人権・民主主義

アリゾナ州議会の主張が認められる! マリコパ郡の選挙不正疑惑!(朝香豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ大統領選挙疑惑に関して、アリゾナ州で大きな動きがあった。

アリゾナ州議会は州内のマリコパ郡に対して、今回の大統領選挙で投票集計機にかけられた投票用紙、投票集計機、集計ソフトの調査を州議会が行えるように召喚状を発行していたが、これをマリコパ郡の選挙管理委員会は拒絶していた。

マリコパ郡選挙管理委員会の主張によれば、カウントされた投票用紙は選挙管理委員会が封印して入念に保管する義務があり、州議会の求めがあったとしても、それを引き渡すのは州法に抵触するということになる。だが、疑惑が生じた場合の調査さえ認められないというのであれば、これを悪用して不正が行われても、その不正を暴くことができないということになる。

この州議会とマリコパ郡選挙管理委員会の対立状況に終止符が打たれた。マリコパ郡上級裁判所のトマソン裁判官は、アリゾナ州議会が発行した召喚状を有効であると認めたのである。選挙の完全性を実現するために州法に変更を加える必要があるかどうかを確認するのは、州議会の権限の範囲に入っており、州議会が召喚状を発行する理由は有効であるとした。

今回の選挙結果を覆す効果は認めていないようだが、それでも選挙不正があったかなかったか、あったとしてどの程度の規模であったかといった事実関係を明らかにするという点では大きな前進だと言えるだろう。

さて、ジョージア州においては、種類の違う投票用紙が見つかっており、共和党が強い選挙区域においては投票集計機が読み込めずにエラーが多発する用紙が送られていた疑いが持たれている。その結果として共和党が強い選挙区域の投票結果を選挙スタッフが手入力できる形となり、この中で不正が行われた疑惑も持たれてきた。

ジョージア州で見られたのと同じことがアリゾナ州でも行われている可能性があるわけだが、マリコパ郡で使用された投票用紙、投票集計機、集計ソフトのすべての検査ができる機会が生まれたことは、今回の大統領選挙をめぐる不正疑惑がどの程度のものであったのかを知る上で、大きな意味を持つことになるはずだ。

そしてそれは、今回の選挙で大規模な不正があったのではないかと感じている多くのアメリカ人の知る権利に応えることでもある。

共和党優位の州議会の主張が認められた意義は非常に大きい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.azcentral.comの記事
https://www.azcentral.com/story/news/politics/elections/2021/02/26/judge-says-maricopa-county-must-provide-2020-ballots-arizona-senate/6825892002/
www.thegatewaypundit.comの記事
https://www.thegatewaypundit.com/2021/02/breaking-judge-rules-maricopa-county-must-provide-2-1-million-ballots-2020-arizona-senate-audit/
マリコパ郡の選挙の画像
https://www.thegatewaypundit.com/wp-content/uploads/BD63BA9B-EEFB-49A9-8F99-E59DB823DE1A.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)

    中国の内モンゴル自治区は新たなペスト感染を確認したと発表した。…

  2. 道理

    激しい中国の締め付けで、香港のキャセイ航空は経営危機に!(朝香 豊)

    キャセイ航空では、社員の一部が香港デモに参加したが、これに対す…

  3. 人権・民主主義

    ありえない、検察庁法改正案の見送り! リベラル派の大陰謀!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!検察…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    機密情報持ち出しで、ロシアスパイの書類送検の方針を、ロシアはけん制!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    北海道議会庁舎の喫煙室設置方針にNO! どうしてここまで不寛容なのか! (朝香 …
  3. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)…
  4. 未分類

    米新最高裁判事は保守派のバレット氏! 大統領選挙は一気にトランプ優位へ!(朝香 …
  5. 安全保障

    北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)
PAGE TOP