人権・民主主義

香港警察は警官の発砲で瀕死に陥った高校生を「暴動罪」で起訴! 証拠をでっち上げか?(朝香 豊)

警官に左胸を拳銃で撃たれ、いっときは瀕死に陥った男子高校生を、香港警察は「暴動罪」と「警官襲撃の罪」の容疑で起訴した。

男子生徒が当時「金属製の棒」で警官を殴打しようとしたと香港警察は主張して、自己正当化を図っているが、香港警察が証拠をでっち上げている可能性も指摘されている。

警察側の言い分は、この高校生が「金属製の棒」で警官を殴打しようとしたために、命の危険を感じた警官が身を守るためにやむをえず発砲せざるをえなくなったというものだ。

だが、当日の事件の様子を記録した映像を確認すると、この高校生が持っていたものと思われるプラスチック製の管が現場に落ちていたことがわかっている。

そしてこの高校生の応急処置を行なった警官がこのプラスチック製の管を、その場で証拠集めをしていた私服警官に差し出そうとしていた時に、別の警官に呼び止められて、その管を回収しなかった様子も映っていた。

このため、この高校生の起訴は不当なものではないかとの批判が香港で起こっている。

なお、警官が使用する警棒について、香港警察は「中レベルの武器」から「低殺傷力の武器」に変更して、警棒の使用できるレベルの引き下げを行なった。また、「致命的な武力攻撃」に関する定義についても、「身体的な重症をもたらす場合」だけでなく、「もたらす恐れがある場合」にも拡張して、警察が実力行使できる幅を大きく広げた。

香港で使用可能な警察権力はさらに拡大され、これに伴う香港市民の反発もさらに高まることが予想される。

これに関連する大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47897.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    テキサスで不正選挙で逮捕! 知的障害者を利用!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    ドイツは中国軍への支援中止を! 香港民主派の黄之鋒氏!(朝香 豊)

    香港の民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は、ドイツの大…

  3. 人権・民主主義

    「中国はウイグル自治区に国連監視団受け入れよ」と、イギリスが要求!(朝香 豊)

    イギリス政府は中国政府に対して、国連監視団が新疆ウイグル自治区…

  4. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

  5. 人権・民主主義

    マレーシアのマハティール首相、香港行政長官に辞任を促す!(朝香 豊)

    マレーシアのマハティール首相は、香港のキャリー・ラム行政長官に…

  6. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 豊)

    モスクワ市議会選挙では、反体制派の立候補が妨害されるという事態…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカ、公衆衛生上の緊急事態を宣言! 新型肺炎で!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    孔子学院の年内全校閉鎖を求める! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    大阪で新たに149人感染! だが重傷者はゼロ! 進む弱毒化?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)
PAGE TOP