安全保障

武漢の研究室で漏洩か? 米国務省が新情報を公表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢ウイルス研究所の職員数名が2019年の秋に例のコロナウイルス感染症と同様の病気に罹っていたことがわかった。アメリカ国務省が公表した。

これは同研究所の石正麗研究員が以前に語っていた話と矛盾する。

これまでの調査で、中国版CDCが2019年の12月21日に起源不明の肺炎症状のクラスターが発生したことを中国政府に報告していたことはわかっており、11月17日には最初の症例に中国の当局者は気づいていたのではないかとの証拠もアメリカ政府は入手していた。ただわかっていることはそこまでに留まっていて、武漢ウイルス研究所との関係は疑われてきたものの、中国政府は認めておらず、それ以上の情報はなかった。

ところが国務省は、2019年の秋に武漢ウイルス研究所の職員数名が例のコロナウイルス感染症と似た症状に罹っていたと信じるに足る理由があると発表した。

さて、2019年の秋とは具体的にはいつのことなのだろうか。

以前に武漢ウイルス研究所のP4研究所において、10月7日から10月24日まで携帯電話が使われた形跡がないとの調査報告があった。これと符合するとすれば、10月6日に漏洩事故があったのだろうか。あるいは漏洩事故に気が付かず、10月6日に症例が発覚したということなのだろうか。

現在の報道では詳細はわからないのだが、恐らくこうした話と突き合わせて証拠能力を確信したものと思われる。

さて、こんな情報が出てきてしまっては、バイデン政権が親中的な方向に舵を切ることはできるのだろうか。

そういう点でも興味深い発表だ。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/scientists-at-wuhan-virology-lab-had-ccp-virus-like-sickness-in-autumn-2019-state-department-says_3658930.html
武漢ウイルス研究所の画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Fi1.wp.com%2Fwww.visiontimesjp.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2020%2F03%2F2020-3-14_Wuhan_P4Lab.jpg%3Ffit%3D600%252C337%26ssl%3D1&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    高まる経済安全保障の重要性! 台湾有事への備えも抜本的に強化せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北欧…

  2. 安全保障

    汚名返上か、茂木外相! 中国非難、ワクチン開発の問題提起!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港での…

  5. 安全保障

    北のミサイル実験は問題ないと言い、北への宥和的姿勢を隠さなくなった韓国政府

    韓国の北朝鮮への宥和姿勢が再び明らかになった。韓国のイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港立法会の悲しい選挙! 日本はこれまでの対中宥和がピエロだったことを認めるべき…
  2. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ローマ教皇が米黒人死亡事件で「人種差別は容認できない」と発言! では中国は?(朝…
  5. 未分類

    菅総理の功罪を見極めよう! 全否定も全肯定も間違い!(朝香 豊)
PAGE TOP