人権・民主主義

「アンティファ」のテロ組織指定は難しい! それでもバイデン氏には厳しい!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

白人警官によるジョージ・フロイド氏の死亡に端を発する暴動を扇動しているとして、トランプ大統領は急進左派集団の「アンティファ」をテロ組織指定する意向を示した。

ただ、「アンティファ」はアメリカ国内に根を張っている組織であり、外国からアメリカに影響を及ぼしている組織だとは言いにくいため、アメリカの国内法の規定によれば、「アンティファ」のテロ組織指定は難しいとされている。

国内の政治勢力をテロ組織指定できるようにすると、自分の政治勢力に対する反対派にレッテル貼りすることで、簡単に排除できる可能性が開けるからだ。

例えば、「アンティファ」をテロ組織指定した場合には、「アンティファ」への支持を表明しただけでも逮捕・投獄ができるようになってしまう。

こうなると反対派を押しつぶすために利用できる可能性は極めて高いので、トランプ大統領の思惑通りにはなかなかいかないのではないかと考えられている。

そもそも、現在の民主党の大統領候補であるバイデン氏が、大統領選挙の出馬を決めた昨年の4月に、「アンティファ」を称えていたりする。

2019年4月25日付けの「デイリーコーラー」紙は、「ジョー・バイデンが「アンティファ」を称えることで、大統領選挙戦を開始」との見出しをつけて報道した。

この記事の中には、2017年にあった白人の極右層と「アンティファ」がぶつかって死者が出た事件のことが扱われている。

バイデン氏はこの時の白人の極右層を「気が狂った顔をし、人種差別主義の牙を剥いたような浮き上がった静脈をしている」などと酷評していたが、これに対して「アンティファ」については「勇敢なアメリカ人のグループ」だと持ち上げていた。

今回のジョージ・フロイド氏の死亡事件に関しても、抗議活動に参加して逮捕された人たちの保釈金を募る「ミネソタ自由基金」という団体に、バイデン氏の選挙スタッフは次々と資金を振り向けることを明らかにした。

ロイター通信によると、こういうツイートを上げたバイデン氏の選挙スタッフは13人に及ぶという。

「アンティファ」のテロ組織指定がなされれば、バイデン氏やその周囲も厳しい捜査対象になりうるわけだ。

そのため、「アンティファ」を現実のテロ組織として指定するのは難しいとは思われるわけだが、それでも「アンティファ」がかなり問題の多い組織であることは間違いない。

「アンティファ」が好んで使うスローガンに、「唯一のいいファシストは死んだファシストだ」というものがある。

このスローガンは横断幕に掲げられるだけでなく、この柄のTシャツが作られていて、「アンティファ」のメンバーは好んで着ていたりもするものだ。

ファシストだと彼らがみなす人たちは殺したほうがいいとも取れるようなスローガンを、彼らは積極的に掲げているわけだ。

このあたりは日本の「しばき隊」などと相通じるところがあるのは、容易に想像できるだろう。

そして今回のジョージ・フロイド氏の死亡事件に端を発する「抗議活動」は、この「アンティファ」とバイデン氏との関係をリアルに浮上させることになった。

「アンティファ」と民主党との関係も浮上したとも言える。

これが今後の大統領選挙戦に影響を及ぼしていくのは、確実だと言えるだろう。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Hillの記事
https://thehill.com/homenews/campaign/500432-trump-slams-biden-staff-for-donating-bail-money-to-protesters
ネタ元のDaily Callerの記事
https://dailycaller.com/2019/04/25/joe-biden-antifa/
画像1はFlickrから
https://live.staticflickr.com/4457/38059831991_2e61313e4f_z.jpg
画像2はangryyoungandpoor.comから
https://www.angryyoungandpoor.com/store/pc/viewPrd.asp?idproduct=134257
https://www.angryyoungandpoor.com/store/pc/catalog/products/ts/onlygoodfascist.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  2. 人権・民主主義

    韓国のチョ・グク法相の辞任の「裏」を見落とすな!(朝香 豊)

    疑惑に揺れる韓国のチョ・グク法相が突然辞任した。国民の…

  3. 人権・民主主義

    「暴力には力で対抗」の何が悪い! フェイスブックが投稿削除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!共和…

  4. 人権・民主主義

    マレーシアのマハティール首相、香港行政長官に辞任を促す!(朝香 豊)

    マレーシアのマハティール首相は、香港のキャリー・ラム行政長官に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    統計学から指摘される不正選挙の証拠! ベンフォードの法則!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香…
PAGE TOP