人権・民主主義

FacebookやTwitterの検閲が問題視に! アメリカ政界が動く!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

民主党のバイデン候補が副大統領だった時に、ウクライナ政府に圧力を掛けてウクライナの検事総長を解任させたことは、本人も自慢話として話しているほど有名なことだ。

これがウクライナのガス会社「ブリスマ」への汚職捜査を妨害するためではなかったのかという疑惑が持たれている。

「ブリスマ」はなぜかバイデン候補の息子のハンターを役員として迎え入れ、高額の報酬(年間6000万円を5年以上)を支払ってきたのだが、これは父親に影響力を行使してもらうためだったのではないかというわけだ。

当然ながら、バイデン側は息子の話と検事総長の話の関連性については完全に否定してきた。

ところがこの関連性を示す証拠となりそうなメールが存在すると、ニューヨーク・ポストがスッパ抜いた。(この報道の要点を私もすぐさまブログ記事にした。)

このニューヨーク・ポストの記事に対しては、FacebookとTwitterが「真実性」に問題があるとして、この記事からリンクを飛ばした投稿を見えないようにするなどの拡散制限を加えた。

この拡散制限はトランプ大統領の怒りに火を付けた。

アメリカには通信品位法230条というものがあり、FacebookやTwitterなどのプラットフォーム企業は、投稿者の意向を考慮することなく、「不適切」だと判断したコンテンツを削除してもよいことになっている。

この規定が悪用され、保守系に有利なコンテンツなどが不当に削除されているのではないかとの疑いは以前から持たれており、このことに怒りを感じている人は私の周りにも多い。

こんな通信品位法230条なんて廃止してしまえと、トランプ大統領はツイートした。

トランプ大統領のツイート全文(和訳)はこんな感じだ。

「めっちゃ恐ろしいことが起きた。FacebookとTwitterは、ニューヨーク・ポストに掲載されたスリーピー・ジョー・バイデンと息子のハンターに関する「プンプン臭う」電子メールの記事を削除しやがった。これは始まりにすぎない。腐敗した政治家ほど悪いなものはない。230条を廃止せよ!!!」」

26b23b7e9b03b9d5c7da799-252×300.png” alt=”” width=”252″ height=”300″ class=”alignnone size-medium wp-image-5032″ />

共和党のジョシュ・ホーリー上院議員も、両社の対応は検閲にあたり、さらに連邦選挙法に違反する疑いは免れないと主張した。

ホーリー議員は連邦選挙委員会に対して、この事件の調査をするともに、大統領選挙へのこれ以上の干渉を防ぐよう対応を求めた。

下院司法委員会のケン・バック議員も、バー司法長官に宛てた書簡で、両社の「検閲」を調査するとともに、230条による保護の廃止を検討するよう求めた。

ジム・ジョーダン下院議員も、「(Twitter、Facebook、Googleなどの)ビッグ・テックは、保守派に対する偏見はないと主張している。ではなぜ、彼らは、民主党を助けるために言論の弾圧を行っているのか」と批判した。その上で、FacebookのザッカーバーグCEOに対し、ニューヨーク・ポストの記事の制限に関する質問状を送付した。

なお、トランプ選対がニューヨーク・ポストの記事に関連するハンター・バイデンのやばいビデオをシェアしたところ、Twitterはトランプ選対のアカウントを凍結した。

これでこの騒動は全米中に拡散されて議論の対象となり、バイデン候補の悪行とその証拠についても広く議論されることになるだろう。

今後の展開は要注目だ。

なお、バイデン候補がウクライナの検事総長を解任させたことを自慢気に語っている動画は、このブログの下の方に貼ってあるので、よかったら見てもらいたい。(但し英語)
 
 

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のmashup NYの記事
https://www.mashupreporter.com/repeal-section-230-trump-ny-post/
ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/10/15/twitter-blocks-trump-campaign-from-tweeting-posts-hunter-biden-story/?utm_source=maropost&utm_medium=email&utm_campaign=news_alert&utm_content=20201015&mpweb=755-9125680-720667516
Flickrからの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg
mashup NYの記事からの引用画像(トランプ大統領のツイート)
https://www.mashupreporter.com/repeal-section-230-trump-ny-post/
mashup NYの記事からの引用画像(ジョシュ・ホーリー議員のツイート)
https://www.mashupreporter.com/repeal-section-230-trump-ny-post/
mashup NYの記事からの引用画像(ケン・バック議員のツイート)
https://www.mashupreporter.com/repeal-section-230-trump-ny-post/

バイデン氏が検事総長を解任させたことを堂々と自慢している映像(但し英語)

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    許すな、日本共産党! 共産党が東京五輪組織委員会に旭日旗に反対の申し入れ! (朝香 豊)

    東京五輪組織委員会と小池都知事に対して、日本共産党は旭日旗の東…

  2. 人権・民主主義

    香港人権法案、米上院が全会一致で可決!(朝香 豊)

    米上院は、中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っ…

  3. 経済

    資本論をブームとして持ち上げるNHK ! 実は自らがブームの火付け役のマッチポンプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!およ…

  4. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    民主党の運動員が市の選挙事務を掌握していた! ウィスコンシン州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!先の…

  6. 人権・民主主義

    CIAとオバマが選挙不正に絡んでいる! マキナニー退役中将!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マキ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国が独裁国家でなかったら、新型コロナの事態は違った! ノーベル賞作家が指摘!(…
  2. 経済

    江蘇FCが運営停止! 「蘇寧」の危機は中国の経済危機の縮図!(朝香豊)
  3. 道理

    How abnomal the mainstream media are! B…
  4. 安全保障

    世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    8月以降、香港では不審死が急増! 警察は「自殺」扱い! 動画あり!(朝香 豊)
PAGE TOP