安全保障

なぜ日本は参加しない! ミャンマー国軍非難声明!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

在ミャンマーの欧米やオーストラリア、韓国などの各国大使がクーデターを起こした国軍による市民への弾圧を非難し、犠牲者を追悼する共同声明を発表した中で、日本はここに加わらなかった。

声明は、これまでに子どもを含む600人以上が犠牲になったことを指摘し、「民主主義を望む国民を支持する」と強調した上で、国軍に暴力の停止と拘束されている指導者らの解放を要求した。

日本政府は国軍との強いコネクションを用いて真剣に交渉を行っていて、そのために国軍に対する非難声明に参加しなかったのかもしれないが、そうだとしてもあまりに愚かな判断だったと言わざるをえない。クーデターが始まってから2ヶ月以上が経過し、これだけ多くの犠牲者が生まれている中では、もはや国軍が国民側と妥協できる余地などない。どちらの側に立つのかを明確に明らかにしなければならない中で、600人を超える犠牲者を出した国軍側を非難できないというのは、事実上軍事政権の味方をしていると思われても仕方がない。日本が陰徳的な行動を行っているとしても、それが確実に実を結ぶ公算があるということでないのなら、共同声明には参加すべきだっただろう。

仮に日本がどんなに深い考えに基づいて動いていたとしても、国際社会もミャンマー国民もそんな日本の考えなど全く理解しない。そしてそのことが日本国のプライドを激しく傷つけるということがどうしてわからないのだろうか。進出している日本企業にしても、今後現地国民から軽蔑されることになる。それは国益の観点から見て適切なことなのだろうか。

日本国民の願いは、日本国政府が道義国家としての道を歩むことなのに、どうしていつもそうした国民の期待を平気で裏切るのか。

さて、今回のクーデターの背後に中国がいることは、すでに「ミャンマーを憂慮するのは終わりだ!日本政府は黒幕の中国を非難せよ!」というブログ記事や「ミャンマー・軍事クーデターの背後に中国の影」というデイリーWiLLオンラインの記事でも指摘した通りだ。国軍を非難しないで中国を非難するというのであれば、まだその立場は理解できる。欧米諸国の目をより本質的な中国に向けさせるという観点からしても、これであれば日本は明確に筋を通したということになる。

もし日本がこの対応に切り替えるとしたら、東アジアの政治力学を根底からひっくり返すことになるが、管政権にその度胸があるとは残念ながら思えないのが実に残念である。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/world/news/210410/wor2104100003-n1.html
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5940
web-willmagazine.comの記事
https://web-willmagazine.com/international/fj7wv
ミャンマーで国軍に反対するデモ行進の画像
http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2021/0402/161728992843_20210402.JPG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    トランプ大統領の法務チームがCNNを偏向報道で訴えると警告!(朝香 豊)

    トランプ大統領の法務部門のチームは、トランプ大統領に対して前例…

  2. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスで、台湾とチェコが協力協定へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 安全保障

    クルーズ船乗客を収容の病院で医療行為が不可! 緊急事態条項が必要!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!愛知…

  5. 安全保障

    進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!少し…

  6. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    トランプ大統領については偏ったネガティブ報道! アメリカのリベラルマスコミ!(朝…
  2. 道理

    トルコにいる約50万人のウイグル難民! 収容所に親が捕えられた子どもも多い!(朝…
  3. 人権・民主主義

    機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!…
  5. 安全保障

    習近平総書記は韓国訪問へ! 世界の流れに逆行する韓国!(朝香 豊)
PAGE TOP