもしれない」と勘ぐることができそうな感じになっている。BLMの活動家が暴れまわっている中で、無罪評決なんか出したら後で何をされるかわからない恐怖を彼らが感じたとしても、不思議はないだろう。

実際、ショービンを弁護する立場で証言台に立ったブロッド氏の玄関は動物の血で激しく汚され、ポーチに切り離された豚の頭が置かれるということが起きた。ショービンの弁護なんかするとひどい目に遭うぞという警告の意味が込められていたと言えるだろう。近くにあるショッピングモールのオブジェも動物の血で激しく汚されていた。

また、民主党のウォーターズ下院議員はショービンは有罪であるべきだと述べた上で、「無罪だったら正義のために戦うべきだ」「無罪だったら、もっと積極的で対立的な活動をすべきだ」と発言し、BLMによる暴動を公然と煽る姿勢を示した。

マキシン・ウォーターズ下院議員

こうした発言は陪審員たちからすれば、無罪評決なんか出したら自分たちの身の上に何があるかわからないという恐怖を感じさせるものだったろう。さらに言えば、無罪評決を下すことでBLMの暴動が広がるとしたら、その暴動を引き起こしたのは自分たちだということになるのではないかとの思いも持つかもしれない。

最初から「正しい」結論が用意され、これに反対する見解を様々な手段で圧殺するのは全体主義である。そして全体主義にとって「正しい」結論につながるのであれば、無実の罪で一人の人間の一生が台無しになるとしても、そんなことは「些細」なことだということになってしまう。

この裁判をめぐる動きを見れば、アメリカにいかに全体主義が蔓延してきているかがわかるのではないだろうか。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.npr.orgの記事
https://www.npr.org/sections/trial-over-killing-of-george-floyd/2021/04/14/987134841/watch-live-defense-testimony-resumes-in-derek-chauvins-trial
thehill.comの記事
https://thehill.com/homenews/state-watch/548460-pulmonologist-claim-that-carbon-monoxide-couldve-contributed-to-george?rl=1
abc7news.comの記事
https://abc7news.com/santa-rosa-pig-blood-vandal-valdals-chauvin-defense-witness-home-barry-brodd/10524376/
www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/world/news/210421/wor2104210020-n2.html
血で汚された玄関の画像
https://sanfrancisco.cbslocal.com/wp-content/uploads/sites/15116056/2021/04/blood-smeared-santa-rosa-home-sr-police-photo.jpg
血で汚されたオブジェの画像
https://am21.mediaite.com/lc/cnt/uploads/2021/04/Santa-Rosa-vandalism-amid-Derek-Chauvin-trial-via-Santa-Rosa-Police-Department.jpg
ジョージ・フロイドの画像
https://livedoor.blogimg.jp/oezguec/imgs/4/2/42da68a9.jpg
膝乗せの位置の画像
https://i1.wp.com/greatgameindia.com/wp-content/uploads/2021/04/PoliceChiefAdmitsInCourtDerekChauvin27sKneeWasOnGeorgeFloydE28099sShoulderBladeAndNotNeck.jpg?resize=696%2C392&ssl=1
マキシン・ウォーターズ下院議員の画像
https://specials-images.forbesimg.com/imageserve/607e050974c45ca31dde9f95/960×0.jpg?cropX1=0&cropX2=2867&cropY1=18&cropY2=1632

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    ミャンマーで反軍勢力19人に死刑判決! 日本は国連軍派遣を求めよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

  4. 人権・民主主義

    カナダの大学自治会が中国人留学生の団体を資格停止に! (朝香 豊)

    中国領事館と共謀して、大学内で開催された新疆ウイグルの再教育強…

  5. 人権・民主主義

    香港の攻防は心理戦! 香港市民はぜひデモに参加を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!7月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    選挙不正の9つのキーポイント! ジュリアーニ弁護士が指摘!(朝香 豊)
  2. 中国

    なおも続く中国の豪雨! 三峡ダムは全力で放水! 下流域の被害は甚大!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    中国からの求人を禁止へ! デカップリングに一歩踏み出した台湾!(朝香 豊)
  4. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)
PAGE TOP