安全保障

なぜ日本は参加しない! ミャンマー国軍非難声明!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

在ミャンマーの欧米やオーストラリア、韓国などの各国大使がクーデターを起こした国軍による市民への弾圧を非難し、犠牲者を追悼する共同声明を発表した中で、日本はここに加わらなかった。

声明は、これまでに子どもを含む600人以上が犠牲になったことを指摘し、「民主主義を望む国民を支持する」と強調した上で、国軍に暴力の停止と拘束されている指導者らの解放を要求した。

日本政府は国軍との強いコネクションを用いて真剣に交渉を行っていて、そのために国軍に対する非難声明に参加しなかったのかもしれないが、そうだとしてもあまりに愚かな判断だったと言わざるをえない。クーデターが始まってから2ヶ月以上が経過し、これだけ多くの犠牲者が生まれている中では、もはや国軍が国民側と妥協できる余地などない。どちらの側に立つのかを明確に明らかにしなければならない中で、600人を超える犠牲者を出した国軍側を非難できないというのは、事実上軍事政権の味方をしていると思われても仕方がない。日本が陰徳的な行動を行っているとしても、それが確実に実を結ぶ公算があるということでないのなら、共同声明には参加すべきだっただろう。

仮に日本がどんなに深い考えに基づいて動いていたとしても、国際社会もミャンマー国民もそんな日本の考えなど全く理解しない。そしてそのことが日本国のプライドを激しく傷つけるということがどうしてわからないのだろうか。進出している日本企業にしても、今後現地国民から軽蔑されることになる。それは国益の観点から見て適切なことなのだろうか。

日本国民の願いは、日本国政府が道義国家としての道を歩むことなのに、どうしていつもそうした国民の期待を平気で裏切るのか。

さて、今回のクーデターの背後に中国がいることは、すでに「ミャンマーを憂慮するのは終わりだ!日本政府は黒幕の中国を非難せよ!」というブログ記事や「ミャンマー・軍事クーデターの背後に中国の影」というデイリーWiLLオンラインの記事でも指摘した通りだ。国軍を非難しないで中国を非難するというのであれば、まだその立場は理解できる。欧米諸国の目をより本質的な中国に向けさせるという観点からしても、これであれば日本は明確に筋を通したということになる。

もし日本がこの対応に切り替えるとしたら、東アジアの政治力学を根底からひっくり返すことになるが、管政権にその度胸があるとは残念ながら思えないのが実に残念である。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/world/news/210410/wor2104100003-n1.html
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5940
web-willmagazine.comの記事
https://web-willmagazine.com/international/fj7wv
ミャンマーで国軍に反対するデモ行進の画像
http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2021/0402/161728992843_20210402.JPG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    死んだネコに選挙権? 郵便投票は不正の温床! トランプ正しい!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国の知的財産窃盗対策に遅れがあることを焦るアメリカ! もっとゆるい日本!(朝香…
  5. 人権・民主主義

    韓国で異常判決! 最高裁が壊す法の支配!(朝香 豊)
PAGE TOP