安全保障

「トランプが勝っている」と諜報筋! 最高裁は行動を!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フォックスニュースのアンカーを務めるジャーナリストのマリア・バーティロモ氏は、トランプ大統領が今年の大統領選挙で実際に勝利を収めたことをインテリジェンス筋から確認したと報じた。

テキサス州が起こした訴訟には、最高裁は門前払いを食らわせたが、時間を止めるためにこの後に続く各種の訴訟を連邦最高裁が受けるかどうかで話が決まるとインテリジェンス筋が語っていたことをバーティロモ氏は明らかにした。

詳細はわからないが、私がメルマガやデイリー・WiLL・オンラインで予想したような動きが、実際に水面下で進んでいることが確認できたように思う。

上記の内容より詳細なものは確認できないが、バーティロモ氏の動画も下の方に載せてあるので、よかったら見てもらいたい。(但し英語で、日本語字幕はなし)
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

マリア・バーティロモ氏の動画

www.thegatewaypundit.comの記事

BOOM! Maria Bartiromo: “Intel Source” Told Me Trump Did in Fact Win the Election – It’s Up to Supreme Court to Take the Cases and Stop the Clock (VIDEO)


マリア・バーティロモ氏の引用画像
https://www.chicagotribune.com/resizer/D1QzCMf1_jaDR7Op1au2R0LgOj8=/1200×0/center/top/arc-anglerfish-arc2-prod-tronc.s3.amazonaws.com/public/3AL4DZ5WYBF5XL7OB754IPTRWM.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…

関連記事

  1. 道理

    日本学術会議の新メンバーの一部拒否! 菅総理!(朝香 豊)

    ラウンドボタン-L人気ブログランキングへのご協力をよろしく…

  2. 安全保障

    羽田空港の給水停止騒ぎに、関空でのドローン事件! テロの事前演習か? (朝香 豊)

    羽田空港では、航空機を洗う洗機場から「水から塩気を感じる」と通…

  3. 安全保障

    生まれたばかりの赤ちゃんが死亡! 妊婦がコロナで受け入れ拒否!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    「アビガン」に高い治療効果! 明らかな副作用なし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. Featured Video Play Icon

    道理

    NHKは肝心な背景についても丁寧に述べる報道を行え!

    NHKのニュースだと、SNSで無責任な噂が拡散した可能性が…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の工場で「火事」が多発! 体制危機の象徴!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    アメリカ議会で遠隔投票を検討! 日本も急げ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    TikTokの過去の買収案件の見直しを、マルコ・ルビオ上院議員が呼びかけ!(朝香…
  4. 人権・民主主義

    統計学から指摘される不正選挙の証拠! ベンフォードの法則!(朝香 豊)
  5. 道理

    情報公開のあり方を見直せ! コロナで失墜した日本の情報公開!(朝香 豊)
PAGE TOP