安全保障

新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ロンドン大学のダルグレイシュ教授とノルウェーのウイルス学者のソレンセン氏の共同研究によると、新型コロナウイルスは自然に進化したものではなく、中国の研究所で作られたキメラ(異種の遺伝情報を持つものを人為的に合体させたもの)であるとのことだ。

ウイルスの持つスパイクタンパク質(表面上の突起を形成するタンパク質)には、人為的に組み込まれた部分がある。

人に感染するようになってからウイルスこの部分がほとんど変異していないとし、これは実験室で人間の生物学的特徴にすでに完全に適合していたことを示唆するものだという。

ソレンセン氏はノルウェーの通信社に対して、こうした特質は種の壁を超えるウイルス(感染できる宿主の乗り換えができるウイルス)には極めて珍しいと述べた。

ソレンセン氏はさらに、このウイルスにはSARSとは大いに異なっていて、自然界では見つかっていない性質もあるとした。

ソレンセン氏は中国で行われている「機能獲得研究」とこのウイルスが関係していると考えている。

「機能獲得研究」の目的は、人工的に伝染力を高めて科学実験を迅速に繰り返すのを容易にすることにある。

ソレンセン氏は、感染の初期段階では中国の研究者たちはウイルスの改変部分について議論していたが、ここ数ヶ月はそういうことが行われていないのは、中国政府がこの話題に関する議論を封殺しているのではないかと考えている。

人為的な遺伝子配列についておおやけにすべきではなかったのだが、初期段階でそれを許してしまったのは中国側の手痛いミスだ。最初にこの点について指摘していたのは中国の研究者だと、ソレンセン氏は言う。

MI6の長官だったデアラブ卿は、この研究論文に触れて、こうした発見は人への感染の広がりが中国の研究室からのウイルスの漏洩から始まったことを示唆するものだと語った。

このことは、中国はこの責任を取るのかどうか、中国は補償をすべきかどうかという問題を惹起すると、氏は語っている。

「バット・ウーマン」として知られる武漢ウイルス研究所の石正麗氏が率いるチームは、早くも2007年段階で「キメラ構築」を行っていて、最近では2017年にも行っている。

彼女はスパイクタンパク質の遺伝子配列データ、感染力のあるクローン技術、体内及び体外での感染実験を、SARSコロナウイルス上で利用することについて、2019年に論文に記している。

なお、このダルグレイシュ教授とソレンセン氏の共同研究はケンブリッジ大学の”QRB Discovery”誌に掲載されている。

*すみません。ケンブリッジ大学の”QRB Discovery”誌にこの論文が見つからないとの指摘を受け、調べて見たところ、批判が多くて撤回されていたことがわかりました。申し訳ありません* 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のTaiwan Newsの記事
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3945654
画像も同記事から
https://image.taiwannews.com.tw/photos/2020/06/10/1591779750-5ee0a1a65b0b5.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    「峰打ち」を不思議に感じる中国人! 孫向文さんから学ぶ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トランプ派には献金停止! 米財界に動き広がる!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    バイデンの対中投資禁止は食わせもの! 実質は制裁の骨抜き!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ウイグルでのジェノサイドの実態! オーストラリア戦略政策研究所が公表!(朝香 豊…
  4. 経済

    中国、工場稼働中断を勧告! 韓国企業に大打撃! 日本経済も笑えない!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)…
PAGE TOP