人権・民主主義

香港警察は警官の発砲で瀕死に陥った高校生を「暴動罪」で起訴! 証拠をでっち上げか?(朝香 豊)

警官に左胸を拳銃で撃たれ、いっときは瀕死に陥った男子高校生を、香港警察は「暴動罪」と「警官襲撃の罪」の容疑で起訴した。

男子生徒が当時「金属製の棒」で警官を殴打しようとしたと香港警察は主張して、自己正当化を図っているが、香港警察が証拠をでっち上げている可能性も指摘されている。

警察側の言い分は、この高校生が「金属製の棒」で警官を殴打しようとしたために、命の危険を感じた警官が身を守るためにやむをえず発砲せざるをえなくなったというものだ。

だが、当日の事件の様子を記録した映像を確認すると、この高校生が持っていたものと思われるプラスチック製の管が現場に落ちていたことがわかっている。

そしてこの高校生の応急処置を行なった警官がこのプラスチック製の管を、その場で証拠集めをしていた私服警官に差し出そうとしていた時に、別の警官に呼び止められて、その管を回収しなかった様子も映っていた。

このため、この高校生の起訴は不当なものではないかとの批判が香港で起こっている。

なお、警官が使用する警棒について、香港警察は「中レベルの武器」から「低殺傷力の武器」に変更して、警棒の使用できるレベルの引き下げを行なった。また、「致命的な武力攻撃」に関する定義についても、「身体的な重症をもたらす場合」だけでなく、「もたらす恐れがある場合」にも拡張して、警察が実力行使できる幅を大きく広げた。

香港で使用可能な警察権力はさらに拡大され、これに伴う香港市民の反発もさらに高まることが予想される。

これに関連する大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47897.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)

    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・そ…

  2. 人権・民主主義

    蔡英文勝利! 57%を確保!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾総統…

  3. 人権・民主主義

    次々に報告される不正選挙の実態! ミシガン州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  4. 人権・民主主義

    トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私は…

  5. 人権・民主主義

    トランプ陣営への不当な盗聴! FBI機密文書公開でより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 道理

    韓国の格安航空会社が経営危機に!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    トランプ陣営への不当な盗聴! FBI機密文書公開でより明確に!(朝香 豊)
  3. 道理

    福島のトリチウムは韓国原発の1/100! 安倍総理!(朝香 豊)
  4. 経済

    韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?
  5. 安全保障

    ドミニオン集計機のデータはやはりドイツに送られた! 証拠は国土安全保障省へ!(朝…
PAGE TOP