安全保障

なぜ日本は参加しない! ミャンマー国軍非難声明!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

在ミャンマーの欧米やオーストラリア、韓国などの各国大使がクーデターを起こした国軍による市民への弾圧を非難し、犠牲者を追悼する共同声明を発表した中で、日本はここに加わらなかった。

声明は、これまでに子どもを含む600人以上が犠牲になったことを指摘し、「民主主義を望む国民を支持する」と強調した上で、国軍に暴力の停止と拘束されている指導者らの解放を要求した。

日本政府は国軍との強いコネクションを用いて真剣に交渉を行っていて、そのために国軍に対する非難声明に参加しなかったのかもしれないが、そうだとしてもあまりに愚かな判断だったと言わざるをえない。クーデターが始まってから2ヶ月以上が経過し、これだけ多くの犠牲者が生まれている中では、もはや国軍が国民側と妥協できる余地などない。どちらの側に立つのかを明確に明らかにしなければならない中で、600人を超える犠牲者を出した国軍側を非難できないというのは、事実上軍事政権の味方をしていると思われても仕方がない。日本が陰徳的な行動を行っているとしても、それが確実に実を結ぶ公算があるということでないのなら、共同声明には参加すべきだっただろう。

仮に日本がどんなに深い考えに基づいて動いていたとしても、国際社会もミャンマー国民もそんな日本の考えなど全く理解しない。そしてそのことが日本国のプライドを激しく傷つけるということがどうしてわからないのだろうか。進出している日本企業にしても、今後現地国民から軽蔑されることになる。それは国益の観点から見て適切なことなのだろうか。

日本国民の願いは、日本国政府が道義国家としての道を歩むことなのに、どうしていつもそうした国民の期待を平気で裏切るのか。

さて、今回のクーデターの背後に中国がいることは、すでに「ミャンマーを憂慮するのは終わりだ!日本政府は黒幕の中国を非難せよ!」というブログ記事や「ミャンマー・軍事クーデターの背後に中国の影」というデイリーWiLLオンラインの記事でも指摘した通りだ。国軍を非難しないで中国を非難するというのであれば、まだその立場は理解できる。欧米諸国の目をより本質的な中国に向けさせるという観点からしても、これであれば日本は明確に筋を通したということになる。

もし日本がこの対応に切り替えるとしたら、東アジアの政治力学を根底からひっくり返すことになるが、管政権にその度胸があるとは残念ながら思えないのが実に残念である。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/world/news/210410/wor2104100003-n1.html
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5940
web-willmagazine.comの記事
https://web-willmagazine.com/international/fj7wv
ミャンマーで国軍に反対するデモ行進の画像
http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2021/0402/161728992843_20210402.JPG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 安全保障

    中国へのLINEの情報漏えい疑惑浮上! 政府は厳しい対応を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. Huawei のロゴ

    安全保障

    これは痛い! フランスは5Gからファーウェイを排除せず!(朝香 豊)

    フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は、次世代通信規格「…

  4. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元日…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    Googleは脱税捜査を受け、1200億円支払いでフランスと合意 国際課税の統一…
  2. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)
  4. 未分類

    中国が新型コロナウイルスの調査団から、アメリカを排除! バレたくないものは?(朝…
  5. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊…
PAGE TOP