安全保障

コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾外交部と台湾米国事務委員会は、新型コロナウイルスに対抗するための「防疫パートナーシップ共同声明」を発表した。

声明は「中国武漢を起源とするウイルスに対抗するため、米台双方は今後、さらに米台ビジネスの協力体制を強化し、最良の方法を共有して対策に取り組む」としている。

短時間で結果がわかるスクリーニング検査の開発、ワクチン・治療薬の研究と生産、接触者追跡システムの確立、専門家の共同会議の開催などで、両国は今後協力していく。

アメリカは台湾のために防護服30万着分の原料を確保し、これに対して台湾はマスク生産が安定すれば毎週10万枚のマスクをアメリカに提供するとのことだ。

これに対して中国の新華社通信は、「中国を恨みアメリカに媚びる ウイルスよりも毒性が強い」と題する評論を発表し、「差別的な用語で中国大陸を攻撃する政治ウイルスをばらまいている」と批判した。

アメリカへのマスク提供はアメリカに媚びる行為だそうだ。

台湾外交部の呉外相は、これに対して、感染拡大の原因が中国共産党政権の政治体制にあることをまず指摘した。

その上で、他国との関係を促進するのが外相の仕事だとし、「中国に媚びるのは私の仕事ではない」と付け加えた。

アメリカとの関係を強化しながら、台湾がどんどん元気になっている。

頼もしい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53451.html
画像はウィキメディアから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/32/President_of_Taiwan_Tsai_Ing-wen_called_U.S._President-elect_Donald_Trump_on_December_2nd%2C_2016_臺灣總統蔡英文致電祝賀美國總統當選人唐納·川普.jpg/800px-thumbnail.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ウイグル人弾圧の内部文書を入手! 米団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラン革…

  3. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!例の…

  4. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元日…

  5. 人権・民主主義

    習近平思想の学習が、中国中の宗教コミュニティで義務化へ!(朝香 豊)

    中国中の宗教コミュニティで習近平思想の学習が義務化されつつある…

  6. 安全保障

    トルコ、難民入れるとEU脅す! ヨーロッパ危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    トランプ米大統領は弾劾を求めた米民主党にtwitterで続々反論! (朝香 豊)…
  2. 道理

    「人種差別で黒人の命が軽視されている」は本当か? 統計を見よ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)
  4. 道理

    朝日新聞系のwithnewsが「日本死ね!」の称賛記事を掲載! 事実に基づかない…
  5. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
PAGE TOP