外交

中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党の機関紙「環球時報」は、「米中“新冷戦”をはねのけよ、中国は最後まで笑う」と題した記事を掲載した。

この記事は「(アメリカ国内の)一部の破壊的な勢力が『関係断絶』『新冷戦』『文明衝突』といった極端な主張をしている」とし、「米国に対抗して強硬な姿勢を示そうとする必要はない。中国はその粘り強さと柔軟性においてゆうに米国を超えている」と主張している。

対米戦略で、これまでの強硬姿勢から柔軟姿勢に転換することを訴えているのである。

その上で、「人類の大国同士の歴史において初めて、『トゥキディデスの罠(覇権国と新興国の間で戦争が不可避になること)』から逃れるのだ。これこそが中国の、そして米中両国の成果となるだろう。中国の台頭は人類の21世紀にふさわしいものとなるはずだ」と結んでいる。

香港での暴力的な警察力の行使によって、中国の異質さに国際社会は気がついた。

ウイグルでの人権問題にも、国際的な関心が高まっている。

プロバスケットボールやプロサッカーでの放映中止といった対応で、アメリカやイギリスの一般国民をも中国は敵に回した。

中国は確実に弱っている。

だが、いくら弱った姿勢を見せたとしても、我々は騙されてはいけない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるexciteニュースの記事
https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20191207005/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  2. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リン…

  3. 人権・民主主義

    機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

  4. 安全保障

    中国は湖北省以外でも医療崩壊!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 安全保障

    Clubhouseのデータはダダ漏れ! 中国のサーバに暗号化もなしで送信!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 道理

    違法な臓器移植はNO! フランス議会で大きな動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香…
  2. 安全保障

    米国防長官、北朝鮮に「勝つ準備」を確認する必要を強調!(朝香 豊)
  3. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)
  4. 中国

    新型肺炎で中国との境界封鎖要求高まる! 香港!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)
PAGE TOP