道理

医学雑誌「ランセット」は親中国! 「中国に感謝せよ」だって!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「ランセット」は歴史も権威もある医学雑誌だが、イデオロギー的に偏っているのではないかという疑惑を、Taiwan Newsが報じた。

25年にわたってランセットの編集長をしているホートン氏がCNNに登場し、世界に警告してくれた中国の科学者たちに我々は感謝すべきだと述べ、こうした声をきちんと聞かなかったとして西側の民主主義国を批判したのである。

ランセットのホートン編集長

確かに中国の科学者たちは多くの情報発信をしていたし、ランセットに掲載された論文も多い。

しかしそういった論文は、中国共産党のフィルターがかかった上でしか公表できなかったことを忘れるべきではない。

そもそもホートン氏は、中国共産党そのものについても、自己の都合よく話を改変するようなことはできなかっただろうと述べている。

言わずもがなのことだろうが、中国共産党は人から人への感染を隠蔽し、医療関係者の口封じを行い、証拠を破壊してきた。

正しい情報を流さないことで感染を広げ、多くの人の命も奪ってきた。

口封じをされ、亡くなった李文亮医師

こうした事実について、ランセットという権威ある学術誌の編集長が無視をするところに、事態の深刻さがある。

Taiwan Newsはホートン氏がこのような発言を行ったことについて、1つはホートン氏がコロナに関する書籍を近々出版する予定であることが絡んでいるだろうと推測している。

ただ、もう一方でランセット自身の問題点もあるとしている。

ランセットの編集拠点はロンドン、ニューヨークに加えて北京にも置かれている。

広大な人口を擁する中国は、ランセットの販売にも重要な影響を与えている。

アメリカの人口が3億、EUの人口が5億であるのに対して、中国の人口が14億あり、さらに中国政府は西側政府と違って怖い存在であるから、その意向を忖度するかしないかによる影響がもろに響く構造になっているということだろう。

圧倒的に大きい中国の人口

こうした話はランセットに限った話では当然ない。

そもそも、学術界・教育界は全世界的に見ても左翼・リベラル的思想が強いところでもある。

資本主義政府に対する根強い不信感を持つ一方で、資本主義政府に対抗する勢力には批判が緩くなるという性質を持ちがちだ。

したがって、問題はランセットだけの話ではない。

左翼・リベラルとの長い戦いはを、私たちは覚悟しなければならないだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のTaiwan Newsの記事
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3977561
コロナに関するnoteからの引用画像(ランセット)
https://assets.st-note.com/production/uploads/images/18930874/rectangle_large_type_2_0ae8d9056a02f88dab05d7d8bfdba94b.png?fit=bounds&format=jpeg&quality=45&width=960
Taiwan Newsからの引用画像(Taiwan News ロゴ)
https://www.taiwannews.com.tw/img/TN-logo-enb.png
Wikipediaからの引用画像(ランセットのRichard Horton編集長)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cd/Dr._Richard_Horton%2C_Editor_in_Chief%2C_the_Lancet_%28cropped%29.jpg
Welome to Chinaからの引用画像(中国共産党)
https://i0.wp.com/welcometochina.com.au/wp-content/uploads/2018/05/CPC-768×350.jpg
日経ビジネスからの引用画像(李文亮医師)
https://cdn-business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/020701078/p1.jpg?__scale=w:518,h:589&_sh=060ce03808
Slide Playerからの引用画像(中国、EU、アメリカ人口比較)
https://slideplayer.com/slide/16898716/97/images/3/Population+in+millions%2C+2007.jpg
Opindiaからの引用画像(mental-disease-liberal)
https://i0.wp.com/www.opindia.com/wp-content/uploads/2019/03/mental-disease-liberal.jpg?fit=696%2C370&ssl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アップ…

  2. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)

    香港の銅鑼湾書店は、中国共産党政権を批判する「禁書」を扱ってい…

  3. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 人権・民主主義

    選挙は敗北したが、戦いは続く! トランプ大統領のスピーチ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 安全保障

    台湾で国民党の新主席に江啓臣氏! 中国は祝電出さず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  6. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)

    中国で白血病を患う6歳の男児が、わずか2週間待ちで肺移植手術を…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ウクライナ問題で中国が陥るジレンマ! 「ウイグル」独立の導火線!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    民主党の不正を訴えるホワイトハウスの会見を中断! フォックス・ニュース!(朝香 …
  3. 経済

    中国の不動産バブル崩壊! 多方面にわたる影響と悲劇!(朝香 豊)
  4. 道理

    ワシントン像もジェファーソン像も引き倒される! BLM運動の異常性!(朝香 豊)…
  5. 未分類

    バイデン政権の支持率はすでに末期的! この中でCO2削減のためにさらなる怒りを引…
PAGE TOP