経済

米「ブラックフライデー」のセールは商品不足! 割引率も大きくなく、消費者から不満の声!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「ブラックフライデー」とは、フィラデルフィアで始まった11月末頃の金曜日に行われる大安売りの日である。今や「ブラックフライデー」のイベントは全米に広がっただけでなく、日本でも散見されるようになってきた。

お店側は「ビッグフライデー」と呼んでもらいたかったようだが、人出が増えて大混雑になることから、フィラデルフィアの警察官の間では「(歓迎できない)真っ黒な金曜日」だという隠語として「ブラックフライデー」と呼ぶようになったのが、一般にも広がったものらしい。

世界大恐慌を引き起こすきっかけになった1929年株価大暴落を「ブラックマンデー」と呼ぶことからお店側は当初は嫌がったが、「お店側が黒字になる」という意味で解釈すればいいということになってから、この呼び方に抵抗がなくなったということだ。

さてアメリカも11月26日(金曜日)を迎えて、今年のブラックフライデー商戦が始まった。

だが、今年のアメリカはバイデン政権の愚かな政策などによる物流の混乱により、ブラックフライデーには消費者から不満の声が漏れている。

アメリカは潤沢なコロナ給付金を支払っているために、仕事しないで給付金を貰えばいいと思っている人が増え、トラック運転手なども不足している。このためコンテナ船は滞留して物流が滞り、品切れの棚が広がっている。したがって商品在庫自体が不足しているのである。

さらにインフレがどんどん進んで仕入れ価格が上がっているため、せっかくの「大安売り」のはずなのに値引きがあまりできないのである。

ブラックフライデーだからと言っても、在庫がなく売り物がそもそも不足している中では、お店は敢えて値引きをしたいとは思わないだろう。

この商品不足は長引くことが予想され、12月の歳末期間はさらに深刻になることが予想されている。

唯一の原因というわけではないが、バイデン政権の経済政策の失敗が大きな影響をもたらしているのは間違いない。

日本ではバイデン政権の失敗を反面教師としたいものである。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

バイデン政権の支持率はすでに末期的! この中でCO2削減のためにさらなる怒りを引き起こす可能性!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7017

米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中ぶり!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6952

“Let’s go Brandon”がトレンド入り! 背景にあるバイデン大統領への批判!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6894

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN2703C0X21C21A1000000/
棚が空になっている画像
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXZQO1315283027112021000000-1.jpg?ixlib=js-2.3.2&w=443&h=332&auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&q=45&fit=crop&bg=FFFFFF&s=5efe310fc38f089b8aef246f02426c92

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    EUなど32カ国が中国への特恵関税を廃止! 中国経済への打撃は必至!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

  2. 経済

    米中貿易協議「第一弾」が合意へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

  3. 経済

    ドイツ銀行はデフォルトではない! 誤解はしないで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  4. 経済

    中国洪水被害は意外と軽微! 中国メディアが報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  5. 外交

    北朝鮮の密漁に対する日露の落差に愕然! ロシアは一度に161人を拘束・連行!(朝香 豊)

    ロシアは日本海で密漁を行っていた北朝鮮船13隻を、巡視船や航空…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 経済

    中国の国有企業がまたデフォルト! 青海省投資集団、利払いできず!(朝香 豊)
  3. 道理

    発覚し始めた不正の数々! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    黒川検事長と安倍内閣は検察にハメられたのでは? これから倒閣運動? (朝香 豊)…
  5. 安全保障

    中国側に行くんじゃねえぞ! 米政府が韓国を厳しく牽制!(朝香 豊)
PAGE TOP