人権・民主主義

テキサスで不正選挙で逮捕! 知的障害者を利用!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ大統領選挙でソーシャルワーカーのブルンナーが逮捕された。

ブルンナーは知的障害者、発達障害者の介護を行うのが仕事だが、彼らの選挙人登録を「代理」した。つまり、彼らの家族などに相談することもなしに、勝手に登録作業を行ったわけだ。

知的障害者の選挙人登録をわざわざ勝手に行って何がやりたかったのかは明らかだ。

不正選挙、不正投票である。

「代理」した数は67人にのぼる。

郵便投票がこのような形で使われうることはもともと明らかであった。

それでも郵便投票を強引に進めたのは、なんとしてでもバイデンを当選させなければならなかったからだ。

それは民主党全体を揺るがす大スキャンダルをトランプ大統領が暴こうとするのを何としてでも止めるためであろう。

この闇を解明することは絶対に必要なことであり、そのためにもトランプ大統領には再選してもらわなければならない。

引き続き応援していこう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のkwtxの記事
https://www.kwtx.com/2020/11/06/local-social-worker-changed-with-134-counts-in-election-fraud-investigation/
kwtxからの引用画像(ブルンナー)
https://gray-kwtx-prod.cdn.arcpublishing.com/resizer/iN8V_rKaRegENuSapuqolxmxLtI=/1200×675/smart/cloudfront-us-east-1.images.arcpublishing.com/gray/EOAPSUEZB5CO3CPILBF4DEPF3Y.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 人権・民主主義

    参議院の委員会で中国の人権問題が取り上げられる! 臓器狩りも!(朝香 豊)

    山田宏・参議院議員は、外交防衛委員会で政府に中国の人権問題を取…

  2. 人権・民主主義

    韓国LA領事館でもセクハラ! 懲戒手続きは進まず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)

    韓国の中央銀行である韓国銀行は昨年、最低賃金の影響に関する報告…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国の国内の一部で「戦時管理」実施へ! インフルと同じなわけないだろ!(朝香 豊…
  2. Featured Video Play Icon

    道理

    チョ・ググ氏の法相就任に障害はないと、韓国政府関係者が表明!
  3. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)
  5. 道理

    国立アイヌ施設「ウポポイ」開業! こんな施設が必要か? (朝香 豊)
PAGE TOP