人権・民主主義

懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アスピオティスはギリシャのコルフ島で6人の女性をレイプした罪で2012年に禁錮53年を言い渡されて収監された。

彼は牢屋では模範囚であったことが評価され、2019年8月に早期に釈放された。

禁錮53年のはずが、禁錮7年になってしまったわけだ。

釈放に際して、過去の被害者にはその旨の連絡はなかったようだ。

なお、起訴されたのは6件のレイプ事件についてだったが、実際には100人以上を餌食にしていたと思われている。

この男が観光でこの島に来ていたアルバニアの女性を拉致して小屋に連れ込み、繰り返しレイプしていたことがわかった。

この男は「カボスの野獣」(「カボス」はコルフ島にある都市名)と呼ばれていた。

ギリシャ警察はこの男の捜索を開始した。

このような性犯罪を犯すタイプは、改悛して性根を入れ替えるというのが甚だ難しい。

こんなに簡単に釈放させてよかったんだろうか。

慌てて警察が行方を追っているところを見ると、GPSとかの装着もされていなかったのだろう。

「犯罪者にも人権はある」ということは、私も認める。

だが、「一般社会の安寧を乱すことがない限り」という条件付きだ。

性犯罪者は再犯確率が高い以上、人権を制限されるのは致し方ないだろう。

「人権」を絶対視せずに、時に制限を加えられることがあることを、しっかりと認めるべきではないか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDaily Mailの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8303641/Rapist-dubbed-Beast-Kavos-strikes-again.html
画像も同記事から
https://i.dailymail.co.uk/i/pix/2012/12/11/article-2246295-1674EB2D000005DC-383_634x451.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国政府による脱北者送還! 国連調査に韓国政府協力せず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!11…

  2. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 人権・民主主義

    悪名高い「社会信用システム」の企業版も運用開始! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!

    「朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは韓米同盟があるせ…

  5. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」が台湾の美術館で開催予定! なんとか止めたい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「あ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国が独裁国家でなかったら、新型コロナの事態は違った! ノーベル賞作家が指摘!(…
  2. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦い」だと、ポンペオ米国務長…
  4. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)…
  5. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊…
PAGE TOP