人権・民主主義

テキサスで不正選挙で逮捕! 知的障害者を利用!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ大統領選挙でソーシャルワーカーのブルンナーが逮捕された。

ブルンナーは知的障害者、発達障害者の介護を行うのが仕事だが、彼らの選挙人登録を「代理」した。つまり、彼らの家族などに相談することもなしに、勝手に登録作業を行ったわけだ。

知的障害者の選挙人登録をわざわざ勝手に行って何がやりたかったのかは明らかだ。

不正選挙、不正投票である。

「代理」した数は67人にのぼる。

郵便投票がこのような形で使われうることはもともと明らかであった。

それでも郵便投票を強引に進めたのは、なんとしてでもバイデンを当選させなければならなかったからだ。

それは民主党全体を揺るがす大スキャンダルをトランプ大統領が暴こうとするのを何としてでも止めるためであろう。

この闇を解明することは絶対に必要なことであり、そのためにもトランプ大統領には再選してもらわなければならない。

引き続き応援していこう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のkwtxの記事
https://www.kwtx.com/2020/11/06/local-social-worker-changed-with-134-counts-in-election-fraud-investigation/
kwtxからの引用画像(ブルンナー)
https://gray-kwtx-prod.cdn.arcpublishing.com/resizer/iN8V_rKaRegENuSapuqolxmxLtI=/1200×675/smart/cloudfront-us-east-1.images.arcpublishing.com/gray/EOAPSUEZB5CO3CPILBF4DEPF3Y.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  4. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    やはり毒は盛られていた! ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)
  3. 道理

    流行語大賞”ONE TEAM”の決め手は、移民受け入れの…
  4. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    日米首脳会談は一応評価! ただ、対中政策面では不満!(朝香 豊)
PAGE TOP