中国

中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスのサウサンプトン大学は、新型コロナウイルスの感染に関して、中国政府の初動が3週間早ければ、今よりも感染は95%減らせられていたのではないかとの調査結果をまとめた。

なお、2週間早くても86%、1週間早くても66%の感染を食い止めることができたとしている。

確かに1週間早かったとしても、武漢からの脱出組を相当減らすことができただろうから、それだけでも効果は大きかっただろう。

この調査は、改めて中国政府の隠蔽体質がこの問題を拡大させた原因であり、中国政府の責任が大きいことを、はっきりさせている。

さて、同調査は、感染の広がりに対して政府が受動的に対応するのはよくないとし、積極的な計画性をもって対応すべきだとしている。

その点で中国政府が行った強力な封じ込め政策を評価していたりもするので、決して中国叩きのために作られた調査ではないと見ていいだろう。

なお、人と集まる場合には、クラスタにならないような仕方が大切だというのも、指摘している。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のFox Newsの記事
https://www.foxbusiness.com/markets/china-coronavirus-response-delay

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    なおも続く中国の豪雨! 三峡ダムは全力で放水! 下流域の被害は甚大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)

    中国の習近平総書記は昨年1月に演説を行い、共産党内部の反対勢力…

  3. 安全保障

    中国の8割以上の会社のN95マスクの販売を禁止! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!低品…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルス人工説! 台湾大学教授も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米財…

  6. 人権・民主主義

    国際人権団体代表、香港入りを拒否される! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    高橋洋一氏の「数字を読めない「文系バカ」が日本をダメにする」! (朝香 豊)
  2. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香…
  3. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!
  4. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)
PAGE TOP