安全保障

武漢の研究室で漏洩か? 米国務省が新情報を公表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢ウイルス研究所の職員数名が2019年の秋に例のコロナウイルス感染症と同様の病気に罹っていたことがわかった。アメリカ国務省が公表した。

これは同研究所の石正麗研究員が以前に語っていた話と矛盾する。

これまでの調査で、中国版CDCが2019年の12月21日に起源不明の肺炎症状のクラスターが発生したことを中国政府に報告していたことはわかっており、11月17日には最初の症例に中国の当局者は気づいていたのではないかとの証拠もアメリカ政府は入手していた。ただわかっていることはそこまでに留まっていて、武漢ウイルス研究所との関係は疑われてきたものの、中国政府は認めておらず、それ以上の情報はなかった。

ところが国務省は、2019年の秋に武漢ウイルス研究所の職員数名が例のコロナウイルス感染症と似た症状に罹っていたと信じるに足る理由があると発表した。

さて、2019年の秋とは具体的にはいつのことなのだろうか。

以前に武漢ウイルス研究所のP4研究所において、10月7日から10月24日まで携帯電話が使われた形跡がないとの調査報告があった。これと符合するとすれば、10月6日に漏洩事故があったのだろうか。あるいは漏洩事故に気が付かず、10月6日に症例が発覚したということなのだろうか。

現在の報道では詳細はわからないのだが、恐らくこうした話と突き合わせて証拠能力を確信したものと思われる。

さて、こんな情報が出てきてしまっては、バイデン政権が親中的な方向に舵を切ることはできるのだろうか。

そういう点でも興味深い発表だ。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/scientists-at-wuhan-virology-lab-had-ccp-virus-like-sickness-in-autumn-2019-state-department-says_3658930.html
武漢ウイルス研究所の画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Fi1.wp.com%2Fwww.visiontimesjp.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2020%2F03%2F2020-3-14_Wuhan_P4Lab.jpg%3Ffit%3D600%252C337%26ssl%3D1&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…

関連記事

  1. 中国

    中国全土からの邦人の帰国を検討しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルス人工説! 台湾大学教授も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    香港で民主派デモへの寄付金10億円を凍結! 取り締まりをさらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  6. 人権・民主主義

    蔡英文総統、「台湾はすでに独立国家」の強気発言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    高まるタイの反政府運動! 王室の危機!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の人口統計に明らかな疑惑! 日経新聞が報じる不思議!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)
  4. 中国

    症状が出ていない感染者からもウイルスはうつる! 新型肺炎!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    郵便投票制度拡大法案! 米民主党が準備!(朝香 豊)
PAGE TOP