人権・民主主義

ガンジーはレイシストでファシスト?? 像の撤去を求める動き!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスのレスターにあるガンジー像を撤去しようというオンライン署名が集められている。

ガンジーは人種差別主義者で、ファシストで、性犯罪者(sexual predator)だったからだそうだ。

署名を求めるChange.orgのページを見てみたが、この署名を始めた人がどういう意味合いでガンジーをファシストとか性犯罪者だと考えているのかは、残念ながら書かれていなかった。

確かにガンジーはインド人がアフリカ系の黒人よりはるかに優れていると書いたことはあるようだが、それが彼が人種差別主義者であった証拠になるのかどうかは、自分にはわからない。

ましてや、彼がどういう意味合いでファシストとか性犯罪者だとされているのかは、自分には全くわからないが、「ファシスト」というのは気に入らない人間に対する決めつけのようにも感じる。

ロンドンのチャーチル像にもファシスト呼ばわりする落書きがされたが、チャーチルはムッソリーニやヒトラーと戦った人物ではなかったのか。

世の中に完全無欠な人などいないはずで、一部に何らかの問題性を感じたら、ファシストなり人種差別主義者になってしまうのだろうか。

そもそもキング牧師が公民権運動を展開したのは、ガンジーの非暴力・不服従運動に影響されたものだったと思うのだが、その業績も否定したいのだろうか。

そう思ったら、確かに今の「黒人の命は大切」運動は、キング牧師の非暴力・不服従路線とは違う運動形態になっていることに気がついた。

この運動を利用しようとしている勢力が穏健な勢力ではないということに、多くの人が気づくのを願っている。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のBBCの記事
https://www.bbc.com/news/uk-england-leicestershire-53025407
画像も同記事から
https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/50BB/production/_112876602_mahatmagandhistatue.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  2. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」が台湾の美術館で開催予定! なんとか止めたい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「あ…

  4. 人権・民主主義

    イランではデモで死者100人超! 体制危機か?(朝香 豊)

    国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは、イランでのガ…

  5. 道理

    トランプ米大統領は弾劾を求めた米民主党にtwitterで続々反論! (朝香 豊)

    トランプ米大統領はウクライナにごく当たり前の要求を行ったにすぎ…

  6. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自ら…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    マレーシアのマハティール首相、香港行政長官に辞任を促す!(朝香 豊)
  2. 中国

    武漢の葬儀場に骨壷引き取りの長蛇の列! ここから推定される本当の死者数は?(朝香…
  3. 安全保障

    台湾退役将校3人を事情聴取! 中共へのスパイ行為!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港に呼び鈴を送った人が逮捕! 浮き彫りになる中国の異様さ!(朝香 豊)
  5. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)
PAGE TOP