外交

中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党の機関紙「環球時報」は、「米中“新冷戦”をはねのけよ、中国は最後まで笑う」と題した記事を掲載した。

この記事は「(アメリカ国内の)一部の破壊的な勢力が『関係断絶』『新冷戦』『文明衝突』といった極端な主張をしている」とし、「米国に対抗して強硬な姿勢を示そうとする必要はない。中国はその粘り強さと柔軟性においてゆうに米国を超えている」と主張している。

対米戦略で、これまでの強硬姿勢から柔軟姿勢に転換することを訴えているのである。

その上で、「人類の大国同士の歴史において初めて、『トゥキディデスの罠(覇権国と新興国の間で戦争が不可避になること)』から逃れるのだ。これこそが中国の、そして米中両国の成果となるだろう。中国の台頭は人類の21世紀にふさわしいものとなるはずだ」と結んでいる。

香港での暴力的な警察力の行使によって、中国の異質さに国際社会は気がついた。

ウイグルでの人権問題にも、国際的な関心が高まっている。

プロバスケットボールやプロサッカーでの放映中止といった対応で、アメリカやイギリスの一般国民をも中国は敵に回した。

中国は確実に弱っている。

だが、いくら弱った姿勢を見せたとしても、我々は騙されてはいけない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるexciteニュースの記事
https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20191207005/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    誤解の大きいRCEP! まずは事実確認から!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!RC…

  2. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    具体的政策のない、河野氏の「主張と政策」! イメージ路線を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!河野…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?
  3. 人権・民主主義

    でっちあげ「スティール文書」の情報提供者逮捕! 窮地に追い詰められる民主党!(朝…
  4. 人権・民主主義

    香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)…
  5. 外交

    文在寅大統領、北朝鮮開発銀行の推進をASEANに求める方針!(朝香 豊)
PAGE TOP