人権・民主主義

「無観客開催はありえない」はYouTubeポリシー違反! 「正しさ」を決める力がYouTubeにあるのか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

私の出演した文化人放送局の番組(The Q&A)が、YouTubeの医療情報ポリシー違反とのことで削除された。番組の中での私の発言が問題にされたようだ。

問題発言とされたのは、「高齢者へのワクチン接種が進んで死亡率が大幅に低下している中では、コロナはタチの悪い風邪程度になってきている」とか、「もともと諸外国と比して被害状況も小さい中でさらにワクチン接種で死亡者数も落ちている中での無観客開催はありえない」というものだ。

今回の番組では話さなかったけれども、WiLLのオンライン版の記事(7月13日にアップ)に書いたように、今年のウィンブルドンにならって、ワクチン2回接種の証明書か陰性証明があれば観戦できるようにするような形であれば、有観客で行うことに問題はないだろうとの趣旨である。

こうした重大なことを決める場合には、感情的な見方をなるべく排除して、科学によって判断するというのが基本であるはずなのに、そうはなっていない日本の政策判断のおかしさを問題にすることが、YouTubeのポリシー違反になるということらしい。

「コロナを風邪レベルで捉えるのはけしからん!」として、私の判断を間違っていると考える人たちは当然いるだろう。そういう人たちからすれば私の考えは不愉快なものだろうし、事実を捻じ曲げていると判断しているように見えるかもしれない。

だが世の中は多様なものの見方を許容することで発展してきたことを忘れるべきではない。さらに言えば、真実は最初は少数派のもとにあることが普通である。軽々に「正しさ」を一方的に決めるのは社会にとって好ましいことではない。

そもそもYouTubeは多様な意見の表明を実現させるプラットフォーム企業であるはずだ。そうしたプラットフォーム企業は特にこのような考えを持っていてもらわないといけないはずだが、現実はそうなってはいない。この状態はなんとしてでも改めなければならない。

なお、番組が削除された結果として、文化人放送局はメインアカウントが1週間使用不可とされた。つまり、私が関わった番組だけでなく、他の方が出演する番組にまで迷惑がかかる形となったわけである。

文化人放送局には迷惑をかけたことを謝罪しなければならないが、それでもYouTubeのポリシーには納得がいかない。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

web-willmagazine.comの記事
https://web-willmagazine.com/politics/whD9r
文化人放送局の画像
https://yt3.ggpht.com/ytc/AKedOLS33j-a2DucYdMT4Njf8lH5975BqlrGgytTWizrPw=s900-c-k-c0x00ffffff-no-rj

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    文政権は北朝鮮の人権状況を考えよ! 国際人権団体が公開書簡発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アム…

  2. 道理

    疑惑の判定に抗議しない日本のおかしさ! 選手の「心のケア」にこそ抗議が必要!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  3. 安全保障

    中国の隠蔽と捏造を国際調査せよ! 米共和党有力議員が提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米共…

  4. 道理

    「あいちトリエンナーレ」への補助金不交付へ! (朝香 豊)

    文化庁は「あいちトリエンナーレ2019」に関して、愛知県からの…

  5. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)

    中国政府に9月から拘束されていた岩谷將・北海道大学法学研究科教…

  6. 人権・民主主義

    トランプ法務チームが方針転換! 焦点をドミニオンに集める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ついに国連にも中国のウイグル弾圧に厳しい批判が現れる!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国を怒らせた「サウスパーク」の中身がエグい!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)
PAGE TOP