安全保障

「トランプが勝っている」と諜報筋! 最高裁は行動を!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フォックスニュースのアンカーを務めるジャーナリストのマリア・バーティロモ氏は、トランプ大統領が今年の大統領選挙で実際に勝利を収めたことをインテリジェンス筋から確認したと報じた。

テキサス州が起こした訴訟には、最高裁は門前払いを食らわせたが、時間を止めるためにこの後に続く各種の訴訟を連邦最高裁が受けるかどうかで話が決まるとインテリジェンス筋が語っていたことをバーティロモ氏は明らかにした。

詳細はわからないが、私がメルマガやデイリー・WiLL・オンラインで予想したような動きが、実際に水面下で進んでいることが確認できたように思う。

上記の内容より詳細なものは確認できないが、バーティロモ氏の動画も下の方に載せてあるので、よかったら見てもらいたい。(但し英語で、日本語字幕はなし)
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

マリア・バーティロモ氏の動画

www.thegatewaypundit.comの記事

BOOM! Maria Bartiromo: “Intel Source” Told Me Trump Did in Fact Win the Election – It’s Up to Supreme Court to Take the Cases and Stop the Clock (VIDEO)


マリア・バーティロモ氏の引用画像
https://www.chicagotribune.com/resizer/D1QzCMf1_jaDR7Op1au2R0LgOj8=/1200×0/center/top/arc-anglerfish-arc2-prod-tronc.s3.amazonaws.com/public/3AL4DZ5WYBF5XL7OB754IPTRWM.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 道理

    トランプ報道の92%が否定的! メディア監視団体が調査報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)

    アメリカの内務省は、保有する中国製のドローン全ての利用を停止し…

  3. 人権・民主主義

    韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)

    韓国で政権側の新聞だとみなされていた「ハンギョレ」で事件が起こ…

  4. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    欧州でコロナ陽性者急増! でも死者は全然増えていない!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国政府が李文亮医師への処分を撤回! 家族に謝罪! 中共が弱っている!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    アメリカ、公衆衛生上の緊急事態を宣言! 新型肺炎で!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)
PAGE TOP