人権・民主主義

北京オリンピックのボイコットを米国務省が提起! 日本は逃げずに賛同せよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

3月3日のブログで記したように、北京オリンピックボイコットの動きが具体化してきた。

アメリカ国務省のプライス報道官は、ウイグルなどでの深刻な人権侵害を理由に、来年の北京冬季オリンピックを共同でボイコットする可能性も排除せず、同盟国などと検討していく考えを明らかにした。

プライス報道官は「共同ボイコットについて同盟国などと協議することを示唆しているのか?」との質問に対し、「それは我々が確かに話し合いたいことだ」と述べ、さらに「我々の利益だけでなく同盟国やパートナーの利益にもなる」と強調した。

この件について尋ねられた加藤勝信官房長官は、「北京五輪への対応でありますけれども、日米間でそうしたやりとりをしているという事実はなく、米国もそのような認識でいると承知しております」と述べ、踏み込んだ発言を控えた。

官邸でこの件について具体的な結論に達していないのであれば、官房長官としてこれに対してこう答えるしかなかっただろう。だが、日米首脳会談が間近に迫る中では、日本側はこの点での対応についてアメリカ側に対してどう伝えるかをすでに決めなくてはならないところに追い込まれた。

連立与党の公明党の存在により、共同ボイコットの動きを日本がすんなり取るのが難しいことを理解した上で、アメリカは敢えてこの時期にこの問題を提起したのであろう。

ボイコットへの流れが日米首脳会談で実現しなければ、世界はアメリカの求めに日本が頑強に抵抗したせいでボイコット提案が進まなかったと考えるであろう。意地悪く考えすぎかもしれないが、アメリカはこうなることを読んでいるようにも思う。すなわち、対中的に強硬姿勢を貫いているように見せながら、それが実現しないのはアメリカのせいではないとの言い訳を作るために打ち出している方針ではないだろうか。

当然ながら、日本のせいで潰れたという見かけになるとすれば、それは国際世論的に考えて、日本にとって望ましいことにはならない。ここは何としてでも菅総理の訪米時には、アメリカの打ち出した路線に立つ姿勢を明確にすることが大切である。

少なくとも、現在日本はウイグルの人権状況について独自に徹底的に精査しており、調査結果がまとまった段階では北京オリンピックのボイコットもありうるという姿勢を打ち出すことは行うべきではないだろうか。

解散総選挙を考えているのであれば、反中姿勢を明確にしたほうが国民の支持が集まることまで計算に入れてもらいたいものだ。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

news.tbs.co.jpの記事
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4240382.htm?1617786952438
nippon-saikou.comの記事(北京五輪ボイコットの動き! 急激に悪化したウイグル、香港!)
https://nippon-saikou.com/5829
プライス報道官の画像
https://rts-pctr.c.yimg.jp/BgIFgYJGVIVv8u0nVJvw8B2FauAYMF4jOP5zFJAV4i6hjVpND1OjWZ7RVcmujne-6NYei6Z-c3nKpiNHdmruaJNUTZHBkKW1cEAs45qTpL7HDhEuE9kSB8_eqM2B21axskAedQTYqJstGjwTsyz0Ut92u_8chXWEArdGyiyQskL6xdSg8TfCVWk0cGPksaZD

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 経済

    6500億ドルものSDRの新規配分決定! 最大の受益国は中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!あま…

  2. 道理

    毛沢東は台湾独立を支持していた! これはプロパガンダ戦に利用すべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!かつ…

  3. 安全保障

    中国がコロナのアメリカ流出説で反転攻勢! 実は追い詰められている中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)
  2. 道理

    米企業開発の新型コロナ薬が「浙江省産」の「中華神薬」だって! ありえん!(朝香 …
  3. 人権・民主主義

    中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    英中対立の激化は表面的! 英中緊密化の動きもある!(朝香 豊)
  5. 外交

    ロシアが憲法で領土譲渡の禁止提案! 安倍総理は訪露中止を!(朝香 豊)
PAGE TOP