人権・民主主義

テキサスで不正選挙で逮捕! 知的障害者を利用!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ大統領選挙でソーシャルワーカーのブルンナーが逮捕された。

ブルンナーは知的障害者、発達障害者の介護を行うのが仕事だが、彼らの選挙人登録を「代理」した。つまり、彼らの家族などに相談することもなしに、勝手に登録作業を行ったわけだ。

知的障害者の選挙人登録をわざわざ勝手に行って何がやりたかったのかは明らかだ。

不正選挙、不正投票である。

「代理」した数は67人にのぼる。

郵便投票がこのような形で使われうることはもともと明らかであった。

それでも郵便投票を強引に進めたのは、なんとしてでもバイデンを当選させなければならなかったからだ。

それは民主党全体を揺るがす大スキャンダルをトランプ大統領が暴こうとするのを何としてでも止めるためであろう。

この闇を解明することは絶対に必要なことであり、そのためにもトランプ大統領には再選してもらわなければならない。

引き続き応援していこう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のkwtxの記事
https://www.kwtx.com/2020/11/06/local-social-worker-changed-with-134-counts-in-election-fraud-investigation/
kwtxからの引用画像(ブルンナー)
https://gray-kwtx-prod.cdn.arcpublishing.com/resizer/iN8V_rKaRegENuSapuqolxmxLtI=/1200×675/smart/cloudfront-us-east-1.images.arcpublishing.com/gray/EOAPSUEZB5CO3CPILBF4DEPF3Y.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  2. 安全保障

    ギリシャの難民キャンプで騒乱事件! コロナ不安が引き起こす!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ギリ…

  3. 人権・民主主義

    マレーシアのマハティール首相、香港行政長官に辞任を促す!(朝香 豊)

    マレーシアのマハティール首相は、香港のキャリー・ラム行政長官に…

  4. 人権・民主主義

    米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)

    米下院は、10月15日に一度可決していた香港人権民主主義法案を…

  5. 人権・民主主義

    香港中文大学で警察が2356発の催涙弾を打ち込む! 狙いはネット規制か!(朝香 豊)

    香港の東大とも呼ばれることもある香港中文大学に、12日の夜に香…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    落胆の対中姿勢! 岸田新総理!(朝香 豊)
  2. 道理

    英軍ラグビーチームが靖国を訪問したことに関する韓国の報道は実はフェイクではない!…
  3. 経済

    ソフトバンク、ピンチ! WeWorkはキャッシュ枯渇か?(朝香 豊)
  4. 経済

    中国リニアが時速600キロ試験走行成功! 怒れ、日本の技術流出!(朝香 豊)
  5. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)…
PAGE TOP